FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2019年10月20日(日) 氷川屏風クライミング

台風の影響で各地の岩場でも深刻な影響を受けている模様。
日々SNSを徘徊して情報収集するも、僕が気になる課題を擁する岩場の情報は見当たらず。
これは偵察がてら確認に向かうしかありませんな。

●同行メンバー
タニエルさん、アダチさん、ツダさん

ホリデー快速に乗り込み、奥多摩駅で下車。
人家の隙間を縫うように坂道を上がって入山。
アプローチは太刀岡山をハードにしたような感じで汗ダクだけど通える範疇。
台風の影響も殆どない様子で基本的にはしっかりした道だったけど、
ビショ濡れのスラブをフィックスで上がったときは死ぬかと思った。
(しかも裏から回れるらしい…w)

「低脂肪 5.13b」 TR
以前より憧れていた課題だが、ついに挑戦してみることに。
終了点からロワーダウンでヌンチャクをセットし、そのお姿を拝見。
何の弱点も無いように見える美しいチャートの岩壁…そして強烈なボルト間隔。
これがいつか登れたら最高だろうな~…ウキウキしつつTRのままトライ開始。

出だしの数手は快適だが、間もなくエゲつない強度の核心がお迎えしてくれました。
ちょっと遠いガストンカチを頼みに体重移動し左手マッチなのだが、パワフルすぎる。
これが出来たとしても、強烈なショートピンチでスロット状のガストンカチを狙うなど。

マシンガントライの結果、最初の右手ガストンカチは真ん中あたりを狙い左足は最初から近い位置にセット。
左手で上側を狙ってクロス→右下のスロットカチを中継して上のガストンカチ取り。
というムーブが可能性ありそうなのだが、他にもいろいろ試してみたいところ。
…でも、あの強烈なショートピンチからガストンカチに出るのがカッコいいよね。

あっという間に指がポンコツになってしまい早々にトライ終了。
そんなんでもヘッデン下山となりましたが皆ケガなく何より。
しかし低脂肪は本当にカッコ良かった…!

◆本日の一枚◆アプローチで死にかける我々。一人ケロっとしているツダさんに圧倒的感謝。
20191020氷川屏風

スポンサーサイト



2019年10月09日(水) 太刀岡山クライミング

またもや台風の襲来により週末の天気予報が絶望的な様相。
やや強引ではあったが平日カードを捻じ込んでおいて正解だったか…
たっぷり残業したフリをして、ルートのムーブを反芻する社会人のクズですw

●同行メンバー
ハマノさん、ヒグチさん、タッキーさん

「カリスマ 5.13a」 〇
ハッピーバーボンでアップしつつロワーダウンでヌンチャクをセット。
ホールドをチェックすると、先週末と大差なく一安心。これなら狙えるだろうか。

1便目は5ピン目クリップ後のアンダー取りでフォール。引き付けが甘かったか。
しかしこの疲労感の薄さはどうしたことか。慣れとは恐ろしいものだ…
最終パートもガバポッケではなく、アンダー→おにぎりサイド→左手サイドでリップに変更。
フットホールドも両足とも薄い穴だとサイド取りが安定し、リップ取りはフリが良いことを確認。

お昼前に2便目。4ピン目までは疲労感をあまり感じずに到達してトラバース。
こちらも足切れせずに右手での穴取り。ここからのムーブはイメージ通りだった。
お日様を浴びて少々ヌメり気味のリップもしっかり止められてRPでした。

「ルートキラー 5.11c」 ×
出だしからのスラブパートに悪戦苦闘。
握りしめるだけ握りしめて、ようやくハング下に到達するころにはパンプしてまして。
なんというか…術中にハマってのワンテンみたいな。してやられましたw

諸般の事情で少々早上がり。渋滞もなくスムーズな帰路でございました。

◆本日の一枚◆眠れる力を隠すヒグチさん。開眼が恐ろしい…でも見てみたい。
20191009太刀岡山

2019年10月06日(日) 太刀岡山クライミング

今朝起きてみるとカッチカチになった肩回り。
こんなんでクライミング行くんですか僕は…
昨日持ち帰った中華を平らげ、懲りずに岩場へ参ります。

●同行メンバー
スズキさん

駐車場がまさかの満車。ダメもとで少し先のオートキャンプ場に相談してみると、
快くクルマを置かせて頂けることに。ご主人、いい人すぎる…!!
感謝の気持ちでポカポカしながらアプローチをぜぇぜぇこなすのでした。

「ハッピーバースデー 5.11a」 ◎
ご無沙汰なコンノ姉貴曰くカリスマをトライするクライマーのアップルートだとか。
勿論ボクは油断しない…バチバチに気合いを入れて離陸。

え~…3ピン目クリップしたら素直に凹角から出ましょうw
中間のバンド帯で大きくレストしてから小ハングへ。
大きな動きでガバを繋ぐのがミソのような。ムーブが気持ちよいルートですな。

「カリスマ 5.13a」 ×
本日は8名のクライマー諸兄が集まり大セツシヨン大会。
1便目が5ピン目まで繋がり、いきなりワンテントップアウトになってしまった。
これは…もしかすると…

2便目は6ピン目まで繋がりリップ下まで迫る。
しかしムーブを固めておらずアドリブを強いられるハメに。
粘りも虚しくのフォールでございました。

「パンクス・イン・ザ・ダーク 5.11cd」 ×
カリスマの合間にやってみようかと…それが大いなる過ち。
細かい足が全くもって信用できずド敗退をかます。
…とりあえず忘れよう。

