FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2015年04月27日(日) 小川山ボルダリング

東村山軍団の小川山ボルダリングに参加させていただいた。
やはり昨日の瑞牆ボルダリングの疲労がたっぷりだが、はてさて。

●同行メンバー
店長、サカモト兄貴、ホンダさん、なべきち

5時に店長宅に向かいここでクルマを店長カーにスイッチしていただき、
なべきち→ホンダさん&サカモト兄貴とピックアップのち小川山へ突撃。
朝早いせいか渋滞は皆無でスムーズに現地入り。
石楠花エリアは忘却岩の前にお店を広げてクライミングスタート。

「忘却岩 マントル 2級」 ●
アップを兼ねてトライ。リップ手前の三角ホールドが相変わらず持ちにくい。
そして思った以上にヨレまくっている自分の体にがっくし。
間隔を空けつつトライして何とか再登。とほほ。
|memo|
左手でリップを叩いたら早めにヒールを解除して立ち上がっていくイメージ。

「達筆 3級」 ×
小川山の3級の中でも特に悪いと聞いており、なんとなく気になっていた課題。
ハンドホールドは結構いいのだが、いかんせん足が悪い。いや、ほんとに。
離陸しては滑り落ちてソールを削り取られまくる始末。
途中昼寝をはさんだりしたが進展なし。とほほ。

「扇子 2級」 ×
これまた何時までたっても出来ない課題でございます。
離陸すらもままならない始末で途方に暮れる。いくらヨレているとはいえ、離陸はしようよ…
ここでもまた昼寝(不貞寝ではないよ)をして回復を図るも空しく敗退でございます。とほほ。

「達筆 3級」 ○
移動する前に色眼鏡のおじさんがやっていたムーブが気になっており、
このまま敗退して丸坊主も悔しいのでまさかのリベンジ。
すると1便目で登れてしまった。単純にムーブを間違っていただけだった…
疲れているとまともな思考も出来なくなるのね…色眼鏡のおじさんに感謝です。
一緒にトライしていた店長も程なく完登。お互い成果が出てよかった~><
|memo|
左手カチ、右手ポッケ、右足ツブで離陸。
ちょいとズリ上がって、左足の悪いツブを踏みつけて右手でダイク取り。

「一筆 初段」 ×
せっかくなので触ってみる。いや~離陸したところでどーにも体が持ち上がりませんよ。
そして右足がスポスポ抜けまくり。可能性を1ミリも感じることなく敗退でございます。

「忘れん坊 2級」 ○
東村山軍団の定番ダウン?課題。ファイト一発な感じのパワーマントルで最後の一滴まで絞り出して気分爽快?
今回は1便目で登れてしまった。前回来たときよりも成長してるのかなぁ…

「ふじもと」で今シーズン最初の焼肉定食を堪能した後、店長のクレイジードライブにて帰途。死んだ。
昼寝の重要性がわかった1日だった。これからも隙間時間で15分程度の昼寝をとっていくことにしようかな。

◆本日の一枚◆久しぶりの外岩にテンションが上がる兄貴。ぴぴぷー。
20150427小川山

スポンサーサイト



2015年04月25日(土) 瑞牆ボルダリング

江戸川橋軍団の瑞牆ボルダリングに参加させていただいた。
過去に半日ほどいただけなので、ほぼ未知のエリア。楽しみィ!

●同行メンバー
ピンク夫妻inoさん、カナムロさん、ナミさん、gamikenさん

6時国分寺駅にて皆様をピックアップ。
目立った渋滞もなく談合坂SAでスタ丼をかきこみ、瑞牆に直行でございます。
9時半頃ガリガリ岩に到着してクライミングスタート。

「シャリシャリ君 4級」 ○
アップを兼ねてトライ。リップを叩く一手ものだが、足がちょいと深くて意外とむずい。
ピンク神からムーブを賜り、なんとか完登。アップのつもりが本気トライでしたw
|memo|
フレークでレイバック気味の体勢になると出やすい。

「ガリガリ君 1級」 ○
過去に一度触ってみたが、意味不明だったことしか覚えていない。
んが。gamikenさんが流麗なトゥーフックを繰り出しスッと立ち上がっているではないか。
さっそくムーブをパクって江戸川橋軍団の総攻撃開始でございます。
ピンク神が見事イチ抜けを果たし、これに続く形で完登。
望外の成果にテンションが急上昇。gamikenさん、ピンク神に感謝でございます。
|memo|
フェース面の左手カチをとったら右足をトゥーフックしてねじりながら立ち上がるのがコツ。
甘いスローパーを押さえて左手ポッケにデッド。足を踏み変えてフェース面に出る。

