FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2017年を振り返って

今年も大変お世話になりました。
来年も何卒宜しくお願い致します。

【振り返り】
1月~4月までは毎週のようにボルダリングを満喫しておりました。
特に憧れの課題である「松風」を登れたことは印象的で、
高知ボルダーのポテンシャルには大いに刺激を受けました。

5月には兼ねてよりトライしていた「遥エゴイスト」にて下腿骨折を受傷し、
本当に様々な方々にご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。
怪我の原因も「登る前のマット確認忘れ」というのだから情けなさ過ぎます。
人生初の骨折、そしてクライミングが出来ないことでダークサイド気味でしたが、
多くのクライマー諸兄からの御見舞いには本当に励まして頂き、救われました。
私は本当に素敵な仲間達に囲まれている…感謝してもしきれません。

6月から松葉杖を片手に職場復帰すると管理者2名退職する為、
そのキャッチアップ要員としてアサインされてしまい、
毎日毎日痛む足を引きずりながら、まるで知らない業務と役割に振り回されて残業ばかりの日々でした。
(骨の癒合も思うように進まなかったのは高稼働のせいでは・・・)
この数カ月が一番キツかったかも知れません。

10月から「落下NG」という条件付きでクライミング再開の許しを得られました。
自宅付近にオートビレイ機を備えたジムでホールドを触ったときはこの上なく嬉しい気持ちでした。
程なくリードクライミングも始めるようになり、ロープの楽しさを再認識出来ました。

12月からは岩場でのロープクライミングを再開することが出来ました。
アプローチが容易でビレイ地点が比較的平坦であるような岩場…ということで
聖人岩に通い始めました。久しぶりの石灰岩に翻弄されつつも、
「岩登り」が出来ることの幸せを噛み締めるばかりでした。

【来年に向けて】
まずは何よりも足をしっかり治すことが最優先になるかと。
お医者様の見立てでは2018年11月頃に抜釘手術が出来るそうなので、
これに間に合う…むしろ前倒しできるように生活を見直していきます。

仕事が一層ダークな予感がしてなりませんが、通勤経路上のジムに通うなど、
少しの時間でも練習して、これ以上劣化しないように努めていきたいところです。

週末は死守し、なるべく岩場でロープクライミングを積極的に~と考えていますが、
お医者様と相談しつつ、ジムボルダーへの復帰も視野に入れていきたいです。
仲間達とセッションすることを目標に、細々とやって参ります。

どうか皆様が来年も怪我なくクライミングを満喫できる一年となりますように。

スポンサーサイト



2017年12月31日(日) 聖人岩クライミング

兎にも角にも仕事が終わりましたので、本年最終日にクライミングを。
天気予報は芳しくなく、最高気温も寂しい数字。
しかし長年の宿題を来年に持ち越すわけには。

●同行メンバー
ハマノさん

前回同様、7:00にピックアップして頂き下道でのんびり。
近い岩場は本当にありがたいものですな~9時前には駐車場に到着していたかと。
岩場に到着してみると、確かに寒いが極寒というわけでもなく、登れそうな感じ。
我々を含めて3パーティーの10名ほどで、終始和やかに過ごさせて頂きました。

「ティータイム 5.8」 ●
アップがてらだけど相変わらず登りにくくてモヤモヤ。ある意味手強いルートっすな。
ハマノさんもきっちりと一撃でお見事でした。

「梅ごのみ 5.10b」 ●
アップ&ハマノさんトライ用のヌン掛け。
決して簡単ではないことを、登るたびに確認する。

「黒山讃歌 5.11b」 ×〇
1トライ目
取りあえずヌン掛けで上部ポケットまでいくが、手の感覚がなくなりフォール。
最後の左足上げムーブを確認して掃除しつつロワーダウン。

2トライ目
4ピン目クリップまで問題なく到達してきっちりレスト。
RPを意識すると固くなるというか、力みを抜ききれない。
それでも最終パートのキョン→右手ポケットがしっくりと決まり、
左足上げからのムーブもヌルリと決まってようやくRP。
もっと早く気が付くべきだったが、素直に嬉しい。やったぜ。
取りあえず「下の岩を使わない」、「最後は右に逃げない」という限定に従っておきました。

「ルミちゃんは気が早い 5.11a」 ×〇
1トライ目
ちゃんとオブザベしたつもりだったけど、本当に「つもり」でしかなく2ピン目に到達することもなく無様にフォール。
ぶら下がると見えてくるホールド達…君たち、隠れてたわけじゃないよね?

