FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2018年を振り返って

今年も大変お世話になりました。
来年も何卒宜しくお願い致します。

【振り返り】
1月~4月までは集中的に聖人岩へ通い、「ウェーブ」や「パルチザン」が登れました。
どちらも印象深いルートでしたが特に「パルチザン」は看板課題に相応しい見栄えと内容で、
リードクライミングの下地を改めて作れたような気がします。

その後は台湾で初めての海外クライミングをさせて頂く機会に恵まれました。
龍洞という海辺のエリアでしたが、長いルートが多くどのルートも登りごたえ十分。
毎日クタクタになるまで登らせて貰えました。
パートナー、現地クライマーの方、また台湾に詳しい知人クライマーには本当に感謝です。

その後、有笠山や小川山でクライミングをしており
小川山の「エンドルフィン」に狙いを定めて繰り返し通ってましたが、
最後のリップ取りをこなすことが出来ずに…
今年は週末が悉く雨という天気が多く、ほとんどジムで過ごしていたような。

御前岩でのクライミングに連れて行ってもらいつつ、
フリクションが良くなった10月下旬にエンドルフィンを登ることが出来ました。
花崗岩は本当にフリクションが大切なんだな~と思いつつ、
取りあえずは5.13aというグレードの課題を初めて登れたことを素直に喜びました。

また御前岩でも「DAIJA」や「キルフィンガー」を登ることが出来ました。
ハードルートが勢ぞろいしているエリアでも楽しめるようになったのかな~
とか思うとちょっと嬉しかったです。

【雑感】
今年は初めて台湾でのクライミングを経験して、
「日本の岩場」と「日本以外の岩場」を比較する感覚がありました。
クライミングについて捉える視野が広がったのか、一つ一つの課題がより魅力的に感じます。

また、お世話になった台湾クライマー御一行を案内?する機会にも恵まれました。
(案内というより、一緒に遊んで貰っただけのような…)
自分にとってのローカルな岩場(自分が詳しい岩場)が欲しくなり、
また案内出来るようにもなりたい思いがあります。

年末に御岳・鳳来でのチッピングという痛ましい事件がありました。
御多分に漏れず私にも様々な思いが去来しましたが「虚しさ」「悲しさ」という感情ばかり。
何ら前向きな考えも浮かばず、すっかりボルダリングのモチベーションが下がってしまいました。

誰かと一緒にクライミングをすることがとても楽しいです。
トライするルートが違っていても、お互い茶化しあったり応援しあったり。
これからも色んな人と一緒にクライミングさせてもらいたいな~。

【来年に向けて】
2019年2月に右足の抜釘手術を予定していることもあり、リード中心に考えてます。
石灰岩と花崗岩で5.13aを一本ずつ登れたら嬉しいですが、
あんまりグレードを意識しすぎず、何でも一本一本噛み締めて登っていきたいです。

どうか皆様が来年も怪我なくクライミングを満喫できる一年となりますように。

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。