FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2017年04月22日(土) 御岳ボルダリング

目が覚めると朝7時過ぎ。前腕と指に確かな疲労感を感じる…
こんなにも気持ちが入らない週末も久しぶり。
しかしクライミング以外にやることも思いつかず、結局自然とクルマに乗り込む自分orz

●同行メンバー
なし

途中のコンビニでボケっとパンを齧ったりしながら寒山寺へ。
すると何かの催し物なのか、駐車場の半分ぐらいが利用不能な状況に…
相当強引な駐車になってしまいそうだったので、大人しく発電所前に停めてトボトボ歩くことに。
しかしこの散歩が予想外に気持ちよく、すっかりクライミングの気分が盛り上がってきたw
途中では以前河又の岩場でお世話になったカシマさんともお会い出来てしまった。よぅし。

「砂箱トラバース2 初段」 〇
到着してみるとynynさんが既にマットを展開してトライ中。
いつもの美女軍団を引き連れていないところを見ると、どうやら今日は本気モードらしい…
新調なされたと思しきブラーのクライミングパンツもカッコいいし…ジェラス!

ともあれトライ開始。本日の御岳は全体的に人が少ないのか、砂箱岩には自分達のみ。
交代しながら総攻撃を仕掛けるものの、そう簡単に行かない…のは百も承知ですわぃ。
ynynさんと楽しくお喋りしつつムーブを改めて見直し。やはり後半パートを省力化したいよね。
右手飛ばし2発→左ヒールまではOKとして、そのすぐ隣のチビカチを左手で取り、
右手を従来の飛ばし3発目で使うホールドを取り、そんで左手は入れにくいガバ手前の持ちやすい部分に修正。
(文章にすると全然意味がわからないな…w)

結局約2時間ほどトライを続けて登りきることが出来た。
パワフルな序盤は躊躇せずに思い切って。
ハング部分は使うホールドとムーブをキチンと詰めておくってのがポイントだったかな。
しかし一体何年越しなんだろう…とにかく、本日ようやく解放されましたw

午後から用事のあるynynさんと別れ、大田区三銃士軍団に合流させてもらったところで雨敗退。
T-WALL東村山でエンジョイし、駅前の居酒屋で楽しい時間を過ごさせて頂く。
これで狙うはロッキボルダー…ガンバらねばっ!

◆本日の一枚◆トライ中のynynさん。この季節の御岳は過ごしやすくて気持ち良いッスよね。
20170422御岳

2017年04月02日(日) 御岳ボルダリング

本日も前回のメンバーで御岳入り。
前日までの雨の影響が懸念されたが、モチベ200%軍団には関係なかったね。

●同行メンバー
フタカミさん、シモジマさん、じっちゃん

フタカミさん宅にてクルマを一台に纏めてヨーソロー。
8時過ぎには現地入りという安定の前のめり到着。
天気も良くて、岩の状態も問題なし!

「砂箱トラバース2 初段」 ×
まずは立ち鵜をトライしているヨコさん&はるたろうさんとエール交換。
そそくさとアップを済ませて、ynyn軍団の皆様と一緒にトライ開始でございます。
ムーブも練り上げたし、そろそろ勝負出来るんじゃーないかなーと。

前半パートは大丈夫なんだが、ガストン→アンダーからの登りがとにかくキツくてヨレ落ちしてしまう…
というか、現在想定しているフットホールドにセットする時点でキツい。
目の前で完登していたひとは、もっと左の足でフリの姿勢を作っていたな…早速マネしてみよう。

するとコレがしっくりときた感じで、より省エネでムーブを出せるようになった気がする。
そしてアンダーへのヒールも右手飛ばし三連発ではなく、二発目の時点でフック出来ることも判明。
少々きついがこちらのほうが安定感は出る気がする…

ムーブも定まり繋げトライを繰り出すものの、
二発目→ヒールフックの際に左手でうまくスペースを作れずフォール。
指皮をざっくり削られてしまい流血敗退でございます。

「遼エゴイスト 二段」 ×
工事という封印から解かれたロッキボルダーにご挨拶がてら。
やはりすっかりとムーブの精度が落ちており、エゴイストへの接続さえならず。
しかし、やはりこの課題は登りたい…その気持ちを確認できただけでも良かった。

結局暗くなるまでロッキボルダーで遊び倒して帰路。
フタカミさん、シモジマさん、じっちゃんが見事「猫砂」を登ったので、
バーミヤンでつつましくもお祝い。お見事でした!

◆本日の一枚◆「猫砂」の核心を捉え、勝利を確信してカメラ目線のフタカミさん。御見逸れしました。
20170402御岳

2017年03月12日(日) 御岳ボルダリング

連日の残業+土曜出社二連発なおかげでクライミング能力は劣化する一方…
しかし、昨日でロッキボルダー周辺の工事は終わっているはず。
キッチリと登り切るべく、のろのろと動き出すのでした。

●同行メンバー
じっちゃん

朝7時頃にじっちゃんをピックアップして、御岳へ一直線。
車内でこだまする残業への怨嗟…もっと登らせておくれ!
そんな僕らを待っていたのは、無情にも残置されたフェンス…
工事は終わっているようだが、こんなものがあるようじゃ諦めるしかないな…
茫然自失気味に歩いていると、同じ目的のコッシー先輩に遭遇。
半ばヤケクソ気味に砂箱岩へ向かうのでした。