2トライ目
先ほどのトライで作ったムーブをなぞってRP。
2ピン目ちょい下から3ピン目までが楽しい箇所だったかと。
ガストンカチでの足上げと、カチホールドと微妙な足で我慢してのガバ取り。
やっぱり足って大切だな。

「モモンガキッド 5.11b」 ××〇
1トライ目
三部作を仕上げるべく、ヌンチャクをお借りしてトライしてみることに。
さーてこのクラックのガバを…?!?!
ガバじゃ…ない…

2トライ目
下部核心のルートであることを確認。出だしの嘘ガバ地帯はレイバック気味に踏ん張って左手アンダー取り。
2ピン目クリップ後は粒足を頼りに変なバランスで左手カチ→右足でキョンを入れて右手角ガバ取りだが、
左足が今にも吹き飛びそうでとにかく怖い。「右の薄いクラックを使え」という助言も頂いたが、
全然指の入らないフラットホールドが続いてるだけにしか感じられず、使用不可。
それでも下部を抜けて、あとはガバの処理だけだ~と思いきや、ガバに見えた左手はピンチでしたとさ。

3トライ目
日暮れ間際の最終トライ。最下部はとにかくパワーで押し切り、後は粒ホールドを左足で踏み抜くのみ。
キョンからの角ガバ取りも成功してしっかりレスト。左手ピンチは足を上げて効かすのがポイントだった。
ここからは待ちに待ったガバ地帯!ワッショイワッショイと抜けてRP。やったぜ。

薄暗くなった聖人岩を最終退室。ハマノさんも着実にムーブを組み立てていていい感じに。
のんびりと帰路。本日もお付き合い頂きありがとうございました。
長年の宿題を終わらせて2017年のクライミングは終了。やっぱりクライミングが好き。

◆本日の一枚◆本日集まったクライマー諸兄。和やかな雰囲気に感謝。
20171231聖人岩

2017年12月23日(土) 聖人岩クライミング

骨折を機会に通い始めたロープジムの仲間達と、先週に引き続き聖人岩へ。
僕も先週トライした黒山讃歌が気になっていたので有難し。
仲間達のモチベは天を突く勢いでタジタジだが果たして。

●同行メンバー
チワさん、イグチさん、モリモトさん

先週がワリと寒かったこともあり、ちょっと心配したが終日ポカポカ陽気で気持ちよく過ごせた。
東村山の常連さんや、以前湯河原でご一緒したウエノさんとも再会できて嬉しい感じ。
よぅし、これは今日のクライミングをガンバらねばっ!

「ティータイム 5.8」 ●
石灰岩デビューのお二人に楽しんで頂くために慎んでヌン掛け。
足のつるつるっぷりをご堪能しつつキッチリと登って頂けて何より。

「コーヒータイム 5.10b」 ●
アップ2本目といったところですかね。
ほとんどティータイムと同じくらいに感じるが、上部がちょびっと難しい?
お二人の、苦戦しつつも楽しんでいる笑顔が眩しいっす。

「おっとりマミちゃん 5.9」 ●
新しいトポ?でグレードが見直されたというルート。
ちゃんと足に立つってことを意識すれば、ハンドホールドはやっぱり良いものばかり。
しかし、結構カタカタするホールドがあるので、上部は特に慎重に。

「黒山讃歌 5.11b」 ××××
1トライ目
ちょいとホールドがヌメるようで下部からお話にならず、テン山。
上部のムーブは修正してきたポケット→左手サイド→右手ゴールでOKっぽいことを確認。
また、1ピン目掛けたあとは、左足を上げてキョンを入れるとガチャガチャしたカチをスムーズに取れて、
そこからの動きをリズム良くこなせるような感じになった。

