FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2015年03月28日(土) 笠間ボルダリング

土日で豊田行きを計画していたものの、またも思わしくない天気予報の為、断念。
同行メンバーのみんなと相談したところ、「そうだ、笠間に行こう」と相成りまして候。
(何だがデジャブを感じるが気のせいだろう)

●同行メンバー
フタカミさん、店長、ホンダさん、じっちゃん


9時半頃に佐白山公園駐車場に到着。他にクルマが一台止まっているだけでガラガラ。
シンプル岩の前にお店を広げてクライミングスタート。
んが、アップで取り付いた「フェース 6級」で猫パンチしてしまい流血。チクショー!
(フタカミさん、絆創膏等ありがとうございました)

「かさまん 2級」 ×
ヒールがめくれ上がるまでトライを続けるものの、明確な糸口をつかめずに敗退でございます。
いったい何をどうしたらいいんだ。
|memo|
スタートの左足は深くなっているところではなく、
リップ下のボロボロしたところにハイステップがよさそう?
(左手のカチは罠かも知れない…)

「ボストン倶楽部 初段」 ×
スタートの左足にどーしたら乗れるのか…ソールをムダに削って敗退でございます。
とにかく左足の親指が痛くて痛くて。

「おかもち 1級」 ×
出だしに独特なムーブがあり、繊細なバランスを要求され続ける素敵な課題。
ホンダさん、じっちゃんの3人で苦戦しているところに颯爽と店長が現れ、あわや2撃っつーナイストライ。
そのトライに気合を頂きマシンガントライを敢行するものの、完登ならずでございます。
とにかく左足の親指が痛くて痛くて。
|memo|
観音開きは両手を揃えた位置が立ち上がりやすい。右下のフレークに右足を当てながら。

シーズン終わりに、完膚なきまでボコボコにされてきました。
もっと練習して出直してきます…チキショー!

◆本日の一枚◆「ワシントン倶楽部」をトライするじっちゃん。完登おめでとうございます!
20150329笠間

スポンサーサイト



2015年03月21日(土) 御岳ボルダリング

半日だけ時間が作れたので単身御岳に突撃。

●同行メンバー
なし

道路がバッチリ濡れていて、これは…とモンモンしながら寒山寺駐車場に到着したのが9時頃。
そこには溢れんばかりのクルマががが。なんとか駐車して、いざ忍者岩。
(釣り人がたくさんいたので、魚の放流か何かがあったんですかね)

「子供返し 初段」 ×
リップは濡れているようだけど、それ以外は何とかなりそう。
しかしいつ降り出してもおかしくないような空模様…これは早々に決着をつけねば。
っつーワケでマシンガントライの始まりでございますよ。

懸案の一手目はガツっと持てる感じはあるものの、
体が左に残っているせいか耐え切れずに剥がされる。右足の掻き込みが足りん!
数トライしたら案の定雨が降り出してきた。しかも雨脚は強まる一方…
ひたすら一手目をはたいては落ち、はたいては落ち…どーしたもんかとモヤモヤしていると、
「スカルパの星」の異名を取るフルカワさんもトライに加わり、これで百人力!!

結局2回だけ一手目を止めたが、その後の処理がノープランっつーお粗末っぷり。
当然二手目の左手カチを止めれずにフォールorz

その後は二人で仲良く一手目をはたいては落ち、はたいては落ち…
力任せに一手目を握りこんでやったらバリバリっとイヤな音。
指皮をザックリとえぐられて流血敗退と相成りまして候。

完登への道は、長く険しいものだorz
|memo|
とにかく体が右側にないと止まらないので、右足をしっかり掻き込む。
ホールドに向かってナナメに一直線というよりは、一度右に出てから上に伸び上がるイメージか?
その後はフラッキングで安定させてから左手を取る。

