FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2015年12月26日(土) 豊田ボルダリング

名古屋へ出張というフルカワさんと豊田市駅で待ち合わせ、いざ古美山。
(マットや靴などは事前に預かっておいた。こんなことも出来るんだな。)

●同行メンバー
フルカワさん

前夜発でSAで仮眠して9時頃に豊田市駅到着。
夜中2:30頃に騒音で目覚めてしまったせいか眠気がヒドい。。。
無事に合流できたところからテンションMAXで、コンビニにも寄らずに突撃してしまいましたorz

「のみ上がり a」 ○
これが「a」っすか。手も足も悪い。いくら傾斜がないとはいえ…
上部の処理は結構本気。アップのつもりがしっかり握りこんでましたw

「リーチ b」 ○
良さそうなホールドがストレートに続いている好課題。
気持ちよくガバとカチを繋いで思わず笑顔になってしまったw

「一難さって d」 ○
古美山リーチロックを代表する課題だそうで。トライしようとした矢先、ピンク夫妻が現れた。
何でも年末年始は東海を拠点にクライミング三昧とのこと。ウラヤマス。
ピンク妻の指導の甲斐あってか、3トライ目で無事完登。
何もないと思われた左手だが、微妙にカチれるシワに気づけるかがポイント?

「文明開化 e」 ×
本日のお目当て。地元クライマーの方にまじってトライ開始。
レイバックや左カチを使ったり、足順も人それぞれ色々とムーブがあるようで。
フルパワーのレイバックが後半の処理がやりやすそうに思えたが、そもそもレイバックで一手目が取れないw
なので左カチを使い、右手ガストン→左足ハイステップして左手うすカチ~と企んでいたところ、足抜けまくり。

左手うすカチを握ったまま足が抜けて、人差し指をパックリやってしまった…
クライミング初めて1時間少々ですぜ…とりあえず止血してテーピングぐるぐる巻き。
再開するものの、痛すぎてホールドに触れていられない。
人差し指抜きでは出来ることも出来ず、イメージを悪くして敗退。完敗でしたorz

「スラバーユ a」 ○
気分転換に。と思ったけど、この右手で持つマユ毛ホールドが全然フリクションなくてビックリ。
正直に申し上げますと、一度落ちました。このマユ毛、くせもの。

「パンのカンテ c」 ○
中間部がスローピーだけど、手を出してみると止まるから不思議。
見た目よりもずっと面白い課題だったから不思議。
さっきトライした「スラバーユ」よりも簡単に感じたから不思議。

「パンの皮 b」 ○
岩の弱点を突き続けたら自然とこのラインになる好課題。
一箇所気持ち悪いところがあって、あとは良いホールドの連続なんだけど、
結構高度感があって、スリル有。

「裏ドラ b」 ○
垂壁スラブが中心かと思いきや、ハングした岩もあるようで。
しかも都合よく良いホールドが続いてこのグレードにおさまっている。
やってみると結構パワフル。必死こいて登りました。とほほ。

「ピータラビット e」 ×
小ぶりな岩だけど強傾斜にホールドが続いていて面白そうな課題。
やってみると、離陸するので精一杯。一手目を出そうとするとそのまま落下。
何回かやってみたけど、全然イメージが湧かずに敗退。

「きんつば d」 ×
地元クライマーの方々にまぜて頂きトライ開始。
両手カチと深い足で離陸してどっかんってな具合の課題。
数トライ後に一手目が止まったが、寄せきれず。指痛すぎっす。

ピンク夫妻にオススメして頂いた台湾料理のお店で一緒に夕食して帰路。
車内では今年一番の大反省会が催されたのは言うまでもありませんね。
(98%が自分のふがいなさについてですが)
こんなんじゃ2015年のクライミングを締めくくれない!

◆本日の一枚◆「文明開化」をトライするフルカワさん。惜しかったです!!
20151226豊田

スポンサーサイト



2015年12月23日(水) 御岳ボルダリング

AM4時起床。仕度を済ませて、いざ鎌k…っと思いきや一通のメッセージ。
こんな時間に誰じゃいと思ったら本日のパートナー様より体調不良の為、中止とのこと。
自宅にUターンし、オフトゥンの誘惑と小一時間ほど格闘したが無事御岳へ面舵一杯。

●同行メンバー
なし

道中はのんびり松屋で朝御飯したものの、8時には現地入りという優等生っぷり。やっぱり御岳は近い。
しかし天気予報では夕方より前から降り出すらしいので、そうぼんやりとはしていられない。
狙いを絞って一撃離脱と行きたいところだが果たして。

