FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2016年03月20日(日) 恵那ボルダリング

恵那の里エリアが公開され、トポは購入したものの行く機会に恵まれなかったが
サンマ軍団の里エリア合宿に同行させていただけることに。
約3年前に初めて恵那を訪れたときの雪辱を思い出し、フツフツとやる気を滾らせるのだが果たして。

●同行メンバー
ヨコサン、タニエルさん、sgoさん、アオキックスさん、ナンボックー

5時に調布IC付近のパーキングにてクルマを一台にまとめて中央道を快走。
駒ケ岳SAで朝食を済ませて恵那ICを滑り降り、9時頃に里エリアに到着。
体感では豊田よりも近く感じた。辛抱溜まらず岩へまっしぐら。

「おぼろげ 3級」 ○
ほぼ一手もの。離陸がいやらしく数トライかかった。

「うたたね 3/4級」 ○
同じく一手もの。気持ちよくデッドが決まると気分ヨシ。

「うたたね 5級」 ×
一手目のガバを取ったら体が回転してフォール。何をやっているんだか…

「ヒラリ 4級」 ○
傾斜を食らいつつ左手は微妙なピンチ。ここからガバカチ取りになりそうだが、
このガバカチ取りのムーブがわからず少々ハマる。
強い人がパワームーブで解決しているのを目撃し、パクったらすぐ出来た。がっくし。

「ハネ 3級」 ○
傾斜を食らいつつ左へトラバースして凹角状でマントリングっつー面白そうな。
アレコレと悩んだが、ヒールフックするとトラバースパートを解決できそう。
凹角はひたすら我慢して体勢をちょっとずつ整えて手を返すハメに。これも苦労したな。

「ほたて 3級」 ○
一手もの。体を落として効かせるのがポイントだったかな。

「ネブラ 二段」 ×
背伸びしてトライしてみると、中間部のホールドが何と悪いことか。
このホールドを保持して見るからに薄いカチをとり、ランジかぃ。
ランジどころか、この薄カチ取りすら出来ず光の速さで敗退でございますorz

「茶豆 4級」 ○
薄い層が斜めに折り重なったような形状にポツポツと良いホールドがあり、これを繋ぐライン。
核心は下部だが、上部も緊張感があり面白い課題だった。

「皇帝ペンギン 初段」 ×
タニエルさんがザックの中でジュースをブチまけたり、
ヨコサンのパンツに穴が空いたりっつーハプニングのあいまにトライ。
パワフルなトラバースをこなしてシビアな足に耐えてデッドっつー盛りだくさんなライン。
しかしこのトラバースパートにハマり、何となく手が進むものの安定したトライにならない。
しつこく打ち込むものの、核心手前が関の山っつーね…あぁ情けなしorz

「コケット 3級」 ○
出だしがパワフルで中間部からマントルまでテクニカルな感じの課題。
ホールド探しや手順なども考えつつ登ったせいか、充実感が。

「ビーブッダ 4級」 ○
sgoさん推薦課題。「ムサシなら当然一撃だよね」っつーメダパニ的な呪文に惑わされ?
いくら思案しても全然ムーブが出てこない…挙句の果てにパワームーブで押し切ろうとしてフォール…
おそるべしオンサイトハラスメント。メダパニの解けた2便目で登りました。

「スギョイ 3級」 ○
スタートホールド悪いじゃん。一手目ってこのカチ?次…遠っ!何でこれが3級?
と思わず混乱してしまいそうだが、冷静になりトライするものの当然のように一手目が取れずに落下。
なんつーパワフルな。実質2手だが2手が遠く足も深い。こりゃ短期決戦で臨まなくては。
しっかりムーブを考えて渾身のトライ。2手目取りでは思わず声が出てしまったw

「山栗 3級」 ×
トラバースして8級のラインに繋ぐんだが、どーゆーワケかこの8級ラインが登れない。
何度やっても登れない。ムキになり連打するものの、指皮が裂けて出血敗退っつー最悪の結果orz

「発狂きのこ 4級」 ○
スラブなんだが、出だしの足が深いのでちょいとやっかい。
やり直す余力&気力がなかったので、めちゃくちゃカチ持ちして強引に一撃。ぐえぇ。

3年ぶりの恵那は甘くなかった。むしろ辛かった。
しかしどの課題も大きなムーブでとても楽しい。ステキなエリアですぜ。
焼肉屋さんでつつましく宴会を行い、明日のエネルギーを溜め込む我々でございました。

◆本日の一枚◆記帳を済ますナンボックー。いわゆるジャミラ状態。
20160320恵那

スポンサーサイト



2016年03月12日(土) 某所ボルダリング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2016年03月05日(土) 豊田ボルダリング

