FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2015年09月29日(火) 小川山ボルダリング

うっかり有給休暇の取得に成功。頑張ってみるもんだ。
三鷹ジム軍団に都合よく混ぜていただき、秋晴れの小川山へ一直線。

●同行メンバー
けーこさん、ちゃんまい、マラジョ、ちゃんあお

6:00頃国分寺駅にてピックアップ。中央道をスルリと走り抜けてセブンイレブンにて買出し。
なんと江戸川橋軍団のイケメン三人衆とばったり出くわしてエール交換。
9:00頃には廻り目平駐車場にすべりこんで、まずはファンダジー岩へ。
すっかり涼しくなっており、防寒着がないと寒さを感じるほどだった。

スラブ面の3、4本を皆で楽しくセッションしつつ、けーこさん渾身のトライを全力で応援。
その後は「ゴブリン」「ベヒーモス」を再登したりして後は温存。
お日様のあたるところに銀マットをひいてゴロ寝してみると、そこには「幸せ」があったんだな。

「The Two Monks 二段」 ×
このために午前中は温存していたワケで。今日は集中してトライしてみることに。

やっぱり豚の鼻の持ちがわからずに落ちてしまう。何度か試すもやはりダメ。
しかし何度目かのトライで腰をグイっと入れてから手を出すと安定することに気づき豚の鼻パートは一応解決。

そこからの立ち上がりが非常にバランシーというかなんというか。猛烈な勢いで剥がされるんですよね。
有識者のメンバーから「右手カチは突き刺すみたいに伸びるんだよ」とご教示頂く。

豚の鼻を思いきり抓りあげて、右手カチを思いきり突き立てて、どーにか立ち上がれる形に。
左手をリップに出すものの、カラダを剥がされてフォール。ぐぬぬ。

見かねたクライマー諸兄から「右手は最後まで残す。てかリップ取ったあとも残す。」との有難いお言葉を賜る。
今までも結構な覚悟でグッサーと行っていたが、
これからは「健康な指よ、さらば・・・」って覚悟でグッッッサーーーと逝くことに。

このアドバイスがしっくり来て、カラダを剥がされずにリップを叩けるようになった。
この後もトライを重ねるごとにスムーズになっていき、ほぼ毎回リップを叩けるようになった。
結局ただの一回も止められないんですけどねw いや、笑ってる場合じゃないよね。

マラジョは終始安定のクライミングでコンケーブ、三日月ハングをお持ち帰り。
ちゃんあお、ちゃんまいは三日月ハングがイイ感じで、完登はもはや射程圏内。
けーこさんは午前中のトライで出し切ってしまったのか、無念のガス欠気味。

指いたいよー。

|memo|
ガニ股の姿勢になったあとはグッと腰を入れると安定して豚の鼻をゆっくりと保持れる。
豚の鼻は薬指と親指のピンチ持ちが今のところ安定。
右手カチを指先で突き刺し、伸ばしきって立ち上がる。
リップ取りは右手&両足が切れないようにしっかり意識して左手で窪みを狙う。

夕方には切り上げてヘルシーパークへ。食堂でソースカツ丼をお願いしたが、いと旨し。
入浴もできるし、今後はここで食事していくのは大いにアリだな。
ストレスフリーの中央道をスイスイと抜けて国分寺駅にて解散。
三鷹ジム軍団の皆さん、ありがとうございました~。

◆本日の一枚◆けーこさんのトライを見守る?三鷹ジム軍団。教育方針はスパルタのようで。
20150929小川山

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。