急に可能性の出てきたカリスマですが、このルートはここからが長いようです。
最終のリップ取りで悲鳴を挙げるクライマー多数とのこと…
ムーブが抜けないうちに勝負仕掛けたいけどな~ボクもな~。

◆本日の一枚◆「カリスマ」トライのコンノ姉貴。お元気そうで何よりです。
20191006太刀岡山

2019年10月05日(土) 太刀岡山クライミング

秋シーズンの到来を予感させる心地よい涼しさな空気感。
いわゆる王道と呼ばれるルートで力試しをしたくなりました。

●同行メンバー
スズキさん

太刀岡山に初上陸です。片道3時間ぐらいのアプローチ20分ってところか。
駐車場が込み合うので早めの到着を心掛けたい。
アプローチは道がしっかりしているので歩きやすいけど僕には辛いw

「バーボンを片手に 5.10b」 ◎
まずはアップ定番というルート。
出だしのハングがいやらしい…いやらしくない?
ボルト位置もいやらしい…以降は終始快適で気持ちよい終了点へ。

「カリスマ 5.13a」 ×
本命の王道ルート。これが初13台というクライマーも多く、目標とされるルートな印象。
見た目にも顕著なホールドを追っていくラインでカッコよい。出だしの木登り?も印象的というか。

本日は3トライでしたが全然トップアウトもままならず悪戦苦闘。
特に4~5ピン目のトラバースが鬼門で、抜けきってから数手こなした
先のガバじゃないとクリップ出来ないという、秀逸なボルト間隔…!

居合わせたダーマスさんにムーブを教えてもらいながらの3トライ目にようやくトップアウト。
いや~…こんなの繋がるんでしょうか…

ヘッデン下山の最終退室でした。スズキさんに手配頂いた宿に凸してリフレッシュ。
中華を腹いっぱい詰め込んで慎ましく就寝。明日…なんとかしたいなぁ。

◆本日の一枚◆威風堂々の「カリスマ」。カッコいいですの~。
20191005太刀岡山

2019年09月28日(土) 会津田島クライミング

天気予報を睨めつけていると、今週末も会津田島は無事っぽい。
やや強引な見方だったかも知れないが、多少降られてたとしても…
先日敗退した件のルートに再挑戦でございます。

●同行メンバー
モリモトさん、オリガさん

「五合蕎麦 5.13a」 〇
アガタメモリアルルートの終了点の手前から五合蕎麦の終了点に向かい、
ロワーダウンでヌンチャクをセット。2ピン目と4ピン目は抜かりなく連結ヌンチャク。

緊張感をたっぷりと感じつつも本日の1便目。
心配していた下部のムーブは問題なくこなせて2ピン目のクリップも大丈夫。
そのまま3ピン目クリップまで到達して、残すは鉄仮面の核心パート。
ハング下からの右手出しだが、ホールドを捉え切れずフォール。

しかしなかなかに余裕があるように感じた。
緊張感も程よく抜けて本日2トライ目。下部のムーブはやはり問題ない。
散々苦労したクリップもパワフルではあるが落ち着いて行える。
鉄仮面の核心手前で少々レストを入れて、いざ鎌倉。

左手のホールディングは、親指がかかるところを確実に捉えている。
続く右手出しは狙いのホールドを捉えた。あとはそのままガバを繋いでトップアウト。
前回感じていた不可能感は一体…終わってみれば余力さえ感じつつのRPでした。

「遠い星 5.12c」 ×
出だしからリーチ全開でサイドホールドを狙うが、このサイドホールドがそんなに良くない。
なかなかどこまでいってもよろしくない…そうそうにヌンチャクを掴む有り様でして。
ハング越えも全然ムーブがわからず、とにかくパワフルすぎて全然可能性を感じない…
いや、これはきっと何かムーブがあるんだろうな~分からず仕舞いの敗退でした。
|memo|
ハング内で左ヒールがかかりそうに思うが試せていない

本日はモリモトさんがアガタをワンデイで登り、ついに12クライマーの仲間入り。
ずっと目指していた目標の達成に立ち会えて光栄の極み…本当におめでとうございました!
そんな幸せな気持ちのまま少々早上がりでした。

◆本日の一枚◆「アガタメモリアルルート」をRPするモリモトさん。ついに…!!!
20190928会津田島

2019年09月25日(水) 御岳ボルダリング

初めての人間ドックで胃カメラを捻じ込まれまして。
げぇーげぇぇーおえぇぇぇー。
…このまま一日を終えたくない気持ちに駆られるまま御岳へ。

●同行メンバー
なし

「彩雨 初段」 〇
目当てのピンチオーバーハングは下地が水没していたため、
トライ中のクライマー兄貴に混ぜて頂きやってみることに。

新しいトポの発表で周知された?課題のようで、リップ取りが核心かね。
カラダをピーンと突っ張る力と、イマイチな足を切らさないのが大切な課題という印象でした。

「モンキーポッケ 初段」 ×
クライマー兄貴にオススメ頂きまして、久しぶりにやってみることに。
離陸さえままならない課題だったけど、離陸から一手目のポケット取りに成功。
左ヒールを切らさないように維持出来れば可能性あるか…?

ものの数時間でクタクタになってしまい早々に終了。
やっぱり御岳ボルダリングはハードだわな~
でも以前から出来なかった課題が進展すると、本当にうれしいもんですね。

◆本日の一枚◆登れて嬉し彩雨。ありがとうございました。
20190925御岳

該当の記事は見つかりませんでした。