FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2016年06月20日(月) 神居古潭ボルダリング

ついに迎えた最終日。早朝はめちゃ雨だったが、しばらくすると晴れてきた?
とにかく神居古潭に行くっきゃないのです。

●同行メンバー
マムシ、じっちゃん

駐車場に到着したと思ったら雨がパラパラ。
どーゆーことよコレ。嫌われたモンだ。

「ターボチャージド 7a(1級)」 ×
一手目のカチ取りがとにかく悪い。何度練習しても止まらず。
そこを出来たとしても、次の左手アンダー寄せも強度激しめでキツい。
休み休みトライを重ねたが、結局一手目を止めることは出来なかった…無念orz

だんだん雨も激しくなってきたので、残念ながら終了。
風呂→ラーメンとのんびり過ごしていると結構いい時間に。
天気だけが残念だったが、それ以外は快適に過ごせたな~お付き合い頂いた仲間に感謝!

◆本日の一枚◆マムシ&マムシ。
20160620北海道

スポンサーサイト



2016年06月19日(日) 神居古潭ボルダリング

2日目は朝からガッツリと雨が降りまくりクライミングを断念。
昼前には曇りに変わったので旭山動物園で動物達を愛でたのち、寿司&ビールで昇天。
そして3日目、ようやく晴れたくれたので本来の目的を果たすべく神居古潭へヨーソロー。

●同行メンバー
マムシ、じっちゃん

駐車場からのアプローチはとてもわかりやすく、迷わずに岩場到着。
しかし2日間降り続いた雨の影響は大きく、垂壁などはビショビショ。
唯一登れそうな「ゲンジコモロ岩」を中心にクライミングスタート。

「AKR 6c(2級)」 ○
強傾斜にガバ穴が空いており、これをマッチして離陸。
離陸からフルパワーなうえに次のホールドが悪い…

試行錯誤を繰り返し、フレア気味の縦ホールドの隣にある薄いカチを使うことに。
これで体を固めて左手をアンダーに寄せてって強度がたけぇぇぇ!

たぶん登れるまで20回くらいトライしたと思う。神居古潭おそるべし。

「真性方型周溝墓 6c+(1級)」 ○
ガバカチで離陸して頭上のポケットを取るのに大苦戦。
あんなフットホールドやら、こんなムーブを試してみるもシックリこない。

そんな状況を打破したのはマムシ。彼が発見したホールドにヒールがグリリとハマり、
スタティィィックにポケットを取ることが出来た。以降何度かトライして無事完登。

「モンキーフェイス 7a(1級)」 ×
梁山泊を覗いてみると、なんとな~く登れそうな雰囲気?
我らがレジェンドによる課題をトライするべく、総攻撃開始。

外傾カチと高い位置のガストンで離陸…そして足が悪いのなんの。
練習するうちにどーにか離陸出来てきたが、一手目のカチ取りが全然ダァメ。
ホールドが濡れているから…ってコトにしておきたいw

「ガンボルト 6b+~7a(2級~1級)」 ×
離陸~一手目のデッドが難しい、いかにもボルダーな課題。
ポンポンデッドを繰り出すものの、どーにも止まらず。
フットホールドの踏み心地がとにかく悪い。しつこく連打したものの、空しく敗退orz

夕方までガッチリとエンジョイして帰路。
今夜もジンギスカンとビールで気分ヨシ。

◆本日の一枚◆岩と同化するじっちゃん。珍しく爽やか。
20160619北海道

2016年06月17日(金) 赤岩青巌峡ボルダリング

「北海道いかない?」とマムシからお誘いを受ける。
夏季休暇の丁度よいアテが出来たと、即OK。
じっちゃんも強引に誘って男三人、北の大地で試されるゾ。

●同行メンバー
マムシ、じっちゃん

地元を出発したのは午前3時。6:45発はやり過ぎたのか…
保安検査でじっちゃんが引っ掛かり、ズボンを下されていたコト以外はすべて順調。
…かに思えたのだが、事前の天気予報の通り、北海道は全域で雨だった。

「ギャオス 1級」 ×
わずかな望みにかけて、どっかぶりで有名な赤岩青巌峡へ。
しょうしょうシケっぽいが登れそうだ。マットを敷いていそいそとトライ。

え~この逆ハの字からスタートしてっと…ん?!なんだコレ、めっちゃ悪い。
ケツさえ持ち上がらないってどーゆーコトじゃい。
続くマムシ、じっちゃんも同様の感触に戸惑う一同。

