これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪我の記録:右下腿骨折(脛骨・腓骨骨折)

2017年05月03日の御岳ボルダリングの際、
しつこくトライしてきた「遼エゴイスト」のフォール時に受傷した記録。
これからもクライミングを楽しく続ける為に、自戒を込めて。

【受傷の原因】
自分が危険なポイントと理解している箇所へのマット配置確認忘れ。
⇒完登への固執と、長い期間トライしてきた慢心から、安全管理の意識が希薄となっていた。

【対策も含めた今後】
マット確認の徹底。
今回の経験を前向きに捉えて、せめて身の回りでは率先して取り組みたい。

下地という意味で、自分の想定するフォール位置とマット配置が符号していることを確認する。
想定フォール位置を絞り込めない場合、「降りられるクライミング」の意識で取り組む。

その場の雰囲気で「急いでトライしなければ」という意識が生まれてしまうケースもあるが、
こうなったら、その日はトライしないぐらいの意識で。

【トライ~受傷】
リップ手前のカチ取りからの左足上げの際にスリップしてフォール。
この場合、背面の岩と岩の隙間あたりに落ちることになるので、
フォールと同時に下地を確認して着地体勢を取る意識だったが、マットが無かった。

「頭・背中・腰を打ってはいけない」という意識から右足は半ば捨てる意識で着地。
インパクトの瞬間までハッキリと記憶していないが、「バキッ」という乾いた音。
右足は完全に折れて有り得ない方向に曲がっていた。

慌てて真っ直ぐになるよう手で直すものの、ぐらぐらで身動きが取れない。
そのまま激痛に悶絶する始末。居合わせたクライマーの方々に助けて頂き、
道端への退避・応急処置・荷物のパッキング・救急への連絡をして頂いた。
⇒感謝しても、しきれません…

【受傷~病院搬送】
救急隊の方々に搬送して頂くのだが、
「足を真っすぐにしないと担架に乗れない」
「猛烈に痛いけど、足を引っ張って伸ばして添え木を当てます」

骨折時の初期治療にあたる「徒手整復」と呼ばれるものだそうですが、
バキバキに折れている足をグイグイと引っ張って頂き、只々絶叫あるのみ。

救急車の中にいるころから、とんでもなく痛んできて意識がハッキリしなくなってくる。
青梅市にある「高木病院」に搬送されるころには、お医者さんが喋っていることがよく分からなかった。
兎に角レントゲン撮影とのことだが、撮影台に移るのにも4~5人がかり。
骨がほんの少しでもズレるだけで悲鳴を挙げる始末。

レントゲン撮影の結果、脛骨が真ん中あたりで一か所と腓骨が二か所骨折していることが判明。
また骨の転移(ズレのこと)も大きくオーバーラップもしているため、酷く腫れてしまうとのこと…

女医さん「よし!引っ張るからね~痛いよ~」
骨折時の初期治療にあた)ry
「ガンバって!」と励ましてくれる看護師さんのブ厚い手を握り締めて絶叫。
どれほど引っ張られたか分からないが「カコッ」と唐突に楽になる瞬間が。
そのまま固定することで、どうにか人の話を聞けるくらいの痛みに。
地元近くの病院に転院することも選択肢に挙がったが、このまま入院させて頂くことに。

駆けつけてくれた親には感謝以外の言葉が見つかりません…

【入院(手術前)】
初めての入院生活。基本的にベッド寝たきりで、トイレの時のみ車椅子で離床するだけ。
とはいえ、四六時中痛いうえに38度近い熱が出っ放しなので、何も出来ない。
夜は特に痛んだように記憶しており、基本的に毎晩座薬を入れてもらう。座薬初体験。
添え木で固定しているとはいえ、ちょっとしたことで骨がズレて痛むので、寝返りもうてない。

車椅子に乗るのも看護師さんに足を支えて頂き、便座に移るのも看護師さんに足を支えて頂き。
「不自由」というものを、身をもって体感。
こんな状況でも早速リハビリ?として右足の指をピコピコ動かすようにとのこと。

ベッドの上で大人しくしているってのは、どうしてもネガティブな思考に陥りがちだったが、
頂戴した応援メッセージや、お見舞いに駆けつけてくれた友人との会話がとても嬉しかった。
本当に感謝しております!

【手術】
連休の真っ最中ということもあり、手術の日取りは少々先の5/9となった。
全身麻酔と半身麻酔を併用する手術で、術後の痛みをケアするために硬膜外麻酔も使うことに。
脛骨に対しては膝から切開して、髄内釘と呼ばれるチタン製?の棒を入れて上下ネジ止めで骨を固定し、
腓骨に対しては踝の上あたりから切開して折れた骨を良い位置に戻してから、
同上のワイヤーを入れて骨を固定するものとなる。といった手術内容でした。

手術を受ける身としては、手術台の上で意識を失い、気が付いたら全て終わってましたけど。
そして尿道カテーテル初体験。抜くときの痛み、というか不快感ったらないよね。

【入院(手術後)~退院】
手術直後から数日は痛みや熱もぶり返す感じで辛かったが、その後は断然と楽になった印象。
先生曰く「かなり良い固定が出来た」らしく、すぐリハビリを始めましょうとのこと。
(会社都合で診断書を書いてもらったら全治3か月…全治って、どの状態を指すんだろうか…)