「普通の日 初段」 ×
リップにヒールしつつカチを繋いでトラバースしてマントルする課題。
トラバースの終盤とマントル手前のムーブが難しい。トラバースパートはほぼ問題ないが、
甘いヒールで頭上のカチを取る際にどうしてもヒールがはずれてしまう。
うむむ。本当にこのムーブでいいんだろうか…

「百里眼 1級」 ○
ランジ一手もの。人気課題だそうで、たくさんの人が楽しそうにトライしていた。
ひそかに一撃を狙っていたものの、どーにも左手が止まらない。
4トライ目。試しに右手を出してみたらあっさり止まってそのまま完登。
…登れたからヨシ!

「カラクリ 初段?」 ○
両手ポケットからリップに出て、甘いホールドが続くリップを辿って最後にマントル。
ムーブが楽しく、甘いホールドを押さえ続けて、最後にガバが待っている。
このガバ取り→マントルをこなせる体力を残せるかがポイントかな。
|memo|
キーホールドが欠けてしまい、初登時の課題とは全く異なる状態とのこと。
現状では2、3級くらいとのことだが楽しい課題なのは間違いナイ!

「倶利伽羅 初段」 ×
スメアリングと左手カチでバランスを取りながら直登するスッキリとした格好いいライン。
スメアがはずれると膝を思い切りぶつける恐怖を如何にして克服するか。
カナムロさんは思い切り膝をぶつけていたが、大丈夫だっただろうか…
これは是非登りたい一本ですな。

「竜王 1級」 ×
両手カチアンダーで立ち上がりカンテのスローパーを押さえてちょいランジ→マントル。
思い切りスタート核心。カチが悪すぎてケツが1ミリも上がりませんでしたw
コツがあるとのことなので、次回はそれを試してみよう。
|memo|
足をガニ股にして挟み込むと立てるとのこと。

「あかね雲 3級」 ○
カンテ沿いに上る課題。ビミョーな足でちょっと遠いガバカチを取るのが核心。
結構高さもあって充実する一本。流石テストピースとされている課題は違いますな。

「少年 3級」 ○
悪い足に立ち、ヘンな体勢をガマンしながら薄いカチを取ってカラダをずりずり上げて
ちょっと上のいいカチに飛ばす。あとはマントルだけどこのマントルも気を抜けない。
ヘンな体勢をガマンするコツが分かるのに苦労したけど、どーにか完登。これが3級かぃ…
|memo|
一手目の薄いカチ取りに失敗すると、右側に倒れこむようにフォールする場合がある。
その場合、後ろの岩にぶつかってしまう可能性があるので、右側にスポッターが入ると良い。

「玉 2級」 ○
ピンク神のトライに便乗でございます。
離陸と一手目が難しく、リップ取りが恐怖感満載。
1便目はリップ取りの体勢が上手く作れずフォールしたものの、
2便目では右手ポケットがしっかり持てていたのでリップに渾身のデッドポイント。
いや~ガバでよかったw同行メンバーの応援のおかげて登れました。
|memo|
スタートのポケットは指が細いと2本入る。
リップ手前のポケットは出来るだけ指を入れてしっかり持つ。

「剣 4級」 ○
3種の神器の3本の中では一番高さがあるが、いいところにホールドがあるとのこと。
確かに落ち着いて登っていけばスルンとトップアウトできた。
高さのある課題をのぼったときの充実感ってのは凄まじいぜ。

「鏡 6級」 ○
3本の中では一番テクニカルに感じた。中間部のポッケを取りに行くときの姿勢をとるのが面白い。
ホールドは良いがしっかり足で立たないと次のホールドに届かなかったりして、面白い課題。

色々な課題を見てまわって登っていたら、あっとゆー間に19時。
瑞牆ってこんなに楽しいエリアだったのか…う~ん、これは通い詰めたいんだぜ。
色んな課題を案内してくれたメンバーの皆様に感謝です。

◆本日の一枚◆「ガリガリ君」の甘いポケットを止めにいくgamikenさん。次回こそ完登ですな。
20150426瑞牆

2015年04月22日(水) 御岳ボルダリング

法事が午前中で終わったのでイソイソと仕度をして御岳に突撃。
前回トライした「子供返し」があまりにもお粗末だったので、
今日は最低でも良いイメージを持ち帰りたいところ。

●同行メンバー
なし

14時頃に忍者岩到着。寒山寺の駐車場では日差しが照りつけてアツアツだったのに
いざ忍者岩の前にくると風が抜けて寒いぐらいだった。これは思ったよりも条件が良いかも。
マミ岩でテキトーにアップしてクライミングスタート。

