これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年09月25日(日) 小川山ボルダリング

相変わらずグズついた空模様の一週間のまま迎えた週末。
雨に降られつつ晴れ乞いの舞を踊りつつ焚き火するクライマー諸兄には脱帽でアリマス。
そんな諸兄の思いに感化され、自分も小川山へ向かうのでありました。

●同行メンバー
フタカミさん、店長、シモジマさん、じっちゃん

5:00二上邸にて待ち合わせて廻り目平へ一直線。
途中親分のクルマを通り越した際に挨拶?したのだが、なんとなく具合が悪そう…昨夜飲み過ぎたのだろうか。
8:00過ぎくらいの到着という素晴らしいスコアだが、駐車場の混雑具合は7割程度か。
モイスチャーな雰囲気だが、光が差し込む小川山のなんと気持ち良いことか。
ギガントに狙いを定めている同行メンバーと別行動を取らせて頂き、クジラ岩へ。

「田嶋ハング 初段」 ○
到着してみると、数人のクライマー諸兄がいらっしゃるばかり。岩もシッケシケのシケなので当然か。
しかしホールドに触れてみると、意外にも乾いているような…何とかなりそうな印象。
乾き待ちしつつテキトーにアップしてトライ開始でございます。

前回の到達点まで至るのに5トライ程要しただろうか。
午前中はとにかくハードに感じたが、お昼前後あたりから何とか勝負できる雰囲気となってきた。
しかし相変わらずマントルが返せない…他のクライマーさんの意見を参考にして、ムーブ修正。

コレがうまくいったのか、以前よりもガツっとヒールをかけることが出来るようになった。
最後の右足上げは、とにかく夢中で岩に抱き着いたら右足がズリズリっと上がってきた。
正直、なんで登れたのかよく分からないが、とにかく登れたのでOK(笑)

思い返してみれば、長い因縁のあった課題だったような。
「エイハブ船長」が登れたばかりの頃、調子に乗って触ってしまったのが運の尽き。
いつやっても一手目が出来ずに尻を浮かしては落とす作業を繰り返す。
毎年毎年見て見ぬふりをしてきた課題だったが、おかげで成長させてもらえましたっ!
|memo|
一手目ガバにヒールする際は下のフットホールドを右足で踏むとカラダをより落とせるのでヒール掛けやすくなる
最後のマントルは両手の挟み込みとカラダを岩に密着させるのがコツ?

「モルヒネ 初段」 ×
ギガントチームと合流して次なるエリアを検討したところ、ファンタジー岩に行きたいとの声が。
自分は特にやりたい課題はなかったが、「田嶋ハング」で満足してしまった感もあり、お付き合い。
みんなのトライを冷やかしたり応援してる間にこの課題をやってみたが、ホールドのガビガビっぷりに萎え。

「灯台下暗し岩 無名 V2」 ○
地上25cmのホールドでスタートという超絶低空課題。
ワケもわからずボーゼンとしていると、シモジマさんが素晴らしいフットホールドを使い苦も無く離陸しているではないか。
早速パクらせて頂いたのだが、同じ体勢は作れないのでフラッキングで解決。ただしフルパワーなんだが。
一手目のホールドも尖ったカチを握りしめるので、指皮を削ぎ落とされる感じ。これは早くきめなくては…
その後の数トライで完登。リップ取りは決死のランジとなった。なんという濃ゆい内容の課題なのか…脱帽。

「目薬パチパチ V5」 ○
右手の浅いポケットというのがイマイチわからないが、それっぽいホールドを使ったところバンザイスタートに。
実質一手ものですかね~左手がパコンといいところに入って足切れなければOKってゆーシンプルな感じね。

「包帯少女 V2」 ×
とにかく切り株が邪魔過ぎて何もさせて貰えませんでした…
暗くなるまで粘ったんだが、敗退でございます。

ずっと雨続きで絶望的と思っていた週末だったが、諸兄のおかげで登ることが出来た。
決して良いコンディションではなかったが、やっぱり岩に触っていると元気がムクムクと出てきます。
「来週も登れると思うな!」とマサヲさんが言っていたが、その通りですね…
岩登りが出来る一日、目いっぱいトライできるようにガンバりますじゃい。

◆本日の一枚◆見事なムーブで離陸をこなすシモジマさん。かっこいいす!
20160925小川山

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。