どーにかケツが持ち上がろうかってところだが、
次の一手を出そうとすると、足が抜けてフォール。
どうやらフットホールドが濡れている模様。ダメだこりゃ。

いよいよ土砂降りの様相を呈してきたので敗退。
不穏な立ち上がりとなった初日だが、果たして。
それでもジンギスカンとビールがあればOKじゃん。

◆本日の一枚◆「ギャオス」をトライするマムシ&じっちゃん。難しかったね。
20160617北海道

2016年06月11日(土) 御岳ボルダリング

今日も元気に朝御岳。

●同行メンバー
マムシ、じっちゃん

7時前には寒山寺駐車場に滑り込んでロッキーボルダーに一直線。
今日も独り占めかと思いきや、すでに先客が。気合い入ってますな。

「エゴイスト 初段」 ×
スローパーを狙いすましてペッチンペッチン。
たまにブラッシングしてはペッチンペッチン。
これはイカン。全然止まりませんぜ。

壁際にかかるところがあるとのことだが、
おそらくそこを捉え切れていないのだろう。
三時間ほど攻め立てたが、甲斐なく敗退。

右手をしっかり握りこむことを意識すれば、もうちょっと距離出せそうかな。
ちょっと暑かったけど、ほとんど快適にトライできる。近い岩場ってステキ。

◆本日の一枚◆「エゴイスト」をトライするじっちゃん。ちょんわー。
20160611御岳

2016年06月04日(土) 瑞牆ボルダリング

「むさしさん!岩、行きませんか?!」
王子からのお誘い。天気もどうやら良さそうだ。
まさかのセカンドチャンス到来。うぉぉぉ!

●同行メンバー
マムシ、王子

駐車場に到着すると見たことのあるクルマが。親分と先生だ。
そして後部座席にどっかと座るのはトスコ兄貴。あれ、指パキってましたよね?
先生から激励のお言葉を頂戴。これは…登らなければっ!

「ティンバーヤード 初段」 ×
夕方4時までは温存する作戦。王子のトライに便乗して3トライだけ。
しっかし、なんとまぁ贅沢なラインの課題であろうか。
出だしから立体的なテクいムーブをこなした後は冷静な処理が求められる。
これは是非とも登りたい一本ですな。
|memo|
右足は下のホールドを縦向きに踏み、ずらさない。左ヒールで引っ張りすぎるとカラダが流れてしまう。
あくまで右足と左手でカラダを下に安定させた状態からの右手出し。

「眠った風 初段」 ○
マムシを様々な課題に案内して、自分もテキトーにお触りしていたがずっと曇り空だ。
夕方になると湿気てしまうかも知れない…予定よりも早めにトライすることに。

岩の状態は大丈夫。十分に勝負できる感じだ。2トライ目で最終カチの保持まで成功した。
十分に間隔を置きながらトライすること4便目。最終カチ取りの足切れも最小限に抑えることが出来、
落ち着いてヒールをかけることが出来た。その後は夢中でトップアウト。とにかく肩の荷が降りた…

「マントルデスクライト 2級」 ○
レフトで光速敗退からのトライ。ムーブ&ホールドの効かせ方がわかるとスイと登れる。
分からないとハマる。文句なしの良い課題ですぜ。

「草笛 1級」 ○
スタートを教えてもらったのでトライ開始。
左手の薄いカチと右手カンテ。下地がイマイチでちょっと怖いけど、
右手が効いてくると、飛び出す勇気がムクムクと。
ひょいと左手を出すとホールドを捉えてそのままトップアウト。

「ともこ 初段」 ○
スタンドでスタートってことで、いいホールドを求めていると左手が良いカチを捉えた。
そのスタートで試行錯誤すること数トライで登れたんだが…まぁ、とりあえずこれでいいか。

「千里眼」の悪さを確認して下山。
付き合ってくれたマムシ、王子に感謝です。
これからのトレーニングシーズンに闘志を燃やす王子。自分もガンバります!

◆本日の一枚◆「ガリガリ君」をトライするマムシ。岩、ガンガン行こう!
20160604瑞牆

2016年05月29日(日) 瑞牆ボルダリング

おそらく今シーズン最後の瑞牆。
今日こそ拗らせまくっている宿題にケリをつけたい。
いや…つける!

●同行メンバー
フルカワさん、ヨコタさん

「眠った風 初段」 ×
相変わらずの早朝出社で瑞牆駐車場入り。先住岩へまっしぐら。
岩の状態は…いい!バリバリじゃないか。よぉぉぉ~っし。

…あ、あれ。ピンチ全然持てない。何故だ…フリクションはブリンブリンだってゆーのに。
確かに昨日、エゴイスト敗退からのジムでナガ物を執拗にトライして楽しんだのは事実だが…まさかね。

結局ピンチからのクロスが決まらないっつー有様。
そうこうしているうちにチャンスタイム終了のお知らせ。こーなりゃ不貞寝だチクショー!