雨に降られてしまったけど、トライ出来ただけマシだったと思う。
一手目を2回止められただけマシだったと思う。

思わせて下さい。

2015年03月14日(土) 笠間ボルダリング

土日で豊田行きを計画していたものの、またも思わしくない天気予報の為、断念。
同行メンバーのみんなと相談したところ、「そうだ、笠間に行こう」と相成りまして候。

●同行メンバー
フタカミさん、店長、ホンダさん、じっちゃん

珍しく金曜日の仕事が遅くなってしまい、あんまり眠れないまま外岩行きとなってしまった。
とりあえず怪我だけはしないように…とボンヤリ思いながらクルマを運転して
8時半頃に佐白山公園駐車場に到着。渋滞なしで正味3時間くらいかな?
1年ちょっと前に初めてきたときの記憶を頼りに石器人スラブ前に向かい、
ここでお店を広げてクライミングスタート。

「ハングマン 2級」 ○
ヒップ岩のスラブでアップを済ませて、いざ。
1年ちょっと前にきたときはまるで意味不明だったが、昔のオレとは一味違うぜ! … うん、返せないw
笠間のマントル課題の厳しさを再認識。
そんな中、ホンダさんがパワフルなマントリングで完登。
負けじとトライを続けて、ちょっと違うムーブで自分も完登。ほんの少し、成長を感じた。
|memo|
左手くぼみ、右手リップ。
右足ヒールをかなり右側にかけて、カラダを水平近くまでもっていき、マントリング。

「ワシントン倶楽部 2級」 ○
前回同様リップ取りに苦戦。
軽やかにイチ抜けするホンダさんを嫉妬丸出しで睨め付けながらトライを継続。
リップ左側のコブを取ってからも慌てず騒がず落ち着いて足を置き、
丁寧にマントリングしてどーにか完登。登れて嬉しいぃ!

フタカミさん、店長、じっちゃんもいいトライを繰り返すものの、
なかなかリップ取りが安定せず、次回の宿題リストに追加のご様子。
|memo|
フットホールドへのエッジングがとても重要。
しっかり立てていないとリップが止められないので、丁寧かつ確実な足置きを。

「斬鉄剣 初段」 ×
フタカミさん、店長、じっちゃんをラブ岩に残して、ホンダさんと「斬鉄剣」を触ってみることに。
取り付いてみるものの、まるでお話にならない。そしてヒールが抜けると岩の下に落ちてしまう超絶恐怖。
あっさりと打ちのめされて退散。どうもすいませんでした。
|memo|
上部の膨らみをファットピンチで持てないことには始まらないことがわかりました。
ヒール抜け→墜落の危険あり。スポッター必須。

「石器人スラブ中央 初段」 ○
空いていたので、とりあえず触ってみることに。
ホンダさんが早々に戦意喪失して離脱。フタカミさんと一緒にトライしていると、
三鷹ジムの方もトライに参戦してくれた。トライを重ねるごとに足置きが安定してきて、なんだかいい感じ。

安定してマイクロポッケ取りに成功。人差し指を捻じ込んで思い切りカチ持ち!
左足を強引にスメアして、ついに右足がスタートのカチに上がり、リップを取れた。
前回は全く意味不明だった課題を登れてしまうとは…いやはや、なんとも嬉しい。
グータッチで祝ってくれたクライマーの皆様、ありがとうございます!!

フタカミさんもマイクロポッケ取りまで安定するナイストライ。
次回はちゃんとエッジのある靴でトライして下さいw
|memo|
最初のスタンスはスメア。そっから先はエッジングで足置きしていくのが良いように感じた。
マイクロポッケを掴んだらとにかく強引に左足を壁に当てるのがポイント?

