FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2015年08月01日(土) 小川山クライミング

天気予報と睨めっこしながら悶々としていたが、やはり予定通り岩場へ行くことに。
(こっしーさん、折角お声掛け頂いたのにスミマセンorz)
先週は大混雑だったカサメリ沢を回避して、久しぶりの小川山へ。

●同行メンバー
スズメちゃん

6時国分寺駅にてピックアップ。ちょっぴり渋滞したものの、9時頃には小川山入り。
駐車場の埋まり具合は5割弱といったところか。晴れているのは嬉しいが、日差しが厳しい・・・
久しぶりにユーコさん&イッチーさんにお会いしてちょいとおしゃべり。元気そうで何よりです。
ジリジリと照りつける日差しにヒィヒィしながら屋根岩を目指すのであります。

「ソラマメ 5.9+」 ○
とりあえずアップを済まそうってコトでこのルートをやってみることに。
中間部のダイクガバがヌメヌメで怖い。2ピン目以降、急にホールドが乏しくなる・・・
そして3ピン目はあんなにも遠い。あぁ・・・スラブってグレードじゃ計れないなぁ・・・
2ピン目以降はしっかりとフットホールドに乗っていく必要があり、面白かった。

「働け!ロッククライマー 5.12b」 ×××
本日のお目当て。他にトライしているクライマーもおらず、探り便には丁度良し。
常に日陰な環境のおかげか、ホールドの状態も問題ない。

それじゃぁ張り切ってスタートを…ってスタートできねぇし。何ぞこれ。
いやいやいやスタートのカチ厳しいし、次のカチも厳しいし、何ぞこれ。
20回くらい一手目で落ちてバトンタッチ。どーすんだこれ・・・

続く2便目。右手ガストン→右手カチと右手2連発でスタートを抜け、
3ピン目後の右手フレーク取りでつまづくものの、どーにか4ピン目に到着して、いざ核心。
いやー左手ホールドが遠いのなんの。んで次のホールドの外傾っぷりときたら。こんなん止まるんかぃ。
ここでも散々落ちまくり、見かねたスズメちゃんから「キョン」という助言を賜り、これで何とか突破。
最終パートもハイステップが狭すぎ&高すぎてムリなので右カンテから回り込むムーブを選択。
一応トップアウトという結果になったが・・・こんなん繋がる?

3便目。2便目のスタート処理が出来ないので当初の左足踏み切りに戻し、狙いをカチの上のガバにしてみる。
上手く足を踏み切れば結構距離が出せることがわかり、足が切れつつも止まった。
3ピン目後の右手フレーク取り、核心のキョン、5ピン目クリップでそれぞれフォールしたものの、
結果的には3テンにてトップアウトという結果になった。何だか希望を持ってしまうんだが果たして。

スズメちゃんはスタートのカチ取りをスムーズにこなしていた。圧倒的安定感っ…!
核心パートの処理を煮詰めれば登れてしまいそうに見える。流石の強さですぜ~><
|memo|
スタートはオープンハンドで引っ掛けて、左足のつま先で「伸び上がる」イメージで取りに行く。
3ピン目後の右手フレーク取りは右足をなるべく右に置くとよさそう。
核心パート。左手は手前の外傾ホールドを中継するとより安定。
左足を3ピン目クリップ時のガバから見て左上にある丸っこい縦ホールド、
右足をフレークの右にある小さいフレークにそれぞれ置いてキョン。
これで外傾を中継して棚を取る。この体勢のまま5ピン目をクリップすること。
棚マッチ→左足上げ→左手カチから少し体を振って右カンテについている水平カチを取る。
右足を縦ホールドに張り、右手を上に飛ばして左足を外傾カチに上げて、終了点の左にあるガバを取って終了。

「スラブの逆襲 5.11b」 ×○
「働け~」がにわかに混んできたので、探り便の我々は撤収。ソラマメ下部の「スラブの逆襲」をやってみることに。
スラブで11bってことは、おっそろしい箇所が存在しているんだろうなぁ・・・という苦々しいような気持ちで離陸。
2ピン目まではほぼ問題なく到着。ここから薄いカチと小ポケットでカラダをひっぱり上げるのかぃ・・・
散々モジモジした挙句フォール。その後ホールドを見つけてこのパートを何とか攻略。
核心はこのあとか…と思いきや、ガバが連続して気づけば終了点到着。あれ?
続く2便目でヌルりとRP。どうやらリーチでかなりトクをしている模様。ラッキー♪

スズメちゃんのRPを見届けたいところだったが、川上村に豪雨注意報が発令されているとのこと。
確かに薄っすら聞こえていた遠雷が、気づくとずいぶん近づいているようだ。
早々に回収&撤収。雨に降られる前に退散できてよかった。

ナナーズで買い食いして中央道にて帰宅。(なんと渋滞が皆無!)
お目当ての「働け~」は結構いいイメージ。また近いうちに行きたいな~。

◆本日の一枚◆快晴の小川山。やっぱり小川山は気持ちいい。(暑くてもねw)
20150801小川山

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。