「ファットブロッカー 初段」 ○
天気もイマイチで川沿いっつーロケーションだし、寒そうだな~と思いきや午前中は意外にも暖か。
アップもテキトーに済ませて早々にトライ開始でございます。

やっぱり右手飛ばしが止まらない。どーにも狭く、壁から吐き出されている感じなんだよな~…
と、ここで先日我等がピンク神が披露していたリップ取りが脳裏をよぎる。
「よし、パクるか」

見た目には外傾しているリップだが、思い切って出してみるとピシャりと止まるではないか。
シワの部分が指先にハマり、さらに親指もかけるようにするとさらに保持れる。
「これなら…」と何トライか練習すると、右手飛ばしのカチが止まるようになった。

次の難題はピンチ寄せ。気合で止めようと顔を真っ赤にして保持るものの、どーにも回転してしまいorz
何度か繰り返してみてもダァメ。苦し紛れに先に踏み替え&ヒールフックをしてしまい、
そこからヨイショッと寄せてみると結構パワフルではあるものの何とか止められた。
最後のリップ取りは少々距離が足らずに完登とはならずでチキチー。

しかしイメージは出来た。ヒールフック時の左足を一つ上のホールドにすれば届きそうジャン。
しっかりレストしてトライ。左足を一つ上にした分、ピンチ寄せがキツくなったけど何とか保持。
その体勢のまま、「お願い止まって~」と祈るように右手を放り出すと、ガチャガチャに引っかかった。
しかも足は切れていない。そのままマッチ→ぶさいくマントルで完登。こじらせる前に終わって良かった…

「ピンチオーバーハング 初段」 ×
完登の余韻に呆けていると、デッドエンド岩で乱痴気騒ぎをしたコサカさんが現れてご挨拶。
聞けば「デッドエンド横断」を登り、ついにあの岩の初段はコンプリートしたとのこと。
お強い…その彼がトライするこの課題に自分もご一緒させて頂いた次第。

出来ん。いやー…遠いのなんの。そもそもランジしているときの浮遊感がまるでない。
コサカさんのトライを観察していると、彼は足を揃えて飛び出していることに気づく。
「よし、パクるか」

途端に飛んでいる感触が出てきたじゃないか。一体今まで自分は何をやっていたのか。
これで練習していけばいずれはきっと…と、いまは希望的観測にすがろうじゃないか。

13時を過ぎたところで予報よりも少々早く雨が降り出してきたので退散。
短い時間だったけど、気になっていた課題も登れてよかった~。

◆本日の一枚◆ピンチオーバーハング岩。まだまだ長い付き合いになりそうで…
20151223御岳

2015年12月20日(日) 御岳ボルダリング

起きてみると思ったほどボロボロではなく、少々登れそうな感じ。
しかし時計を見てみると11:30。めっちゃ寝坊してるじゃんよ。
いそいそと洗濯を済ませて御岳へ向かうのでありました。

●同行メンバー
なし

新青梅街道では事故渋滞などで時間を食ってしまい、なんやかんやで14時頃到着。
お目当てのピンチオーバーハング岩へ一直線でございます。

「ファットブロッカー 初段」 ×
前回は左手カチアンダーからの一手が出せずって感じだったが果たして。
何度かトライしていると右手カチ取りが出来るようになってきた。
続けていくうちに右手カチを保持して左足上げ→右手飛ばしと動けるようになるが、次のカチをとめきれず。
居合わせたクライマーの方々の助言がとても参考になった。大変感謝なのです。
前日の疲れもあってか、早々にヨレて高度が落ちてきたのでアタッカーに浮気するも序盤さえ攻略ならず。
|memo|
一回目の右手飛ばしは2フィンガー。二回目の右手飛ばしは3フィンガー。

相変わらず御岳の課題は亀の歩みといった感じ。
しかしこうも進まないってことは、御岳の課題を攻略する何かが欠けているのだろうか。
それを身につけられたらクライマーとして成長できる…ハズと信じてガンバるべしゃ。

◆本日の一枚◆ピンチオーバーハング岩。今後ともよろしくお願いしますorz
20151220御岳

2015年12月19日(土) 笠間ボルダリング

当初は裏御岳に行ってみようかと思っていたが、
様々な方のご意見を鑑みた結果、あの課題はまだ時期尚早と判断(逃避)。
フルカワさんが行ったことのないという笠間へ面舵一杯。

