FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2015年04月25日(土) 瑞牆ボルダリング

江戸川橋軍団の瑞牆ボルダリングに参加させていただいた。
過去に半日ほどいただけなので、ほぼ未知のエリア。楽しみィ!

●同行メンバー
ピンク夫妻inoさん、カナムロさん、ナミさん、gamikenさん

6時国分寺駅にて皆様をピックアップ。
目立った渋滞もなく談合坂SAでスタ丼をかきこみ、瑞牆に直行でございます。
9時半頃ガリガリ岩に到着してクライミングスタート。

「シャリシャリ君 4級」 ○
アップを兼ねてトライ。リップを叩く一手ものだが、足がちょいと深くて意外とむずい。
ピンク神からムーブを賜り、なんとか完登。アップのつもりが本気トライでしたw
|memo|
フレークでレイバック気味の体勢になると出やすい。

「ガリガリ君 1級」 ○
過去に一度触ってみたが、意味不明だったことしか覚えていない。
んが。gamikenさんが流麗なトゥーフックを繰り出しスッと立ち上がっているではないか。
さっそくムーブをパクって江戸川橋軍団の総攻撃開始でございます。
ピンク神が見事イチ抜けを果たし、これに続く形で完登。
望外の成果にテンションが急上昇。gamikenさん、ピンク神に感謝でございます。
|memo|
フェース面の左手カチをとったら右足をトゥーフックしてねじりながら立ち上がるのがコツ。
甘いスローパーを押さえて左手ポッケにデッド。足を踏み変えてフェース面に出る。

「普通の日 初段」 ×
リップにヒールしつつカチを繋いでトラバースしてマントルする課題。
トラバースの終盤とマントル手前のムーブが難しい。トラバースパートはほぼ問題ないが、
甘いヒールで頭上のカチを取る際にどうしてもヒールがはずれてしまう。
うむむ。本当にこのムーブでいいんだろうか…

「百里眼 1級」 ○
ランジ一手もの。人気課題だそうで、たくさんの人が楽しそうにトライしていた。
ひそかに一撃を狙っていたものの、どーにも左手が止まらない。
4トライ目。試しに右手を出してみたらあっさり止まってそのまま完登。
…登れたからヨシ!

「カラクリ 初段?」 ○
両手ポケットからリップに出て、甘いホールドが続くリップを辿って最後にマントル。
ムーブが楽しく、甘いホールドを押さえ続けて、最後にガバが待っている。
このガバ取り→マントルをこなせる体力を残せるかがポイントかな。
|memo|
キーホールドが欠けてしまい、初登時の課題とは全く異なる状態とのこと。
現状では2、3級くらいとのことだが楽しい課題なのは間違いナイ!

「倶利伽羅 初段」 ×
スメアリングと左手カチでバランスを取りながら直登するスッキリとした格好いいライン。
スメアがはずれると膝を思い切りぶつける恐怖を如何にして克服するか。
カナムロさんは思い切り膝をぶつけていたが、大丈夫だっただろうか…
これは是非登りたい一本ですな。

「竜王 1級」 ×
両手カチアンダーで立ち上がりカンテのスローパーを押さえてちょいランジ→マントル。
思い切りスタート核心。カチが悪すぎてケツが1ミリも上がりませんでしたw
コツがあるとのことなので、次回はそれを試してみよう。
|memo|
足をガニ股にして挟み込むと立てるとのこと。

「あかね雲 3級」 ○
カンテ沿いに上る課題。ビミョーな足でちょっと遠いガバカチを取るのが核心。
結構高さもあって充実する一本。流石テストピースとされている課題は違いますな。

「少年 3級」 ○
悪い足に立ち、ヘンな体勢をガマンしながら薄いカチを取ってカラダをずりずり上げて
ちょっと上のいいカチに飛ばす。あとはマントルだけどこのマントルも気を抜けない。
ヘンな体勢をガマンするコツが分かるのに苦労したけど、どーにか完登。これが3級かぃ…
|memo|
一手目の薄いカチ取りに失敗すると、右側に倒れこむようにフォールする場合がある。
その場合、後ろの岩にぶつかってしまう可能性があるので、右側にスポッターが入ると良い。

「玉 2級」 ○
ピンク神のトライに便乗でございます。
離陸と一手目が難しく、リップ取りが恐怖感満載。
1便目はリップ取りの体勢が上手く作れずフォールしたものの、
2便目では右手ポケットがしっかり持てていたのでリップに渾身のデッドポイント。
いや~ガバでよかったw同行メンバーの応援のおかげて登れました。
|memo|
スタートのポケットは指が細いと2本入る。
リップ手前のポケットは出来るだけ指を入れてしっかり持つ。

「剣 4級」 ○
3種の神器の3本の中では一番高さがあるが、いいところにホールドがあるとのこと。
確かに落ち着いて登っていけばスルンとトップアウトできた。
高さのある課題をのぼったときの充実感ってのは凄まじいぜ。

「鏡 6級」 ○
3本の中では一番テクニカルに感じた。中間部のポッケを取りに行くときの姿勢をとるのが面白い。
ホールドは良いがしっかり足で立たないと次のホールドに届かなかったりして、面白い課題。

色々な課題を見てまわって登っていたら、あっとゆー間に19時。
瑞牆ってこんなに楽しいエリアだったのか…う~ん、これは通い詰めたいんだぜ。
色んな課題を案内してくれたメンバーの皆様に感謝です。

◆本日の一枚◆「ガリガリ君」の甘いポケットを止めにいくgamikenさん。次回こそ完登ですな。
20150426瑞牆

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。