FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2015年05月02日(土) 瑞牆ボルダリング

連休を利用して東村山軍団の皆様と1泊2日の瑞牆ボルダリング。
キレイなテン場でのキャンプと花崗岩ボルダリングを満喫するべく、
気合の4時出発でございます。

●同行メンバー
フタカミさん、店長、親分、コーダさん一家、ホンダさん、
ナカさん、もときち、なべきち、じっちゃん、カヅー

前日にモトキチ邸入りし、4時に出発。モトキチはメンバーの都合で出発時間を調整。
じっちゃんをピックアップしてフタカミ邸にてスイッチ→なべきちピックアップして高速。
中央道との合流がちょっぴり渋滞していたものの、後はまぁまぁ流れていたかと。
韮崎ICで下りて昇仙峡方面に向かい、広域農道を経由して瑞牆入り。
既に到着していた親分、カヅーと合流してとりあえずテント設営を済ませる。
インドラを狙うツヨツヨ組は先に岩場へ向かってもらい、
自分は後発のモトキチ達を待ってからクライミングスタート。

「祭りの花 1級」 ○
すぐ近くになる8級とか7級とか5級でアップしてから。(どれも悪く感じた…)
離陸して左手ポッケ→右手縦カチを取り、足を上げて…どーすんだ?
選んだ選択肢はランジw 4便目で止まって完登っと。
カンテの5級も登っといたが、こっちは離陸時の回転を抑えるのがテクニカルに感じた。

「発射台 2級」 ○
まずは岩を見てビックリ。なんてったってデカいのよ。
そして課題にビックリ。発射に成功してからのスラブが恐怖なのよ。
1便目でスラブ面まで入ったのだが、足が上がりすぎて動けなくなりパニック。
下を思いきり発射の岩が…降りれない。しかたなく木の枝を掴んでトップアウト。
一手目もガバで思いきり指をえぐられてしまった…
しばらく時間をおいてからやり直し。今度はちゃんと完登できてスッキリ。オンサイトは難しい…
|memo|
一手目ガバ奥がギザギザしているため、右手中指の第二関節にテープを巻いておいたほうが良いかと。
スラブ面は足を一つずつ上げていけば大丈夫。

「裂けた青空 初段」 ×
スパッと切れ上がったカンテを登るカッコイイ課題。
下地がナナメなので、スリングやヌンチャクを利用してマットを固定する工夫が必要。
カンテの処理がよく分からん…日差しをモロに浴びて光輝いているしw
ヌメり出してきたので早々に退散。日差しの当たらない午前中に出直してきます…

「材木岩 リップマントル 2級」 ○
顕著に飛び出して屋根になっている岩のリップをマントル一発。
右手カチ→左手ガバポッケで体を引っ張り上げる。
右手を返すと足が外れて膝になってしまうがそのまんまガンバるしかない。
トップアウトする場合は高さもあってコケコケなので要注意。

「夏木立 1級」 ×
メンバーの皆が「ガリガリ君」や「ガリガリトラバース」を応援しつつ、なんとなくトライ。
リップトラバース。スタート時の左手が悪くて離陸→一手目右手出しの強度が高い。
その後のスローパーを使ってトラバースもヨレてくる。結局中間部のガバ取りまでいけずに敗退。

4時ごろから薪を拾って撤収。「ふじもと」で焼肉定食を堪能してナナーズ買出し→入浴。
8時過ぎ頃テン場に戻ってささやかに宴会。店長、モトキチが持って来てくれた
焚き火台のおかげで焚き火も満喫。(ここのテン場は直火禁止)
やっぱり夜は冷える…上着や帽子など、防寒は必須ですな。ホンダさん上着ありがとうございました。
今朝が早かったこともあり、早々に酔っ払って就寝。

◆本日の一枚◆発射するモトキチ。登り応えのある一本ですな。
20150502瑞牆

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。