●同行メンバー
フルカワさん

6:15に大泉学園駅にてピックアップして外環からの常磐道。
外環では追突事故の影響で少々渋滞があったものの、9時前には駐車場入り。
サンマ軍団の皆様にご挨拶しつつ、久しぶりの笠間クライミングをスタート。

「エモーション 1級」 ○
予定していなかったが何となくトライ。(前回フルボッコされた苦い記憶が…)
やはり二手目の飛ばしが全然止まらないが、左足を棚まであげると安定して取れるように。
次の左手出しは、左足を安定する位置に置くのがポイントだった。

しかしそう易々といかないのが笠間ボルダー。何か一つでも噛み合わないと簡単にスッポ抜ける。
そんな中、居合わせたクライマーが見事完登。マントルが見ている側もシビれるぐらいカッコイイ。

これに発奮して気合てんこ盛りでトライ。
左手がダイクのいい箇所を捉え、次の左足上げもしっかりとホールドを捉えた。
これなら…と思い右手でダイクをマッチしようとするが躊躇してそのままマントルへ突入。
左肘が上を向くほどの逆手になってしまったが、フリクションの助けもあり体があがっていく。
右手脇に右足を上げるがまだ安心できない。
落ち着いて体勢を立て直してから左手を返しきり、左足が上がったところでそのまま完登。

こんなテクニカルで繊細なマントルだったとは…最高にシビれる素晴らしい課題です!

「シンプル&ディープ 初段」 ×
先ほどの勢いでトライ開始するものの相変わらず離陸すらままならない有様。
見かねたクライマーさんからスタートのコツを伝授して頂くと、どーにか離陸できるように。
しかしと言うか、やはりと言うか…一手目のガストンポケットが止まらない。
しつこくトライするものの、ついに一手目のガストンポケットを捉えることはなかった…orz
|memo|
左手アンダーピンチ→右手は親指が効くようにカチ持ち→左足は右側のスタンスで離陸。
一手目を取りに行くときは体を左に持っていき、左手は下から回してとるようなイメージ。

「直登スラブ 1級」 ×
右側のクラックを限定する課題。かなり高度感もあり精神力が問われる課題だが…
中間部のフレークあたりまではわりと安定したが、そこから先がめちゃ怖い。
というか、常に足が抜けそうで怖いんですけどね…
落ちるときに岩をトットッと蹴って降りる必要があ、いちいち精神力を消耗。
フレーク上のしわカチ取りに成功したトライもあったが、
カチが悪すぎて次のムーブをまるで想起することが出来ずに敗退orz

「モラン 初段」 ×
笠間には珍しくハングした課題で結構高さもあって面白そう。
sgoさんのススメもあってトライ開始でございます。

見るからに悪そうな水平カチだが、意外と握りこめる。
次はガバに左ヒールして左ピンチ取りだが、確率はイマイチなものの保持できる。
これはもしかすると…マットの位置を常に確認しながら慎重にトライを続ける。

居合わせてたクライマーさんとサンマ軍団の皆様の強力も得て100人力!
と言いたいところだが、流石にヨレてきたのか水平カチの保持があやしくなってきた。
左足がリップにかかったが、返しきれずに無念の敗退でございますorz
一緒にトライしてくれた方は今にも登れそうだったが、ヒールが抜けて背中からの大フォール…
上手いことマットの上だったから良かった。(メガネごめんなさい!!)
|memo|
水平カチ後の左ヒールはなるべく高い位置にかけると次のピンチ取りが安定する。
左足をかけたあとは左手はピンチのままで右手をガストンにして押していくムーブを試したい。
左抜けはヒールが残ったままフォールすると背中からモロにいくので要注意。

シーズン始めの笠間はちょこっとお土産があったものの三倍の宿題を頂きました。
うん、平常運転だな。フルカワさんも笠間ボルダリングを満喫しお気に召したご様子。
守谷SAで晩御飯を済ませて帰路。フルカワさん運転ありがとうございました。

やっぱり笠間ボルダリングは厳しいけど楽しい。
どれもこれもピリッとしたいい課題ばかり。
今年の冬は笠間通い、大いにアリだな~。

◆本日の一枚◆「エモーション」を睨むフルカワさん。やっぱり花崗岩は良いですね~。
20151219笠間

2015年12月13日(日) フクベボルダリング

昨夜のお酒がディープ(当社比)だったせいか、目を覚ますと既に皆ばっちり起床している。
こりゃイカンと思いイソイソと仕度を~と思いきや、みんな物憂げな表情。
どうやら昨夜からしっかり雨が降ってしまい、外はビショビショ…

