これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年01月28日(土) 大沢ボルダリング

前回の大沢にて見事にボコボコにされてビンビンになれず終いの30代の男三人衆。
ボクらはまだまだヤレるはず。ヤレるはずなんだ!!
そんな悲壮感を薄っすらと忍ばせつつ、本日も大沢入りでございます。

●同行メンバー
ynynさん、肩王

7時15分頃に新秋津駅で肩王をピックアップして奥多摩駅へ。
ここでynynさんと合流してトラウトカントリーに向かって出発。
今日もホカホカ陽気で有難し。「レバ」に向かって一直線なのです。

「フェース 4級」 〇
肩王が早々に睡眠をとられるとのことなので、ynynさんと周囲をお散歩。
登れそうな岩を見つけてテンションが上がるものの、後日既に登られている岩だと判明。
帰るころにはスッキリと目覚めておられましたので、とりあえずコレを登ってみることに。

一便目はビビって降りてしまったが、その後ynynさんのアドバイスに従って二便目で完登。
終始かかりのよいホールドが続いており、気持ち良くトップアウト出来て気分ヨシなのです。

「レバ 初段」 〇
キッチリと「ビンビン」のラインをトップアウトしてから、トライ開始。
繋げ一便目で「ビンビン」のラインまで到達するものの、うまく足が決まらずにフォール。
その後もぐずぐずとしたトライが続き、なんとな~くイヤな予感。
他のムーブも検討してみたものの、ここまで出来上がっているなら今のムーブで行くことに。

長めのレストを入れつつ本日何度目かのトライ。
中間部パートもパワフルながら無事に突破して「ビンビン」のラインへ。
結局足が切れてしまったが、とにかくもう落ちたくない一心でしがみつく。
ブラブラとなりながらも一手一手と手を進めてフラフラになりながらもマントルを返してトップアウト。

なんというハードラインだったのだろうか。初段グレード恐るべし。
その後、肩王も26万馬力が炸裂して完登。さすが自称原子力潜水艦…!
ynynさんもムーブを固めつつあるので、次回あたりでガツンとやってくれそうな予感。

「にら 三段」 ×
ついに挑戦権を獲得したので、意気揚々とトライ開始。
数トライでグラグラガバ→右ヒール→右手カチまで繋がるようになるものの、ここからが本番。
左ヒールをかけるものの、スコンスコンと抜けまくる始末。
ここだけやってみても全くかかる気配がなくスッコリと抜けまくり。
結局解決できずに敗退。流石にら…しかしまだまだトライは始まったばかり。ガンバるぞい。

「無名(ランジのやつ) 初段」 ×
ヨレ散らかして最後の仕上げに本日も「頼朝公」の隣にあるこちら。
肩王がものの15分足らずでサックリと一抜けして我々も発奮。
どうにか発射できるようになったものの、スイートスポットにハマらず残念無念。
ynynさんも、もうほとんど止まっていたので、次回はお互いに回収したいところ。

ホリ快に丁度間に合いそうとのことなのでynynさんと別れて、肩王とささやかに祝杯。
やっぱりボクらはまだまだヤレる!これからもモリモリ登る決意を新たにしたのだった。

◆本日の一枚◆むしろ本日の肩王。
20170128大沢

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。