これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年05月01日(日) 瑞牆ボルダリング

熊さんチームにお声掛け頂き、いざ瑞牆。
ゲートもついに開放され、最早待ったなし。
気になる課題を登って勢いをつけたいところだが果たして。

●同行メンバー
シマザキさん、ヨコタさん

6時頃に集合して調布ICから中央道をひた走り。
世間はGWで渋滞不可避かと思いきや、9時半頃には瑞牆入り出来ました。
駐車場はパンパンだったが、どーにかスペースを見つけて駐車。
突風に巻き上げられるテントを見上げつつアプローチをこなすのでありました。

「眠った風 初段」 ×
ムーブは前回組み立てた。落ち着いてトライすれば繋がる…ハズだった。
クロスで取る左手のカチピンチだが、リップに飛び出す際に保持しきれず抜けてしまう。
何度か飛び出すが、リップを叩くの精一杯でとても止まるような気配はない。
何より右にブッ飛んで取りに行くから、ともすれば谷に落ちてしまいかねない。

ここにきてムーブの再構築を断行。熊さんチーム&江戸川橋軍団の皆であーだこーだ。
そして導き出された結論は右手ガチャ持ちではなく手前のホールドをピンチっぽく持ち、
足上げてからの左手クロスと相成りまして候。

しかしこの右手が保持れない…こんな状態では諦めきれんのですじゃい。
っつーコトで居残りしてトライ継続でございます。
試行錯誤を繰り返した結果、右手ピンチは小指までしっかり入れて効かせること。
そして左足はホールドの上部を踏み、体を壁側にねじりながら左手クロスっつー動きで安定してきた。
最後は下の足ではなく、足マッチからの左足ガバ穴で飛び出すプランで。

ついにムーブ再構築も完了していざ繋げトライに臨むものの、リップ手前のカチ取りでフォール。
もはや全ムーブをこなすだけの余力が残っていないようだった…チキチー!!

「普通の日 初段」 ×
熊さんチームと合流して、ヨコタさんの「エレスアクベ」を応援。
すっかりローギアかと思いきや、トライ準備の段階でかなり集中している様子だった。
満を持しての一便目。スムーズに下部を越えて、あれよあれよと言う間に上部に到達。
慎重に高度を稼いでいき、ラストは渾身のデッドポイント。最高にシビれるクライミングでした!

んで本日のワークアウトってことでこの課題。
人もすっかりいなくなり、我等3名ぺちゃくちゃとおしゃべりしながらマシンガントライ。
結局核心ムーブが出来ないまま時間切れ。む~ん、出来そうで出来ないなコレ。

「美しき日 二段」 ×
触るだけだから。という気持ちでスタートしてみるとスイと浮き上がって手が出せる。
一手目が止まることはなかったが、昔感じた圧倒的な絶望感はなかった。
ほんのちょっとの進歩かも知れないけど、こーゆーのって嬉しいもんです。

どうせ渋滞だろうから19時ごろ下山して龍福でゆっくりと晩御飯。
このゆっくり作戦が上手くいったのか、GWにしてはカワイイ程度の渋滞でした。
次回…次回こそキッチリ登ってやるぞ~!

◆本日の一枚◆ちょっとお疲れのシマザキさん。圧倒的顔面。
20160501瑞牆

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。