FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2015年09月27日(日) 小川山ボルダリング

久しぶりにフルカワさんからお声掛け頂き、ボルダリング。
懸案のコールドスリープを意識しまくっていたせいか、まったく寝付けず起床時間。
ゾンビ状態で岩場へ行くハメになってしまったが果たして。

●同行メンバー
フルカワさん

5:30頃府中本町駅にてピックアップして頂く。中央道では雨がシャーシャーと降っていたが、
笹子トンネルを抜けた先は雨が降っている様子はなく、登れそうな雰囲気。
7:45頃、瑞牆に到着。せっせとエリアに向かうものの、どの岩もグソ濡れ。
周りのクライマーの方にも聞いたが、ほとんどの岩が濡れているとのことなので、小川山転戦を決断。
9:30頃周り目平に到着。こちらも降ったようだが、ほぼ問題なく登れそうな状態。
なかば諦めていただけに嬉しい。ビクター付近に駐車してイソイソとナイトナースへ。

「メイ 3級」 ○
アップがてら。離陸がイヤらしいが、ちょっと慣れれば問題なし。
2手目以降くらいからはホールドも良くなりマントルも問題なし。

「ルー 2級」 ×
ハンドホールドはカチアンダー。フットホールドは縦ホールド。
これで一体どーするんじゃい。数トライするものの、まるで解決できず。
今日はこれくらいにしておいてやる。

「ギガント 初段」 ○
いつかホンダさんと一緒に来たとき以来。この岩は雨にも強そうなので来てみると
「GIB」と名乗るツヨツヨクライマーズがトライしておられた。快く混ぜて頂き恐悦至極。

ホールドもちょいとシケてるくらいで問題なし。
ポツポツとトライを開始するものの、核心手前で落ちる始末。ぐえぇ。
皆様からのアドバイスを参考に手順を変更したり、ホールディングを調整していきようやく核心パート。

キョン足を決めたいところだが、右足がどーにもしっくり決まらない。
そーこーしているうちにフルカワさんがサクリと完登。強いぜ兄貴。

その後も足位置を検討し、左足のホールドを変更してみるとガチっとキョンが決まるじゃないか。
ちょいとレストしてトライしてみると、驚くほどスルリとムーブが流れてそのまま完登。
色々と反省点はあるが、今はアローン回避の安堵感にひたらせて下さい…
|memo|
先に左手ツノを取ってから右手サイドカチを左下に引くように持つ。
スタートすぐ下の縦ホールドを左足で踏んでから右足を移すとスムーズ。
キョンのときの左足は左下棚ホールドの下にあるカチに置くほうがラク。

「ヴィクター 1級」 ×
お互いギガントを完登し、ニヤたらしながらヴィクターへ。
するとイシダさん率いる江戸川橋軍団がいらっしゃったのでご挨拶。

とりあえずヴィクターをトライしてみる。以前は離陸もままならない有様だったが…
やってみると飛び出せるようになっていた。その後は両手でホールドを叩くまでに至ったが、
保持にはまだまだ時間がかかりそう。出直してきます。

「The Two Monks 二段」 ×
ツヨツヨクライマーの方に混ざってやってみることに。
ムーブ丸パクりっつー破廉恥極まる行為を平然とやってのけていざ離陸。

いやー豚の鼻にさえ至らない事態。そこに至るまでの足さばきもハードなんですよ。
何度かトライしているうちに豚の鼻を探るまでは到達したものの、
右手のカチ持ちのダメージが蓄積してしまいギブアップ。

全然歯が立たないが、可能性はゼロじゃないと思う。何よりトライしていて楽しい。
|memo|
右手のカチ持ちをどれだけ維持していられるかがポイント。
次の左手は極薄に見える小さい縦カチだが、意外とカチ持ちが効く。
手の保持でガニ股の姿勢を作り豚の鼻へ。足で立ち上がるためのバランス取りくらいの意識が良いとのこと。

ビクターが始めてというフルカワさんはコンケーブ、三日月ハングをお持ち帰り。流石です兄貴。
キリの良いところで早めに撤収。いつもいつも行き帰りの運転ありがとうございます。
当たり前だけど、クライミングの前日はしっかり寝ておかないとダメですねw

◆本日の一枚◆ガスガスの瑞牆。次に来るときは乾いていると良いな~。
20150927小川山

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。