「カラクリ 初段」 ●
こちらはフルカワさんの狙う課題で、自分も久しぶりにやってみようと。
ヨコタさんが軽やかに2撃するのを見届けてトライ開始。
もう5トライはしただろうか。普通に登れないぞ…なんなのだコレは。

ヨコタさんから向けられる憐憫の眼差しから逃げるようにトライを重ねる。
あぁ…自分はいったいなにをしているのだろう。猛烈なトライのすえ、どうにか再登に成功。トホホ。

「算術 1級」 ×
難しい1級としてよく聞くこの課題。なんとなくやってみたかったので来てみることに。
左手がガバで右手が変な向きのカチポッケ?を抑えて…って遠いな~コレ。傾斜も相当ありそうだ。

試行錯誤して右手はポケットごとカチ持ちって感じでアンダー向きに保持して、
右足も棚状に置いて発射するのが一番良さそうな雰囲気って検討をつけたところで体が悲鳴を上げた。
とりあえず抜けパートだけ練習しておいて退散でございます。

結局、宿題の「眠った風」は持ち越しとなってしまった。
ぐぉ~こんな終わり方って…悔しすぎるだろorz
(いや、自分のせいですね…弱い)

◆本日の一枚◆「カラクリ」をトライするフルカワさん。またお付き合い下さい!
20160529瑞牆

2016年05月28日(土) 御岳ボルダリング

久しぶりの朝御岳。
といっても朝寝坊して自宅を出たのは9:00という有様。
10:30頃からトライ開始っつーダレ気味クライミング。

●同行メンバー
なし

「エゴイスト 初段」 ×
いつもの駐車場についてみるとそこまで暑さを感じることはなく、十分トライできそうな雰囲気。
ロッキーボルダーに到着してみると他のクライマーさんは一人いらっしゃったが、
裏面にある課題に単身立ち向かっておられた。

自分もエゴイストに集中しなければ。最初の数トライは1手目の保持感が出てこずポテポテ落ちる有様。
う~ん…どうやらなんとな~くカチるんじゃ、持てない様子。思いっきり握りしめることに。
だんだんと三手目のスローパー取りのムーブが起こせるようになってきたが、左手指がじんじん。
そーいや思いっきり握りしめるなんて、久しくやっていなかったかもしれないなぁ…

しかしこのスローパー取り、出せる距離感で落下地点がズレるのか、ことごとくマット外に落ちまくり。
3回連続でカカトがビィーンってなってメンタル負け。ふん、今日はこれくらいにしておいてやる。
|memo|
左手カチは思いっきり。右足は二手目取りをしやすい踏み方のまま、飛び出すのが良いような感じ。

◆本日の一枚◆ロッキーボルダーに鎮座まします「エゴイスト」先輩。今後ともよろしくお願いします!
20160528御岳

2016年05月22日(日) 瑞牆ボルダリング

単身御岳にでも行こうかな~と思っていたところだが、
ヨコタさんにお声掛け頂き、瑞牆へ。
気になっている課題にトライするチャンス…なんとかモノにしたいぃ。

●同行メンバー
ヨコタさん

4時45分頃にピックアップして頂き、中央高速をバビュンです。
特段急いだワケではなかったが、やたらめったら早く到着。
日差しは強烈だったが、空気はヒンヤリ。これはワンチャンあるで…

「眠った風 初段」 ×
えっちらおっちらアプローチを乗り越えて、まずはホールドの確認。
岩はなんとなくヒンヤリとしておりガビガビ。この季節でも早朝なら十分勝負できそうだ。

相変わらずピンチからのクロスムーブに苦しみながらもトライを重ねて
ついにポケットからのデッドムーブを出せるまでに。だがしかし。
絶妙な塩梅のカチホールドが止められませぇん。
いっそすぐ上にあるガバを狙おうかと思うけど…これがいざ飛び出そうってところから見上げると
物凄く遠く感じるんだな。手前のカチを狙うのが精いっぱい。

結局これ以降の進展はなく、本日も無事に敗退でございましたとさ。

「美しき日 二段」 ×
昼寝を満喫してからのんびりと移動してトライ開始。トライってか修行?
離陸して手を出すんだが、ホールドに触れる寸前ぐらいに足が抜ける。
右手の保持が決定的に不足していることを改めて確認したところでorz

「普通の日 初段」 ×
やれどもやれども一向に可能性が見えてこないが、挫けずにトライするのであります。
相変わらず左ヒールが抜けまくり。見かねたヨコタさんから耳よりなアドバイスを賜る。

内側のヒールを思いきり押し付けるように当てて、「スメア」するイメージってのと、
右足はとにかくスメアを当ててちょっとでも稼ぐってところ。

確かになんとなく雰囲気が出てきた!これなら…ってやっぱり甘くない。削られまくって試合終了。
しかし、今回でやり方は把握できた。精進しがいがあるってコトで。

◆本日の一枚◆「眠った風」付近で昼寝しながら。ここは絶好の昼寝ポイントですぜ。
20160522瑞牆

該当の記事は見つかりませんでした。