これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年02月04日(土) 大沢ボルダリング

今週末も懲りずに大沢入りを企む30代男三人衆。
皆様の都合を検討した結果、日曜日に突撃と相成りまして候。
ん?そーすっと土曜日はどう過ごせば良いのかしら…あ、大沢行こ。

●同行メンバー
なし

確か9時頃にトラウトカントリーの駐車場に滑り込んだような。
すると手を元気よくブィンブィンと振ってくれるアキタさん軍団のお姿が。
白妙へ行かれるのだろうか。トボトボと一人、「にら」へ向かうのでありました。

「にら 三段」 ×
日の射さない時間帯はとても寒くて寒くて。お日様が出てくるまでゴロゴロと過ごす。
暖かくなってきたところで「フェース」や「ビンビン」を登ってアップを済ます。
いよいよ総本山…と思いきや、春の到来を思わせる程のポカポカ陽気に思わず昼寝。
心地よい川のせせらぎを聞きながらうたた寝をする幸せもまた、クライミングかね。

さてさて。本日はブランクパートの解消に努めるべく、懸案の左ヒールトゥーの解決に。
試行錯誤したところ、左ヒールトゥーしたら右足はカンテ下部にトゥーするのが今のところ確率が高い。
だどもそーすると、上部のフラレを止めることが出来ずに場外ホームランという有様。
アチラを立てれば、コチラが立たず…難しいもんですな。

昔、小川山でお世話になったスエナガさんが現れて一緒にセツシヨンして頂き、大分ヒントを頂いた。
次回はこのヒントに基づいて、引き続きブランクパートの解消に取り組む所存です。
|memo|
足を決めたら左手のラップを解除して、身体を真下に持ってきてから左手カチ取り。
左手カチはサイド気味、右手カチもサイドっぽく意識してワキを締めるとフラレが少ないかも。

◆本日の一枚◆仰ぎ見る「にら」。登りたいな~。
20170204大沢

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。