「子供返し 初段」 ×
核心の一手目。右に体を持っていくイメージが出来たのか、3回に1回くらい止まるように。
2手目の左手も人差し指がカチっと持てるポイントがあることに気づけた。
スタートへの左足上げもジリジリと上げていけば右足を切らずに乗れるように。

だがしかし。

ここまででかなり消耗してしまい、次の左手出しがかなり苦しい。
何度か左手を保持できたものの、次の右手出しをする余力が残っていなかった…
完登には至らなかったものの、核心ムーブの成功率を上げ、最高到達点を伸ばすことが出来た。
とりあえず前回のお粗末なイメージは払拭できたかなw
|memo|
一手目のときに意識する右足の掻き込みは「爪先立ちになる」程度の意識が丁度良い感じだった。
左手の親指でも押し出す意識をすると更に良いような。完全に右にいくイメージかな。
足上げ後の左手を取ったあと、右足で「クライマー返し」で使用する中継カチを踏めたらラクになりそうな。

小川山and瑞牆の合い間にコッソリと登っておきたいな~。

2015年04月18日(土) 小川山ボルダリング

このところ毎週のように小川山方面で花崗岩クライミングをエンジョイしたとのお声を耳にする。
裂けた指皮を気にしている場合じゃない!
矢も盾もたまらず、御岳の宿題を放置して自分も小川山へ突撃でございます。

●同行メンバー
トミさん、りんちゃん

6時に国分寺駅でお二人をピックアップして中央道をバビュン。9時前には廻り目平に到着できた。
既に見慣れた景色のはずなのに、いざ現地に着いて青空を眺めているとワクワクしてしまうな~。
去年は雨が多くてあまり通えなかったので、今年はたくさん通えるといいなぁ…

パリパリの花崗岩にウキウキしつつ、皆の宿題があるクジラ岩周辺にお店を広げてクライミングスタート。

「レフトスパイヤー 1級」 ○
この半年間、頭の片隅にずっと居座っていたこの課題。相変わらずの下地の悪さよ…
やっぱり一手目のポッケを取った後の足がイマイチ決まらずフォールを繰り返す。

しかし今日は一緒にトライしてくれるツヨツヨクライマーが2名もいらっしゃったので、
ここぞとばかりにムーブをパクる始末(笑)

一手目ポケットを保持するコツがかなり参考になり、数トライ後に完登。
ポケットの保持、シビアなスタンス、落ちれないクロスと登り応えありまくりの一本。
クロスが止まったときは思わず安堵の溜め息が出てしまった(笑)
|memo|
一手目のポケットは2本指で奥のほうにカチっとハマる箇所があるので、そこでしっかり保持できる。
スタートのフレーク真下に左足を上げて、右足を張りつつ立ち上がってアンダーをピンチ気味に持つ。
親指がしっかりかかると、かなり持ちやすくなる。
丁寧に足をあげて右手をクロス出し。(落ちると木に直撃するので要注意)

「太古 3級」 ○
トミさん、りんちゃんの宿題課題の合い間にトライしてみた。
スタートホールドはガバだけど、肝心のダイクの向きが非常に残念で持ちにくい。
細かいスタンスと逆向きのダイクをバランシーに処理して、リップ取り以降はデッドポイントの連打。
登り応えのある課題で充実感たっぷり。
|memo|
左手スタートは逆手。ダイクを左手ガストンしたら右足をポッケにヒールして右手でリップを叩く。
後は顕著なホールドに向かってデッドポイント連打。

「太鼓判 初段」 ×
「太古」のエクステンション。案の定カンテを回り込むところが悪くて膝&踝をガツガツぶつけて早速流血試合。
色々試してみたけど、やっぱりヒールの挟み込みしかないように思えるがどうなんだろうか。
確率はかなり悪いけど何回か成功しているので、次回元気なときに再挑戦ですな。
|memo|
ツブをしっかり挟み込むイメージで行くと成功しやすい…気がする。

トミさんの「穴社員」はついにリップ下の横カチのマッチまで進展。完登は目前ですぜ。
りんちゃんのエイハブ船長もいい感触のご様子。縦カチかなり持ててましたぜ。

ナナーズのお惣菜コーナーでサラリと晩御飯。
半年ぶりに再会して行き帰りの車内では楽しくおしゃべりしてあっという間の移動時間。
運転交代してくれてありがとうございました!
なかなか仕事がお忙しいようですが、またご一緒して下さいまっせ。

