FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年10月18日(日) 小川山ボルダリング

先週末にザックリと穴をあけられた左手人差し指を癒すためジムを自粛しようとしたが
金曜日にうっかりジムへ行ってしまい、しっかりとクライミング&ビールを楽しむ始末。
せめて天気の悪い土曜日をレストにあてて、素晴らしい秋晴れの小川山へ向かうのでありました。

●同行メンバー
ピンク神、ピンク妻、けーこさん、inoさんgamikenさん

5:30頃自宅を出て6:00頃に国分寺駅にてけーこさん、gamikenさんをピックアップ。
道中はストレスフリーで8:40頃廻り目平に到着。ぽかぽか陽気の中、クライマー諸兄にご挨拶しつつ
美しい紅葉を眺めながらのんびりストレッチしてピンク夫妻&inoさんの合流を待つ。

ピンク神、inoさん、gamikenさん:バルカン&朱雀門
ピンク妻、けーこさん、ムサシ:とりあえず犬岩
以上の編成で出撃。

犬岩では紅葉を眺めつつテキトーに簡単な課題をお触り。
けーこさんも先週とはうってかわってキレのあるクライミングで調子がよさそう。
ピンク妻も本命のエイハブ船長を前に闘志を漲らせている様子。暖かい飲み物、ご馳走様でした!

午後からピンク妻が単身クジラ岩へ突撃するのでお互いの健闘を誓う鋼鉄のシェイクハンド。
これでお互いホールド持てまくり間違いナシ。我々はビクターへと向かうのでありました。

いつになく混雑するビクター。中でも一番人気はコンケーブ。
久しぶりにやってみたら、いとも簡単にフォール×2。なんかもう、笑うしかないわ(涙)
気温が下がるのを待ち、14:45頃からポツポツと打ち始めましたとさ。

「The Two Monks 二段」 ○
1トライ目からリップが止まった。しかし次のムーブを起こせるほど保持しきれずフォール。
これはもしかすると、もしかするかも…
トライの間隔を最低でも5分はあけて右手が回復してからのトライを心掛ける。

更に気温が下がり、リップが止まる確率は5割弱といった感じにまで至る。
上部縦フレークを取り足をガバ棚から中間部のホールドに上げるがコイツが何ともイマイチで
スリップしてのフォールが数回。頼むからマントルムーブをやらせてくれぇ!
右足が抜けなくコレはっ…と思いきや左足が上がらずフォール。頼むから(ry
左足を上げるまえに、左手を既に返しておく必要があることに気づく。

だんだんと右手が回復しなくなってきて、タイムリミットが近づいてきた17時頃。
とりあえず毎度の調子で取り付いてみる。相変わらずリップ取りのムーブが厳しいが上手く保持れた。
手に足→縦フレーク→右足ガバ棚→左手を隣のくぼみへ→右足上げまではスムーズに流れた。
返した左手は思ったよりも効かなくて一瞬躊躇したが、思い切って体を上げると途端に効いてきた。
上手いこと左足が上がりそのままトップアウト。ついにケリがついた。

幾度となく小川山ボルダリングに付き合ってくれた仲間達、
スポット&マット移動してくれたクライマー諸兄の皆様、本当にありがとうございましたっ!

けーこさんは果敢にコンケーブにトライして、何かを掴んだ様子。次回のトライが楽しみ。
バルカン&朱雀門チームは、朱雀門がヒートアップした模様。
手はガバにかかっているのだが、どーゆーわけだか落とされてしまうという。う~む。
ピンク妻のエイハブ船長は幾度となくマントルまで到達する大躍進。
これは近いうちに嬉しい悲鳴が大音量で聞けそうだ。

渋滞をスルーするべく「ヘルシーパーク」で入浴→境川PAで食事して帰路。
結局小仏トンネルの直前でほんのすこしノロノロ運転になった程度。
gamikenさん運転ありがとうございました!

◆本日の一枚◆マッサージチェアにご満悦のピンク妻。エイハブ船長ガンバですぜ!20151018小川山

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。