先週に引き続きサンマ軍団の豊田ボルダリングに同行させていただけることに。
早朝出発の為、金曜日はギア一式および着替えをカバンにギューギュー詰めに出勤して
タニエル邸にお邪魔させて頂きました。焼き鳥とビールとクライミングDVDは三種の神器です。

●同行メンバー
タニエルさん、ヨコサン、フルカワさん

5時にタニエルさんと私をピックアップして頂き、5時15分頃にフルカワさんをピックアップ。
途中休憩を挟みつつ、第二東名を突っ走り9時過ぎには豊田は大給城址に到着。
すっかり春の陽気でリスやヒヨドリなどを見かけてはホッコリしつつクライミング開始なのです。

「吹き流し b」 ●
ウォームアップ。相変わらずやりづらいのぅ。

「ノスリ e」 ×
タニエルさん、フルカワさんの「ポールポジション」トライの傍らで無謀にも。
まずこのスタート体勢がね~もう理解できんです。ホールドってどれですかね?
やっぱり無謀であることを確認して早々に敗退。どうもすみませんでしたorz

「孫の手 b」 ○
「ノスリ」のショックを引きずったまま、やけくそ気味にトライ開始。
トポを見ると「カチカチと爽快な登りが楽しめる」とあるが、
顔を真っ赤にしてカチを握りしめ、祈るような気持ちでフットホールドを踏みつけていた。
「爽快」?ふざけろw
フルカワさんの爽快な完登を見せて頂き、良いイメージのまま自分も続いて完登。ぐはぁ。

「ドラエモン c」 ○
ヨコサンがソロ活動している東面エリアにお邪魔してトライ。
大きなホールドが続くジムっぽい課題で気持ちよく登れる。

「鼎 e」 ○
今回アタリをつけていた「肝っ玉」や「トンボ」はイマイチな感じだったので水の手曲輪エリアへ探索へ。
「鼎って課題が面白いよ~」と知人クライマーから聞いた覚えがあったので、まずは見てみることに。

ほぼ垂壁だが中間部から迫り出しており、小川山の林道岩のように二段状となっている。
そしてこれまた都合良くタテカチ、アンダー、大きめのジブスが散りばめられているではないか。
潔いストレートアップしびれるわ~フルカワさんと二人、テンション高めにトライ開始です。

2トライ目で早々に下部のタテカチ&アンダーゾーンを攻略して中間部のガバと思われるホールドへ。
バシィっと叩いてみると、ガバじゃねぇ~~~~どすん。

裏から上がってリップの形状や嘘ガバホールドを確認したところ、左端がガバだった。こりゃ失礼。
そっから数トライするものの、どうしても左手を出す体勢になれず右手で悪いところを叩くばかり。
ぐぬぬと唸っているとフルカワさんがスイと左手を出してガバをキャッチしてリップ取りへ。
惜しくもリップを捉えることは出来なかったが、こりゃ~一体何がどーなってんだい?

どうやらフルカワさんが使っているフットホールドと自分が使っているフットホールドが違ったようで。
自分の足では高すぎて左手で固め続ける必要が出てしまうようだ。よぅし、パクろう。

たぶん6トライ目。序盤の足置きがちょっと雑になってしまい力んでしまったが
アンダー飛ばし→踏み替え→左手タテまで成功。ここからフルカワさんフットを拝借してっと…
フワリと左手が取れた~そんで右手も取れた~。しかしこっから急に足が悪くなる。
あまり足の掻き込みすぎず、手を出しやすい体勢作りを意識して左手リップ取り。
足上げに手こずるものの、良いフットホールドが目に飛び込んできて右手もリップへ。
イマイチなリップなので手の位置はそのままでプッシュし、足を上げてトップアウト。

結構高さもあって下地もちょい微妙なので緊張感たっぷり。
でもこれめっちゃいい課題だ~前評判は伊達じゃない。
その直後にフルカワさんもシュパパっと完登!

こんないい課題をセッションしながら解析して登れるとは、これほど嬉しいことはない…
しかも都合よくワンツーフィニッシュ。おかげさまで大変気持ちよいクライミングが出来た!

その後はヨコサン主催の「岩トレ」タイム。
「栄蔵 c」「伯楽の一顧 c」「鼈甲飴 c」「ため息 d」を立て続けに登ってキッチリと仕上げる。

日が傾いたころに下山。休憩を挟みつつ東名高速をひた走り。
確か18時ごろに高速に乗って、大森についたのが22時前だったか。マジで小川山と変わらんな~。
しかしそろそろヌメリ始めてきている…少し寂しいが、小川山&瑞牆のシーズンが目前DA!

◆本日の一枚◆「鼈甲飴」を登りきり西日を浴びるタニエルさん。ナイス!
20160305豊田

該当の記事は見つかりませんでした。