◆本日の一枚◆うきうき小川山クライミングを満喫するりんちゃん。
20150418小川山

2015年04月16日(木) 御岳ボルダリング

休暇申請をヌルリと通し、長いことトライしてきた「子供返し」を完登するべく御岳へバビュン。
各々課題を片付けるべく東村山軍団、忍者岩に集合でございます。

●同行メンバー
店長、ホンダさん、なべきち

日中は気温が高いのでゆっくり午後入りしてダラダラとマミ岩でアップ。
大体2時くらいからトライ開始でございます。

「子供返し 初段」 ×
いや~登れない登れない(笑)
登れないどころか、日曜日には止まっていた一手目も止まらない止まらない(笑)
いや、(笑)とか言っている場合じゃない…

流血してテープ巻いた指、ジムトレで死んだ背中。
こんな状態で限界グレードの課題が登れるはずはないのです。
結局アチコチ痛めた上に悪いイメージを持ち帰るハメに。

あぁ、愚かなり。

本日の東村山軍団の成果は以下の通り。
店長     →忍者返し:核心のスローパーが止まるように。着実に進んでいるご様子。
ホンダさん →忍クラ  :1便目で完登。強すぎィ!
なべきち  →蟹    :虫に飽きて1~2時間でムーブ作って完登。強すぎィ!
ムサシ   →子供返し:1手目が止まらず後退という事態。

きっちりコンディションを整えて仕切りなおしだぃ。
(こっそり通ってなんとか夏前に登れたらいいなぁ…)

◆本日の一枚◆安○先生も呆れているご様子。(ベタですんません)
20150416御岳

2015年04月12日(日) 御岳ボルダリング

金曜日、土曜日と雨に降られて迎えた日曜日。
雨敗退も視野に入れて御岳へ向かうことに。

●同行メンバー
じっちゃん

じっちゃん宅にてピックアップして7時前には御岳にチェックイン。
実は今回が初めての御岳となるじっちゃんに、まずはエリアを代表する「忍者岩」をご紹介。
(とか言って、自分がコンディションを確認したいだけなのは言うまでもないが)

忍者返しのラインが見事にびしょ濡れ。早々に対岸へ非難して鵜の瀬岩→砂箱岩→とけソフ→
こんにゃく岩→デッドエンド岩と主だった岩を一通りご紹介してエリア一周。
その後、じっちゃんが興味を示した鵜の瀬岩にUターンしてクライミングスタート。

「立ち鵜 1級」 ●
なかなか再登できずムムムと唸っているとじっちゃんが早々にRPしてしまい、さぁ大変。
指皮を裂く覚悟でホールドを握りに行こうかと思いきや、
北陸クライマーの方が披露したムーブをパクって何とか再登。ムーブありがとうございました><
|memo|
右面のポコっとしたところにヒールをひっかけるとラク。

「マルガリ 初段」 ×
再登ならず。とりあえずコンディションのせいにしておいたが、
(コイツ本当に登ったのか・・・?)と疑惑の視線をビシビシ感じてしまい、
逃げ出すようにマルガリを後にするのだった。余計な宿題を増やしてしまったw

「デッドエンド 1級」 ●
こちらは一回で再登成功。ホッと一安心。

「イギリス人のトラバース(左抜け) 2級」 ○
以前登ったときのラインがどうも間違っているようで、それが気になっていたので再トライ。
三鷹ジムの方々がトライしているところにまぜていただく。
核心で苦戦していると、三鷹ジムの方からキーホールドを教えていただき、
これを使って左抜けのラインでトップアウトすることに成功。これで文句ないなw
ホールド教えていただき、本当にありがとうございました!
|memo|
カンテ手前の小さい三角形のホールド。見た目以上にずっと効かせやすい。

「子供返し 初段」 ×
自分がイギリス人、じっちゃんがデッドエンドを完登(!)して休憩していると、
東村山軍団のホンダさん、モトキチから「忍者岩に集合せよ」と入電。早速に駆けつけてトライスタート。

相変わらず一手目の成功率が激ワルなのだが、それはどーやら自分の持ち方が間違えてたらしく…
一手目取り→二手目取り→左足上げでフォールってところまで到達点を伸ばすことが出来た。
自分の頭の悪さに辟易しながらも、どーにか目処が立ってきたってところでしょうか。

ホンダさん、モトキチの忍クラもかなりいい感じに進んでいる様子。
早く子供返しを完登して合流したいっす。

指皮が裂けない内に終了。久しぶりに流血無しでクライミングを終了出来ました。
もうシーズンもほぼ終わりだけど、出来れば子供返しを完登して締めくくりたいなぁ…

◆本日の一枚◆ほがらかな笑顔(?)でトライ前にリラックスするホンダさん。
20150412御岳

2015年04月04日(土) 笠間ボルダリング

生憎の天気予報で迎えた週末。東村山軍団と予定していた外岩は中止となった。
しかし私はどうしても諦めることが出来なかった。
あちこちの天気予報サイトと、外岩モチの高いクライマーのツイートを睨め付けていると…
「エ・モーションに張り付くわい!」という力強いツイートをする猛者を発見。確かに笠間は曇り予報。
ダメもとで同行をお願いしてみると、快く承諾して頂けた!只、ひたすらに、感謝!!