「砂箱トラバース2 初段」 ×
既にトライ中の方に混ぜて頂きトライ開始。以前手酷く敗退したのだが…
前半は幾らかトライしているうちに慣れてきた。ここは以前も出来ていたところ。
問題は尖ったアンダーに繋ぐところだが…こちらもコツを教わり、ブランクパートはすべて解消。

いざ繋げトライ!しかしそう易々と繋がらないのがクライミングの常!!
やはり一つ一つの精度が甘く、決まり切っていないんだろうなー…とほほ。出直しです。

「私の家 二段」 ×
以前より気になっていた課題ではあったので、この機会に。
リップ右端の真っ白いホールドからトラバース気味に登っていくようで。
しかしこの一手目がまるで止まる気がしない…何より後ろの岩が怖すぎる。
とりあえずスラブパートだけは登っておきましたw

やたらと風がビュービュー吹くもんだから、テンションも下がったところで早めの解散。
ロッキーボルダーにトライできるのはいつの日か…兎に角、また鍛えなおしです

◆本日の一枚◆トラバースなじっちゃん。報われないよね…いろいろとさ。
20170312御岳

2017年02月12日(日) 御岳ボルダリング

今週末は諸般の事情を鑑みて大沢入りならず。
日曜日に電車を利用して御岳に向かうことに相成りまして候。
前日に荻窪パンプでボコボコにされたってのに…

●同行メンバー
ynynさん、クボタさん

確か9時7分到着の電車にてアクセス。
しかしまぁ電車の快適なこと。ただ特別空いていたとのことでしたが。
ynynさんと私は既に終わっている状態ですので、クボタさんのトライを見守るべくマミ岩へ。

「マミ岩階段 1級」 〇
クボタさんのトライを見守る合間にラインを教えてもらってトライ。
中間部のバランスが何とも独特で気持ち悪い動き。
確か2トライ目ぐらいで登れたのかしら。

「マミ岩トラバース2 初段」 ×
ynynさんにラインを教えてもらってトライしてみることに。
1手目2手目のカチが兎に角細かくて刺さる感じ。
そのまま下部のかかりのよいホールドを追って「マミ岩階段」を抜けるとか。

兎に角長い。リンクものの定番ですが、御多分に漏れずラストのマミ岩階段がキツくなる。
結局押し切れずに敗退という有様。とほほ。

その後は正真正銘の絞りカスとなり、ひたすらクボタさんの応援。
久しぶりの御岳は風がやたらと冷たかったです。
雑魚に乾杯。

◆本日の一枚◆白い粉を嬉しそうに飲むynynさん。あぶない。
20170212御岳

2016年12月31日(土) 御岳ボルダリング

忘れていた自社業務をいそいそと取り掛かる大晦日の朝。
取りあえず最低限っぽいことだけこなして、外を見ると完璧な晴れ。
居ても立っても居られず御岳へ一直線なのでした。

●同行メンバー
なし

「レインボーハング 4級」 〇
中州ボルダーの下地が復活したとの情報をキャッチ。
もう何年も前から御岳に出入りしているが、いつも川に浸食されて取り付けなかった。
なんとも新鮮な気持ちで中州ボルダーとご対面。他のクライマーもおらず独り占め。

テキトーにアップしてトライ。アンダーとカチで離陸して頭上のサイドガバへドン。
気持ち良い一手ものかな。2トライ目で完登となりましたw

「ジャンピングフック 1級」 〇
クライミングを始めた頃から名前だけ聞いていてるのにトライ出来ずに歯噛みする思いでいた課題。
ついにトライするチャンスに恵まれた…なんというか感慨深いですね。
アンダーカチで離陸して中間部のガバからカチ、カチと繋いでリップへズドンって課題ですかね。
いざ始めてみると、左手のカチ取りがやたらと遠くて遠くて…結構トライするが解決できず。

何かを見落としているのでは…?
この左のガバ足使えないかな…右手カチを取ったら、この左のガバ足へ…あ、普通だ…コレだ…
バカか!!!このホールドに気づいてから2トライ目で登れました。自分の頭の悪さに辟易したわ…
わかっちゃいたことなんですけどね…

「遼エゴイスト 二段」 ×
まだ時間もたくさんあるし、指も予想外に元気っぽいので取りあえずトライするだけでも。
開始2トライ目で「エゴイスト」のスローパーに到達。前回の学びが活かせているのかな?
しかし三手目後の足上げがとにかくパワフルで確率が悪い。

トライを重ねる毎に、上記の足上げ以外の精度は上がっていきついに「エゴイスト」のリップを捉えた。
しかし。自分が「エゴイスト」を登った時はこの後右手を更に飛ばしたんだが、
「遼」から繋いでくるとそんな余裕は一ミリもなかった…左手が虚しくホールドを外してフォール。

結局二の腕あたりがパンパンに張ってしまって高度低下。
最終的には一手目のピンチも甘くなる始末で試合終了。
登れなかったが、かなり手応えを感じることのできた大晦日だった。という前向きな理解でいこう。
|memo|
スローパーはラップではなく、正面から抑えるとキレイに保持れる。
このあと振られを覚悟で左手を寄せてから右手をラップに持ち変える。
右手リップ取りの後の左手はほとんど真上を狙う。

結局ヨレヨレになるまで登り、2016年最後の岩登りを終了。
結果が伴わなかったのは残念だったが、次回への手応えを持ち帰れたのでヨシってことに。

◆本日の一枚◆中州ボルダー。ついにトライできて感慨深い大晦日に。
20161231御岳

このカテゴリーに該当する記事はありません。