●同行メンバー
ナカオさん、ゴレイヌ、なべきち、王子、松Q

とりあえずのんびりとカップ麺をすすりつつ作戦会議。
とりあえず岩を見に行って、ダメそうなら豊田の縄文ハングに行こうかね~と相成りまして候。
しかし朝から晴れつつあるし、これは何とかなるんじゃないかな~。てか昨日よりクルマ多いしw

「すずめばち 二段」 ×
「きなこ」や「イコン」などを見学してから来てみると問題なさそう。
(どーゆーわけか、河原の岩がめっちゃくちゃ滑りやすいので要注意。ホントに。)

離陸からフルパワーで唖然。しかし松Qが持ち前のインテリジェンスを発揮してムーブを次々に発見。
どうにか二手目まで止めることに成功するものの、次のムーブはどうしても保持力が必要な為、敗退。
しかし、その部分以外はバラせたワケで。む~ん、こりゃ保持力をトレして再訪したいのぅ。

そんな中、T-WALLヒーローズ筆頭の王子、なべきちはぐいぐいと手を進めてお互いにRP体勢。
なべきちが安定のクライミングでイチ抜けした直後、王子があっという間に完登。
いやぁ…すごいものを見てしまった。やっぱヒーローズは伊達じゃねーな。

「夏の日 初段+」 ×
「ハッパマシンガン」を見学した後にマッスル岩へ移動してトライ開始。
あまりに眠いのでマットの上でゴロゴロしていたらいつの間にか熟睡。
そこからのトライはどーにもしっくりこなく、結局一手目すら止められない有様でしたorz
(いや、コンディションばっちりだとしてもこの課題は超絶ハードっすけどね…)
トゥーフックがとにかくシビアな印象。う~ん、トゥーフックは最早必須なんですね。

「燃える上腕二等筋 2級」 ○
「夏の日」を早々に敗退し、何か一つでも登っておこうと思ってトライ開始。
う~ん…コレ難しくない?なかなか下のハングを越えられずに情けないトライが続く。
見かねたナカオさんがお手本&アドバイスをしてくれて、どーにか高度を伸ばしていく。
結局登れるまで10トライ以上したような。う~ん…ダサいのう。

17:30頃に岩場を後にして帰路。諏訪SAで夕食して解散。
ナカオさん、松Q、運転交代して頂いてありがとうございました!渋滞は皆無で22時頃の帰宅。

同行メンバー皆のおかげで初フクベをお腹いっぱい楽しむことができた。
今回は見学だけになった課題もたくさんあるので、すぐにでもトライしにいきたい気持ち。
しかし前傾壁を嫌ってきたツケがまわってきたような…特にトゥーフック、練習しなくては。

◆本日の一枚◆筋膜リリースに興じるナカオさん。表情が恍惚としているのは気のせい?
20151213フクベ

2015年12月12日(土) フクベボルダリング

木曜日の夜から金曜日の昼間にかけてしっかりと雨が降ってしまい、
コンディションに一抹の不安を抱えながら3:30起床。
東村山軍団にお声掛け頂き、フクベの岩場に初上陸でございます。

●同行メンバー
ナカオさん、ゴレイヌ、なべきち、王子、松Q

5時ちょい過ぎに高速に乗り、渋滞皆無で9:30過ぎには美濃ICを降りていた。
(ゴレイヌがまさかの体調不良という事態…残念すぎるorz)
フクベに数回来たことがあるというナカオさんに案内して頂き、
目印となる自由の女神にご挨拶しつつ10時ちょい過ぎには無事入山してクライミングスタート。

「トリック 1級」 ○
一部濡れている岩があるものの、カチロックはほとんど問題ない様子。テキトーにアップしてトライ開始。
この課題はボコボコと空いているガバ穴を限定し、細かいホールドのみを使用するとのこと。
足位置を探りつつトライを重ねること10トライ弱。T-WALLヒーローズを出し抜き、まさかのイチ抜け。
うまっしゃぁぁぁと思うも束の間。なべきちが完全なるスタティックムーブで登り唖然。

