これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年01月07日(土) 豊田ボルダリング

ここ最近、緩傾斜の課題と高さのある課題にトライして修行を積んできた。
それもこれも、豊田に鎮座する超有名課題にケリをつけるため。
いざ尋常に…勝負!

●同行メンバー
フタカミさん、シモジマさん、ゆみにさん

フタカミさんにピックアップして頂き、国分寺駅にてゆみにさんと合流。
気持ち200%のまま豊田へ向かって一直線なのであります。
大給城址に到着したのが10時前だったか…いそいそと岩場へ向かう足取りは軽い!

「ダイヤモンドスラブ d」 ×
ダメでしたw

前回到達したところまではワリと安定してきたんだが、
そこからのポケット?取りが意味わからん…

「右足を下のクラックまで下げる人もいる」との情報を得て早速試すと
体が安定してフワリとポケット取りに成功。しかしなんなんだこのポケットは。
二つ並んだようなポケットなのだが、両方ともポケットの中央に結晶が居座っているのだ。

コイツらのせいで非常に微妙なホールディングとなり、イマイチ保持感が得られない。
何度トライしても仲良くなれず、大フォールを連打。ついには脳みそにまで振動を感じる始末w
まだまだ修行不足という現実を突きつけられての敗退と相成りまして候。

「遠き道 d」 〇
日差しが当たる時間帯に移動して皆で遊ぶことに。
「かば」「影」を皆でエンジョイした後にトライ開始でございます。

せまっ苦しいアンダーをフルパワーで握りしめて強引に離陸。
すぐ上のガバアンダーを取りたいんだけど足がスコスコと抜ける始末。

苦悩すること数トライでアンダーを捉えることに成功。
そのまま中間部を気持ち良く抜けてマントルを~…
リップが全体的に甘くてほんのりと外傾している…下地もあんまりないぞ…
ゾワリと緊張感が走るものの、慎重にマントルをこなしてトップアウト。

「微妙 c」 ◎
カンテラインを挟み込んで登るような感じの課題。
これはリーチが有利に働き、気持ちよくトップアウトでした。

フタカミさんは「ティータイム」を登るという快挙。豊田グレード更新なのです。
初豊田となるシモジマさんは指が破ける勢いのアツいトライ連打。明日もあるのにw
ゆみにさんはフタカミさんからの手厚い指導を受けて着実に経験値をGET。
自分がワガママを言って大給城址に来てもらったというのに結果を出せないというコントラストきつめな初日でした。

◆本日の一枚◆フタカミさん「チョックなう」とのこと。
20170107豊田

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。