●同行メンバー
よこさん、たにさん

東京駅にてピックアップして頂き、笠間へ突撃。(クルマ出し&マット、ありがとうございました!)
道中、フロントガラスに雨が叩き付けている現実から目を背けつつ、今日の天気は「四捨五入で晴れ」とした。
「敗退」の2文字が去来したが、現地入りすると見事に曇り。一念岩をも通すとはこのことか。
|memo|
岩場へのアプローチ:トンネル前から山の中に入り、
「まどうしの杖」みたいなグネグネの木が出てきたら少し下におりるとターゲット付近。ラク。

シンプル岩の前にお店を広げてクライミングスタート。
「フェース 6級」や「石器人スラブ左 6級」でアップを済ませて
たにさんが狙う「エ・モーション 1級」に便乗させていただくことに。

「エ・モーション 1級」 ×
独特の体勢からスタートしてカチをつないでいく課題。この独特の体勢が出来なかったが、
先に左足から置くムーブにして解決。だがしかし。一手目のカチが甘くて全然カラダが上げられない。
(このとき、小雨が降っておりコンディションは決して良くなかった)
早々に敗退してよこさんの「ラブカンテ 2級」に合流することに。
|memo|
スタートは先に左足を地面スレスレのフットホールドに置いてからヒールで安定した。

「ラブカンテ 2級」 ×
やってみると、これが非常にバランシーで面白い。気がつくとマシンガントライになっていた。
中間まではそれなりに安定したのだが、そこから左足を上げられずに敗退と相成りまして候。
これはまた挑戦したいな。

「ゴールド・フィンガー 2級」 ×
両手カチと深い足で離陸して右足ハイステップ。乗り込んで中間部のカチを狙う課題。
ハイステップで乗り込んでいく感覚が楽しいが、カチがギザギザして痛い!指の腹から出血ががが。
中間部のカチを握りこんだときに猫パンチしてしまい流血敗退。痛いよー。

「かさまん 2級」 ×
これ、マジむり(笑)

「シンプル&チープ 3級」 ○
離陸と左足で縦ホールドを内側に掻き込んで立ち上がっていくムーブが面白く、
リップまで続くスラブも気が抜けない充実の課題。2便目で完登。登れてウレシィィィ!
たにさんもおしいトライが続くものの、残念ながら完登には至らず。ぐぬぬ。

「陰陽石 2級」 ○
珊瑚岩の近くにある課題。ヒールにどっかりと乗り込んで何もないリップを叩きつつ
足でジリジリと高さを稼ぐ課題。奥にあるガバを取ると気分爽快。1便目で完登。
たにさんも、ほどなく完登。これに火がついたのがよこさん。
文字通りのマシンガントライを敢行してどんどん最高到達点を上げていく。
だがしかし。流石に指皮&足ヨレがきてしまい、惜しくも完登には至らず。ぐぬぬ。

「掘り出し岩 4級」 ○
石器人スラブ岩の少し下にある課題。内容は「陰陽石」に似ているものの、
こちらはホールドが多彩で色んな登り方が出来そう。しっかりとオブザベして1便目で完登。よしよし。

「シンプル&ディープ 初段」 ×
ラブ岩で出会った「テナヤーズ」の方のトライに混ぜていただく。んが。
見た目よりもずっと悪いホールドをイヤな向きで押さえて、これまたイヤな向きで次のホールドを狙う。
フットホールドも極小でとても難しい。結局1手目も取れずに敗退だよコンチクショー。

「おかもち 1級」 ×
けっこう気温も下がっており、条件がいいのではと思いましてトライしてみる。んが。
やっぱり左足が抜けてしまうんだぜ。どーしたらいいんですかーぃ。

と、ここいらでタイムアップ。「笠間市いこいの家 はなさか」で気持ちよく入浴して帰途。
餃子の王将で反省会?を行い解散。お二人のおかげで終日クライミングを満喫することが出来ました。

◆本日の一枚◆「陰陽石」をトライするよこさん。この気迫、見習わなければ。
20150404笠間

該当の記事は見つかりませんでした。