「マジック 初段」 ○
「トリック」の隣にあるライン。折角なので別パーティーの方々に混ぜて頂きこちらもトライ。
1、2トライは離陸できなかったが、コツを掴んだ3トライ目でサイドを捉えて左足上げ。
ここで上手くバランスして左手ポケットを取るムーブが面白かった。
あとはリップにどっかん。いいゾ~これ。

「呼魂 1級」 ×
顕著にハングしたボルダーにガバが続くかっこいい課題。ただし下地はイマイチ。ぐぬぬ。
ヒールフックやトゥーフックを駆使して手を進めるものの、リップ取り手前の左手が信用できない。
いまにもスッポ抜けそう…そしてこの下地…結局飛び出せずに敗退orz

「ナメック星人 3級?」 ○
マントル一発のシンプル課題。100岩場のトポには初段とあるが、
現地クライマーによると3級だそうで。それなら納得。

「宇宙3 3級」 ○
ハング下のアンダーを左手で持ち、右足でトゥーフックしてからアンダーをマッチしてスタート
ってゆーお作法のある課題。トゥーフック抜けて地面に背中落ちしてゴメンなさいorz

「KIWA 1級」 ○
ミニハイカラ岩にあるフクベを代表する1級とのこと。
圧倒的なハングにこうも都合よくガバが続いているとは…有難いことです。
前傾壁が苦手な自分には鬼門とも言うべき課題。出だしからフルパワーですよ。

T-WALLヒーローズが軽やかに抜けていくのを歯軋りしながら見上げつつムーブをパクる。
ハング面中盤はサイドではなくアンダーのほうが持ちがよいことに気づき消耗を抑えられた。
そして地味にマントルが悪かった…あの高度感でアレは…充実したわ~。

「タケコプター 初段」 ×
T-WALLヒーローズがランジorダイノで猛攻撃していたこの課題。
そんな中、松Qが突如足を残すムーブを披露。これにハッとした面々は次々と抜けていく。

遅れまじと連打するものの、どーにも足が切れてしまう。
ついにアローンとなりヘッデンをつけて粘るものの、ついにリップを捉えきることはなかった。無念orz
|memo|
右手は穴をカチ持ち。小指までしっかり効かせる。左足は水平部分に。
左手は中継なしのほうが出やすい。右足も残す意識のほうが安定する。

「マーゴの湯」で入浴&夕食を済ませ、激安スーパー「サピー」で買出し(本当に安い!)して宿へ。
美濃市の宿&カヌー体験 ゲストハウス 笑び (WARABI)」というところにお世話になりました。
気のいいご主人と談話部屋にある薪ストーブに癒されまくり。そりゃお酒もすすむんですよ。
結局消灯の12:30まで飲んで畳部屋にシュラフをひいて就寝。

◆本日の一枚◆「マジック」を一撃する王子。相変わらず異次元の強さだ。
20151212フクベ

2015年12月05日(土) 小川山ボルダリング

調べ物をしようと思っていた週末だが、事前に荷物を預かっておく必要があった
フルカワさんと都合が合うとのことで急遽。(ピンク軍団の皆様、ごめんなさい…)

●同行メンバー
フルカワさん

6:00に調布IC付近のコインパーキングにてクルマを一台に纏めて出陣。
ストレスフリーで快走し、8:50頃には廻り目平到着。寒い。
流石にクルマはかなり少ないけど、コンディションは文句のつけようもなさそう。
目を背け続けたあの課題に、今シーズンの成長っぷりを確認するべく、いざ鎌倉。

「穴社長 二段」 ×
二手目止まらね。一体今シーズン自分は何をやってきたのかと考えると目の前が暗くなるような。
(前向きに考えれば、以前は触れもしなかった二手目に触れるようになった…とこじつけておく)
冬のあいだ、ポケットを練習しておきます。どうもスミマセンでしたorz
|memo|
右手が抜けて過去最高って勢いで出血。右手中指はテープ必須。
二手目取りの左足は、中段の掻き込むようなホールドか、その左下くらいにある小さい水平ホールド?
掻き込みホールドは形状に沿って足をセットしたら、上からスメアっぽく踏みつけるイメージ。

「田嶋ハング 初段」 ×
苦手なパワー系でございます。スタートのアンダーホールドは結構持てる感触があるのに、
どうにも足がスポスポと抜けてしまうというか、踏ん張れないというか。
どうやら地面(霜柱)からの湿気で全体的にスベスベしているっぽい。とほほ。

