FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2017年01月22日(日) 大沢ボルダリング

雪の天気予報に翻弄されまくったものの、
フタを開けてみれば春を先取りしたかのような陽気。
先週の寒さが嘘のよう…いそいそと大沢ボルダーへ向かうのでした。

●同行メンバー
ynynさん、肩王

7時15分頃に新秋津駅で肩王をピックアップして奥多摩駅へ。
ここでynynさんと合流してトラウトカントリーに向かって出発。
懸念事項の路面凍結も問題ナッシング。軽やかに支払いを済ませていざ。

「Solid 初段」 〇
しかしマット1枚だと移動が楽なこと。
お目当ての岩には既に先客がいらっしゃった。先週ご一緒させて頂いた方々でした。
肩王とynynさんは、この課題にはそれほどモチが上がらない様子。これは早くケリをつけねば…
テキトーにアップしてまずは一便目。例のクロスムーブが決まらずにフォール。
続く二便目三便目は上部ガバあたりで次の動きに入れずにフォール…ぐむむ。
クラックの奥にガバがあるという話なのだが、やっぱり足が欲しくなってしまう…

「左足をリップあたりにヒールする人もいるみたいですよ」との情報を小耳に挟みつつ4便目。
やはり上部ガバ→右手クラック内のサイドで動けなくなる自分。
進退窮まった自分は縋る気持ちで左ヒールを敢行。これが上手いこと穴にカポっとハマり
ぐぐぐいとカラダを引き上げて大穴を取ることが出来た。
トップアウトに大分もたついてしまったのはご愛敬w

「レバ 初段」 ×
肩王「にらの前にレバじゃないの?」
は、はいですぅぅぅ…ということでレバにロックオンでございます。

先週は敬遠していたグラグラガバを躊躇なく使うことで大分希望が見えてきた。
しかしまだまだムーブを作り上げる必要がありそう…と、その矢先。
先ほど「Solid」でご一緒だった方々がいらっしゃって「レバ」セツシヨンへ。

この方のムーブが非常に参考になり、一気に形になってきた。
因みに肩王のムーブは手数は少ないが一般人にはとても耐えられないものであった。当然か。
大きくレストを入れて繋げトライをするものの、「ビンビン」パートでフォール。
いや、この3級パート全然落ちれるぞ…そして何故かこの後全然ムーブが流れなくなる始末。

再度調整を兼ねてパート練習に逆戻り。一通り整理をつけたのち、やはり「ビンビン」もやっておこうかと…
すると、この「ビンビン」が出来ないことが発覚。まさかの事態である。
相当なトライ数に及ぶものの、ワンムーブ毎にカラダを剥がされる始末。
「敗退」の2文字が脳裏をよぎるものの、居合わせたクライマーの方が見兼ねてお手本を披露してくれた。

これにより「ビンビン」を登ることに成功してブランクセクションの潰し込みを完了。
いざ繋げトライでございます。しかし私のカラダはすっかりと、おパンプしており、まるで話になりませんでした。

肩王は過去のトライを確認しつつ「レバ」に襲い掛かっていたが、どうもしっくり来ない様子。
ynynさんは昨日の疲れが如実に出てきてしまい、控えめなトライとなりまして…我々三名ド敗退でございましたorz
|memo|
ぐらぐらガバはしっかりラップ持ち。左手クロスでV字ホールド取り。
我慢しつつ右足に踏みかえて左ヒール→右ヒールをセットして腰を落としつつ右手取り。
そのまま右手カンテ沿いカチ→右ヒール解除して張り出し、左手をサイドに寄せる。
右足を「にら」一手目→左足「にら」スタート→右足ヒールフックして、ぐらぐらホールド取り。
左足を「にら」一手目→マッチ→右足ヒールから爪先にして右手次のホールド。
左足爪先で「にら」ヒールフックするホールドを踏み、膝を内側に入れるようにすると切れにくい。

その後は「Bクラブ」を見に行くものの、1.5メートルほど下地が下がり最早別課題の様相。
肩王が設定したトラバース課題に猛チャージするものの、外傾カチは嘲笑うかのように僕らを拒絶してくれました。
そんなこんなでタイムアップ。目当ての「にら」は触ることも叶わず、帰路につくのでありました。とほほ。

◆本日の一枚◆太陽さえも引き付ける肩王。因みに羊羹をむいているところ。
20170122大沢

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。