FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2015年05月06日(水) 瑞牆ボルダリング

連休の最終日。高速は空いているハズと見込んでホンダさんを巻き込んで瑞牆ボルダリング。
お付き合い頂きありがとうございました。

●同行メンバー
ホンダさん

お互い連休序盤のクライミング疲れが色濃く残っており、あまりの高グレードはちょっとねぇって感じ。
とりあえず合流してどのエリアに出掛けるかと相談すると「ハットエリアはどうだろうか」とのご意見。
即刻採用でございます。トポ持ってきてよかったー。未知のエリアにうきうきしながら高速道路をバビュン。
みずがき山荘の駐車場に滑り込み、マットを担いで突撃開始。

「ミズガキハイ V2」 ○
SDスタート。ガバガバのホールドをつないで中間部の棚にマントリングで立ちこみ、
右カンテ沿いにトップアウトする課題。ホールドは良く快適だが、高さがあるので注意。

「V2」 ×
最初からパワフルなムーブでホールドを取りに行き、ヒールフックでぐぃっと立ちこみやっと中間部。
ここからカンテが甘くなり、突っ込むのはイヤだなぁ…と思ってしまうと動けなくなってしまう。
何とかしようとモジモジするが結局解決できず、ミズガキハイのルートにエスケープ。
「核心は最初で、あとはやさしい」とトポに記載があるのだが…

「みのリン凹状 V1」 ○
SDスタート。とにかく狭い!離陸核心で何回も尻餅をつくハメに。とほほ。

「みのリンカンテ V1」 ○
程よいガバで気持ちよく登れる課題。アップにも向いているかも。

「V1」 ○
SDスタート。フェース面はいいホールドが続いているけど、
リップが意外と悪くてコケマントルに突っ込む。しっかりと手を返す必要があって、結構面白かった。

「V3」 ○
持ちやすいアンダーピンチと3本指ポッケで離陸。
キョン足で中間部のホールドを狙うが、これがあんま良くない。
しっかりと効かせる持ち方をして右上カチ→左上ガバと繋ぐ。ちょっと傾斜もあって面白い。
|memo|
すぐ後ろが岩なので、スポッターが入ったほうが安心。

「山つづじ V3」 ○
ホンダさんがキャンパで遊んでるな~と思っていたらそのままマントルに突っ込んで完登しちゃった。
どれどれとやってみると、意外とスローパーが止まって自分もキャンパ→マントルで完登しちゃった。

「オロチ V5」 ○
高さのある傾斜したボルダーのカンテを登る見栄えする課題。
山梨県クライマーの方々がトライされていたので、混ぜていただくことに。
中間部のガバポッケの左手持ち替えに失敗してフォール。せめて核心までは行きたかった…
ホンダさんは冷静に1撃。流石の強さっす。いいイメージをもらって2便目。
ガバポッケの持ち替えにも成功してカンテダイクにぶら下がりヒールフックでマントル。
あとは冷静にさえなれば何も難しいことはなくトップアウト。充実の1本ですな。

「トレイルマン V6」 ○
マントル一発。なかなかヒールが掛からなかったが、左手の持ちやすいホールドを指摘してもらうと、
俄然動きやすくなってヒールフックも決まった。右手カチ→左手ガバリップを押さえてあとはパゥワ。
傾斜を受けながらマントルを返していく感覚が結構楽しい。

「わざとらんじ V2」 ○
エリアをうろうろしてパンをかじると眠気が。10分ほど仮眠してからトライ開始。
距離は全然近いけど、リップがフラット気味なので、ちゃんと止めに行かないと指皮をムダ使いするハメに。
ホンダさんのトライを参考に何とか1撃出来て一安心。

「ティファニーポケット V4」 ○
両手ガバポッケからポッケを繋いでダイク取り→そのまま右上に抜けていく課題。
簡単そうに見えて取り付いてみると、何とまぁ動きにくいことか。下部の処理に大苦戦でございます。

何回か落ちて「難しいっすね~」とホンダさんを見ると、
「くっそぉ~!こいつマジ許せねぇ!!」彼の目は紅く染まっていた。
(ここからマシンガントライが始まったのは言うまでもない)

試行錯誤を繰り返した結果、左手ダイクをガンバって押さえて、
中間部の1本指ポッケをガンバってカチ持ちしてカラダを引っ張り上げる案が採用された。
ホンダさんが気合の一声とともに上部ダイク取りに成功してそのままトップアウト。

自分もその後の2便目で同じく完登と相成りまして候。
今回で最も打ち込み、最も苦戦した課題となった。

「ミシシッピースチームボート V6」 ○
高さのあるボルダーにカチとスローパーが丁度よく散りばめられたカッコイイ課題。
1便目はスローパー上のガバ取りが分からずフォール。
続く2便目はホンダさんのムーブをパクってガバ取りに成功。んが。
ここからのマントリングが核心でございます。
足をキョンにして何もないリップをペタペタと探るのがすごく怖い。
なんとな~く横引きで効きそうかな?程度の箇所を両手で押さえて足で立つマントル。
結果的には2撃だが、ものすごく怖かったせいか精神の消耗が激しかった。

「穴くまじろう V5」 ○
どっかぶりにガバポッケが連続している何ともジムっぽい課題。
ホンダさんが華麗に1撃。負けじと自分もトライするものの、どすんどすんと尻餅をついてばかり。
一手目のガバをどうしてもオープンで持ってしまい、すっぽ抜けてしまう。
ちょいと長めのレストを入れてトライ。
一手目が止まってからの足上げに成功すると、もう落ちたくないので気合全開。
思わず声を出しながらの完登でございました。(ホンダさん曰く、鬼の形相だったとか…そんなまさか)

「エンジェルマントル V6」 ×
水平カチでスタートしてすぐ真上のスローパーを押さえて左上の1本指ポッケを狙うのだが、
足が悪くてすべり落ちまくり。指皮が薄くなったせいかホールディングもイマイチ。
それでも執拗にトライを続けた結果、猫パンチ…流血敗退でございます。

「山のアナアナ V3」 ○
急登の続くアプローチ疲れが出てきたのか、いまいち元気なし。
気分を変えてスラブをやってみると集中力の無さにびっくり。
そんなに大変なスラブじゃないのにポロポロと落ち、3便目に完登。
疲れとは恐ろしいものだ…

「穴課長 V4」 ○
連続するガバポッケを辿っていく課題。持ちがイマイチなポッケが一つあったけど、まぁ大丈夫。
マントルがちょいと悪いので、気温の高い日中は避けたほうがいいかも。

今回はエリアを一周しようってコトで高難度課題は避けて一通り課題を見て回った。
トライは見送ったものの、面白そうな課題はまだまだ沢山あった。
たまたまかも知れないが、クライマーの数も少なく快適にトライできるのもいい。
また新しい遊び場を獲得してしまった…未知のエリアをうろうろするのは楽しいものですな。

ただ、全体的にアプローチが大変なので荷物はなるべく減らして、
歩き始める前にシューズの靴紐をしっかりと結んだほうが良いかも。
(むしろ登山靴でもいいかも知れない)

帰りは境川PAで食事して帰途。読みが当たって渋滞なしの大勝利。
ホンダさん、運転ありがとうございました。

◆本日の一枚◆ミシシッピースチームボートを完登して一息つくホンダさん。
20150506瑞牆

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。