「タートルマントル 1級」 ○
やるならフリクションがバリバリであろう今しかないってことで。
相変わらずスタートホールド探しに苦戦して、どうにか離陸。
コブ取り後の足上げだが、リップ右下を手のひらで押してみると…効いている?
そのままの雰囲気で右足を上げて恐る恐る踏み込んでみると、そのままマントル成功。
まさしくフリクションクライミング。いんや~ステキな課題ですよね。

「テンペルタットル 初段」 ×
だいぶ前に触ってみて、まるで意味不明だったが。
トライする毎に高度が上がっていき、なんだか良い感じ。
フルカワさんが発見してくれた、左足の位置が絶妙で、これならきっともしかして…

ついにリップに触れる。もう少し、もう少しで…長めのレストを入れて集中。
渾身のランジを放ち、指の第二関節くらいまでホールドにかかるも保持するまでに至らず落下。
「あんなにかかってんのに…」と気まずい空気を作ってしまう自分orz
疲労&寒さのためか、ついに高度も下がりトライ終了。くっそー。
|memo|
右足は顕著な水平ホールドの左端付近。
左足は顕著な水平ホールドではなく、その右下にある小さい水平ホールド。

意を決して臨んだ「穴社長」は絶望的な結果となりまして…
パッと行って出来るような課題ではないのは重々承知ですが、まさかの進捗無。
ダサい。

◆本日の一枚◆「ライトスパイヤー」に興じるフルカワさん。置いていかれないよう精進します!
20151205小川山

2015年11月29日(日) 豊田ボルダリング

どうやら体調も大丈夫そうなので、予定通り日帰り豊田。
そそりたつアイツを見学すべく、いざ鎌倉。

●同行メンバー
フルカワさん

21:00に調布IC付近のコインパーキングにてクルマを一台に纏めて出陣。
23:30頃、SAにて仮眠して5:00起床の5:30出発。
美合PAにて朝食&行動食の買出しを済ませて、7:45には歌石駐車場。

「りんご e」 ×
そそりたつアイツを見学したものの、あまりの威圧感に唖然呆然立ち尽くす我々。
「この課題は…まだだな。」とお互いの意見も一致したところで早々に退散。
思い出エリアに戻って、トライ開始でございます。

出だしのパワームーブにちょっと苦戦するものの、慣れてくると問題無。(二手目クロスがイヤだけど)
一瞬の足ブラに耐えてマントルに入っていくが、このマントルが難しいのなんの。
左手は肘が伸びきるくらい押し切っているのに、それでも返しきれない。

無理矢理突っ込んだら内臓に響くフォール…ぐえぇ。
右手イマイチなカチ。左手ガバカチ。左足は更に左のコブ状にヒール。
こんな感じでマントルに入っているんだけど…もしかして、これじゃダメなのかな?
お互い下部も安定しなくなってきたところで敗退でございます。ぐはぁ。

「せみ e」 ×
フルカワさんの「俊トラ」トライを見守った後、ちょっとやらせて頂く。
何ですかこのフルパワームーブは。リップ取り手前まで行けないし、
リップ取りだけやってみても、体を剥がされて全然ダメ。
左手アンダー気味のサイドでがっちりロックできないとダメなんだろうなぁ…
ありがとうございました。ぐはぁ。

「バックトゥーザフューチャーⅢ d」 ×
最後の締めくくりにトライ。
相変わらず二手目の右手クロスのときに右足が抜けてしまう。
幾度となく同じフォールを繰り返した後、
右足を切ってテキトースメアで位置調整したほうが安定することが判明。
しかし左足がインサイドになっているため、その後の立ち込みが出来ずにフォール。
左足の置きを調整すれば、何とかなるかも。

フルカワさんはあっとゆー間に下部を攻略。
リップ手前まで毎回到達するものの、あとわずかに届かない悔しい感じ。
「俊トラ」もあっさり核心越えてたし、次回は大漁の予感ですな。

17:30頃に歌石駐車場を出発。御殿場から渋滞40kmっつー意味不明な情報にぶーたれながら
静岡SAにて晩御飯&小休止。しかし我々が御殿場あたりに着くころには渋滞もすっかり解消。
結局終始ストレスフリーで22:00頃、調布に到着。

そそりたつアイツはもとより、その他ボッコボコにされる始末。
「自分、まだまだやなぁ…」と思い知らされる一日でしたorz

◆本日の一枚◆様子を探るフルカワさん。もっとコンディションの良いときにですね…ゴニョゴニョ。
20151129豊田

該当の記事は見つかりませんでした。