動かないせいで固まってしまった膝、足首の可動域を取り戻していくリハビリ。
自分の力では全くといっていいぐらい曲がらない関節に軽く絶望するが、
スパルタなリハビリの先生が痛みと引き換えに絶望を取り払ってくれた。
「どんどん曲げていけ」とのこと。は、はいですぅ…

車椅子の乗り移り・トイレが自力で出来るようになり、少し自由と取り戻した気がした。
熱や腫れも収まりつつあり松葉杖の扱いも覚えたころに、そろそろ退院を検討して下さいと
連日仰られるので退院の日取りを相談すると、とんとん拍子で話が進み5/18に退院することとなりました。

【退院】
約2週間ぶりに娑婆の空気を満喫したかと思ったのもつかの間、
両松葉の右足荷重無では自分の世話するにも一苦労という現実。
結局家に引き籠ってリハビリするくらいしか出来ることがありませんでしたとさ。

【術後2週間の診察】
受付を済ませてから3時間程待機し、ようやく診察。うえぇ。
取り合えず固定はズレておらず、順当な経過であるとのこと。
右足に体重の50%を荷重していきましょうとなりました。

今後は骨のくっつき待ちだが、太い脛骨は骨癒合が遅れがちな部位である上に、
骨の隙間が大きいので経過が芳しくないようでは、超音波治療も視野に入れるとか。
また、親指に痺れが残っているのもよろしくないので注意していくポイントだそうで。

手術創を止めていたホチキスをチクチクと抜いてもらい終了。
リハビリルームでは右足に荷重する感覚を練習をしてきました。

日常生活も幾らか過ごしやすくなり、家の周囲を歩く練習を追加。
ジーンと痛むが、適度な痛みが刺激となって骨癒合を進めるとかなんとか。ぐぬぬ。
しかし日ごとに足は良くなっていく実感があったのが嬉しかった。

【術後4週間の診察】
本日も3時間待機して診察。これは診察日は一日休を取らないと無理だ…
レントゲン写真では目立った変化はないが、この時点ではこんなものらしい。
今後の注意点も前回と同様、指の痺れと脛骨の骨癒合。
屋内では杖なし全荷重、屋外では片松葉の75%荷重していきましょうとなりました。

素晴らしい自由度…かなり狭い歩幅で、歩くとジクジク痛むのはあるけれど
歩けるようになりつつあるのが嬉しい限りでございました。
この診察を以て、仕事にもようやく復帰しました。
(クライミングは…7月以降かなぁ…でも、トップロープなら…)

【術後8週間の診察】
一歩一歩ごとに歩くことを躊躇うレベルの痛みがあることもあったりしたが、
日ごとに痛みの程度は小さくなっているように感じる。
折れた箇所もそうだが、とにかく膝と足首の痛みが付きまとう。

診察では「骨癒合が遷延気味」とのこと。残念ながら遅れているようで。
三週間後にCT検査を追加して、それでもダメなら超音波治療を始めることに。ぐぬぅ。

【術後11週間の診察】
やはり歩くたびに膝と足首にズキズキという痛み。
リハビリの先生にも相談しているが、何とも原因がイマイチ…ストレッチや筋トレで様子を見ていく感じ。
日常生活では、松葉杖は手放せず階段の下りには特に四苦八苦する有様。

診察では「骨癒合が遷延」とのことで、現時点では10%程度の癒合っぷり…ぐぬぬ!
超音波治療を導入しましょ~ね~ということに相成りまして。これは先が長そうな予感。

【術後12週間の診察】
「難治性骨折」となり超音波治療を自宅で行うため、受傷部位にマッキーで印をつける。
その後、SIGMAX社が取り扱う「アクセラス」なる機械の説明を受ける。
1日1回20分の治療を根気よく続けることに。

骨の回復具合はなかなかにイマイチだが、リハビリのほうは良い兆候が見えつつあるとか。
まず悩ましかった膝の痛みがほとんどでなくなった。今後はスクワットを中心に筋力を戻していく方針に。
あぁ…階段を普通に下れるようになるのはいつになるのか。

スポンサーサイト

-1 Comments

608(泥船船長) says..."お大事にしてください。"
ムサシ様

たまにブログ拝見させていただいていました。
髄内釘入れたとのことなので気になりましたので書き込みます。

私も30年くらい前に左足に髄内釘入れて骨折を治したことがあります。
個人の自由なので絶対にやめた方が良いとは言いませんが
髄内釘抜いてからのクライミングをお勧めします。
万が一髄内釘が入ったまま再度同じような受傷をすると骨が砕けますし
髄内釘を抜くのに一苦労します。
私は当時バイクで受傷し処置しましたが、先生に上記の話をされました。

とはいえ自分はやはり若さからか結局バイクに復帰してレース続けていたので何とも言えませんが(爆)
髄内釘を抜いてからの安心した気持ちは今でも忘れられません。
ちなみに病院で「くださいな」というと抜いた髄内釘はくれますよ(笑)
いまだに自宅の机の引き出しに入ってます。

とにかくクライミング復帰されるのなら慎重にしてくださいませ。
2017.06.07 15:26 | URL | #nHeIJZvg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。