これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年07月30日(土) 小川山クライミング

平素より大変お世話になっているフルカワさんより
「外でリードクライミングやりたいんじゃもん」とのお言葉を賜り、
この際タニエルさんも巻き込んでリードクライマーの育成にトライの巻。

●同行メンバー
フルカワさん、タニエルさん

「センター試験 5.8」 ○
前日はジムのローカルコンペに参加しアルコール&アドレナリン&ジェラスが絶妙に入り混じった結果、
一睡もできないまま出発する時間を迎えてしまった。事態を説明&謝罪して運転を免除して頂く…スミマセンorz

8時頃には駐車場に入ったかと思うが既にテント村が。すげー。
久しぶりのマラ岩アプローチで汗みどろになりつつ最初の課題にレッツトライ。

まずは自分がマスターでヌン掛けを行い、お二人の様子を見守ることに。
ジムでリードクライミングをバッチリ経験されているだけあって問題なし。

「卒業試験 5.10b」 ●
これ幸いと、早速マスターで登っていただくことに。
タニエルさんが必死にパンプと戦いながら見事オンサイト。根性がハンパない。
続いて自分が登ってヌンチャクを回収してフルカワさんにもマスターでやってみてもらう。
まれにみる開脚ムーブを披露しつつ、ばっちりフラッシュ。おぉ。
しかしこのルートは面白いやね。アップにも向いているんじゃないかな。

「屋根の上のタジヤン 5.9」 ○
お二人には「レギュラー」にトライしてみてもらった。
お決まりのホールド探しに苦戦されたようで惜しくもテンション。
次回こそRPと早くも闘志&投資をビンビンに燃やしていた。早い。

折角なのでスラブもやろうってことでこのルート。
1ピン目にかけられないとボッシュートという恐ろしさも手伝ってか、めっちゃ力む。
登れたから良いものの、足の裏がピクピクしてた。これだからスラブは…

「イレギュラー 5.10d」 ○
3年前くらいに敗退したルート。折角なのでやってみることに。
先にトライされていたかたの使っていたホールドを記憶していたので、
難しいとされる下部は難なく処理。ここからホールド探しでパンプパンプ。
もじもじと登り続けてどーにかRP。なんていうか。ホッとしたわw
お二人は流石にパンプが抜けないようだったが、きっちりトップアウト。

マスターでのトライを何度もやっていただき、経験値を積んで頂けたのではないかしら。
「ちょっとスパルタですよね?」と、憎悪を宿した目で睨まれたような…気のせいか。

◆本日の一枚◆「卒業試験」をエンジョイするフルカワさん。やっぱ小川山最高。
20160730小川山

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。