FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2016年05月14日(土) 小川山ボルダリング

サンマ軍団にお声掛け頂き、小川山へ。
ソロリソロリと、しかし確実に春シーズンに終わりが訪れつつあるが、
何か成果をもぎとりたい。ブリブリっとね。

●同行メンバー
タニエルさん、sgoさん、タカナッツェさん

5時45分に国立府中IC付近のパーキングにて合流し、中央高速をバビュンです。
タカナッツェさんにより、車内トークはオーバーヒート。
前日徹夜のsgoさんも含めて笑い転げているうちに廻り目平到着でした。

「ファルコダイレクト 二段」 ○
サンマ軍団の狙いが「ギガント」ってこともあり、これ幸いとトライすることに。
二手目まではかなり慣れてきたが、やはり三手目で体を落ちてしまう。左手出しはしっくり来るんだが。
何度かトライしているうちに「もしかして、足位置をもっと手前にしてみたら…」と思いたち、
やってみたら三手目の左手がついに止まった。しかしかかった指が二本だったため、耐え切れずフォール。

これはひょっとするとイケるんじゃないのかぃ…

はやる気持ちを抑えて15分程レストを入れたトライ。
今度はキッチリ三本かかった。体勢を整えようかと思ったが、このまま声を上げながらマッチへ。
右手も薄カチにキッチリ収まり、ぎゅうぎゅうと握りこみまくり。無事安定し、右へ飛び出しトップアウト。
トライを見守ってくれた皆さんの暖かい拍手&グータッチがすんごい嬉しかった。ありがとうございました。

「ギガント」初のトライとなるsgoさん、タカナッツェさんもかなり手応えを感じていた模様。
タニエルさんはラストトライで今日イチのキレたクライミングを披露して見事完登!おめでとうございます!

「雨月岩周辺 B岩 5番 9級」 ○
「雨月岩周辺 B岩 6番 3級」 ○
「雨月岩周辺 B岩 7番 2級」 ○
「雨月岩周辺 B岩 8番 7級」 ○
なんとな~く気になっていたエリアに侵入。
小ぶりな岩だけど、やってみた課題のうち3級と2級のラインが特に面白かった。

3級は逆足でエイっと飛び出すジムっぽいムーブ。
2級はイマイチなホールドをカラダで無理矢理抑え込むようなムーブ。
どんな課題も、やってみないと分からないもんだな~。

「忘却の河 二段」 ×
一日登ってヨレていた感じだったが、今までで一番カラダがスムーズに動いた印象。
フラッキング→マッチ後はカラダを左にしっかり入れることで足切れを防げるっぽい。
しかし2級パートへの接続の一手を出す余力を残すことが出来ない。
まぁほんの1ミリほど前進した気もするし、あまり固執せずに行こう。

「玄関岩 カンテ 4級」 ○
本日のワークアウト課題。結構難しいとのウワサだが…
出だしから、逆方向にカラダを伸ばしてホールドを取り、
リップ取りはどっかん。これが…4級…?

「玄関岩 マントル 4級」 ○
のっぺりとした面にいきなりヒールフックして、ぺちぺち叩きながら無理矢理マントル。
どこまで叩いてもハンドホールドは悪いまんま。純粋なマントル課題じゃんコレ…
完登まで数トライを要する有様。しかしコレは本当に良い課題。登竜門的な課題でも良いと思える程。

「玄関岩 スラブ 1級」 ×
ラインがよくわからないが協議の結果、クラックのアンダーを引っ張り上げてスタートすることに。
右側の顕著なホールドは別のラインだろうってことで、のぺっとしたところをビッタンビッタン叩きまくり。
叩けども叩けども効いてくれることはなく、無慈悲にも指皮のみ持っていかれるだけ…ド敗退でございます。

皆思い思いのワークアウト課題に打ち込み19時ごろ下山。
「ファルコダイレクト」完登により、実に7か月ぶりに限界グレードの課題を登ることができた。
今までの取り組み方が間違っていたのでは…と常々不安ではあったが、なんだか救われたような気分でした。

◆本日の一枚◆「ギガント」トライのタカナッツェさん。筋肉+コップ=ロボコップ。
20160514小川山

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。