2トライ目
ポケット取りで指が入らずにフォール。
5ピン目のクリップ体勢がキツイので、下のホールドから掛けるようにして省エネに成功。
次のトライが勝負か。

3トライ目
ゴール落ち。単なる根性不足と判断して次に備える(バカかお前は)
5ピン目掛けた後は左手取り→右足上げ→同じ高さの左足を踏んでキョンとすると、
ポケットをスタ気味に狙えることを確認。

4トライ目
ゴール落ち。これは何かが間違っているような違和感が今更。
ポケットを取った後、左足を股下ぐらいになる大きなホールドを踏んでいるのだが、
これのせいで窮屈なフラッキング体勢からのデッドになってしまうのではないか?
左足を大きく外に出すムーブを出してみよう。
モリモトさん、散々ビレイして頂きありがとうございましたorz

「梅ごのみ 5.10b」 ●
回収便。相変わらず上部がリーチ頼みのため、仲間達の参考にならず。すんません。

先週よりも右足は気にならないような印象だが、浮石や段差には常に慎重に。
案内のはずが結局放置してしまった仲間達も、楽しんで頂けたようで何より。
黒山讃歌は登れず無念だが、やっぱりクライミング楽しいっすわ。よしよし。

◆本日の一枚◆本日の仲間達。ナイスガイズ!
20171223聖人岩

2017年12月17日(日) 聖人岩クライミング

右下腿骨折の手術から約7カ月。
脛骨60~70%、腓骨20~30%程度の回復具合ではあるが、ジムではそれなりに練習できるように。
ついに私は岩への疼きを抑えられなくなりまして。

●同行メンバー
ハマノさん

とは言えポンコツですのでアプローチのしやすさを最優先に検討したところ、4年前に訪れた「聖人岩」が候補にあがった。
トレッキングポールを携えて突撃を試みたところ、流石に無痛とはいかないがほぼ問題なく岩場に到着。
しかし油断禁物。登ること自体にも十分気を付けないといけないが、
ビレイ時やちょっとした移動でも段差など、気を付けなければ。

「ウォームアップ 5.10c」 ×
久しぶりの岩なので慎重に、慎重に…
2ピン目をかけたところで左足がツルツルツルツル。
「あ~なんかイヤな感じ」とか考えていた瞬間にフォール。
全く、なんという無様…ホールド&ムーブ探しをしてフォール箇所を突破。
そのまま終了点まで到達したが、想像以上の劣化ぶりに不安を隠せない。

「梅ごのみ 5.10b」 ×
とにかく慎重に、慎重に…
と思いきや1ピン目下で四苦八苦&青息吐息。
3ピン目クリップ後のムーブがわからずフォール。
結局リーチ頼みの強引なムーブで突破したが、この劣化ぶりに思わず絶望。

「黒山讃歌 5.11b」 ×
いっそ開き直って、4年前当時に登れなかったルートに着手。
もう大人しくテンション、テンションの各駅停車でホールドを嘗め回す始末。
思う存分触ったせいか、なんだかちょっと感覚が良いような…?

「ウォームアップ 5.10c」 〇
回収便だが、先ほど作ったムーブが上手くいってRP。
なんというか、ホッとしたの一言に尽きる。。。とほほ。

「梅ごのみ 5.10b」 ●
こちらもパートナー様のTRセットを兼ねてトライし、ノーテンで終了点まで。
記録を見ると、当時FLとある。思い出を汚してしまった…まぁいいか。

「黒山讃歌 5.11b」 ×
すこしずつ日も傾いてたので、最終便。
意外とカラダが動き、5ピン目まで到達したもののクリップ体勢を作れずフォール。
どうしたものかと思案していたところ、右側に凄いガバを発見。
おいおい今更かよ…何というか、情けない気持ちになりつつ回収。

クライミングは散々だったけど、久しぶりの岩場は本当に気持ちよかった。
まだまだ怪我人であることを自覚して、無理せず少しずつ慣れていきたい。
んでもって、もうちょっと登れるようになりたい。やっぱ岩サイコー。
こんなポンコツにお付き合い頂いたパートナー様には只感謝あるのみ。

◆本日の一枚◆聖人岩。コンゴトモヨロシク…
20171217聖人岩

該当の記事は見つかりませんでした。