「ハートビートカンテ 2級」 ○
シンプル岩の奥にある、見栄えする岩。カンテからフェースに出てマントルっつー内容の課題でございます。
出だしのバランスが悪いレイバックと丸いリップでマントルでした。2便目で完登となりましたが、とても怖かった。
これもヘタに落ちると墜落してしまうようなものでして。無理は絶対ダメダメ。
課題自体はとても面白いので、同行者のみんなも果敢にトライして楽しんでいた。

「タンコブ 4級」 ○
じっちゃんの外岩修行の為、ホップ岩に移動してトライ。
ちょいと傾斜のある課題。アンダースタートで足を高めにあげて、デッドポイントでカチ取り→マントル
っつー内容の、笠間にはちょっと珍しいタイプの課題かも。

「恵津子の×××× 5級」 ○
両手でカンテをぺちぺち叩きながらみんなで仲良く完登。
ここでホンダさんによる先鋭的なクライミングが展開された。
是非その姿を敬愛なる読者諸兄にもご覧いただきたいが諸般の事情により、
写真の掲載を控えさせていただく運びとなりましたことをどうかご容赦いただきたいorz

「かさまん 2級」 ×
小さい岩でマントルを返す。
なぜそれが出来ないのか。
まったくもって、意味不明。

「シンプルファイター 1級」 ○
あっさりと一撃するホンダさんを嫉妬丸出しで睨め付けながらトライ開始。
クロスのダイク取りがなかなか安定せずに苦戦するものの、つぶのカチ持ちが上手いことハマると
右足のハイステップがなんとか効いて上部のダイク取りに成功してマントリング。
掻き込みが苦手な自分にはいい経験になった。

「フィンガークラック 7級」 ○
「いまからこの人が登るから参考にしよう」みたいな会話が聞こえてしまい、絶対に落ちれない空気を感じながらトライ。
レイバックで下部を抜け、リップ面に足を置くのが怖かった。なんとか登れて一安心。

終わってみれば転進に成功して終日気持ちいい天気のなか、クライミングを満喫。
しかし笠間はどの課題も面白い。また是非来たいですの~♪

◆本日の一枚◆「ハングマン」をトライするホンダさん。流石の強さです。
s_IMG_3597.jpg

2015年02月28日(土) 御岳ボルダリング

今週は日曜日に豊田行きを計画していたものの、絶望的な天気予報の為、断念。
宿題を回収するべく、天気のいい土曜日に単身御岳へと乗り込むことに。

●同行メンバー
なし

9時過ぎに発電所前の駐車場に到着すると、クルマはわずか。みんな他の岩場に行っているのかな?
デッドエンド岩に到着してみると、週末のワリに空いていた。
顔見知りのクライマーにご挨拶して、7級でアップして~と思いきや。
なんだか指が弾かれてしまう。う~ん…これは入念にやったほうが良いかも?
ってコトで久しぶりに「デッドエンド」にトライ。4トライ目で再登出来たけど最後まで弾かれまくり。
あぶなっかしいトライになってしまったなぁ…

「デッドエンド左 初段」 ○
前回調整したホールディング&足位置でトライ開始。
右手ポッケもかなり持てている感触があり、1トライ目のランジでは今までで一番飛べた。
コレは期待せざるを得ない!
T-WALLで聞いたランジのコツを試してみた3トライくらいでついにランジがパコンと決まり、
マッチ→ヒールフック→マントルとこなして完登。ランジが気持ちよく決まると気分最高。いい課題だな~♪
|memo|
ポッケはてっしー同様、俵カチ持ちで、さらに指を突き立てるイメージ。
左足は棚の先端よりも左のピカピカ。右足は球体右下の黒ずんだところ。
あとは左上の縦シワよりちょっと右を狙ってランジ!

まだまだ時間があるので忍者岩に移動すると八丁堀軍団がいらっしゃっておりましたのでご挨拶。忍者岩も空いていた。

「子供返し 初段」 ×
相変わらず右手が止まらん…すると「なんで右足掻き込まないの?」とサクライさんからのご指摘。
右足を棚に置くとき、ツブをピンポイントに掻き込むほうが安定するとのこと。
試してみると一手目が止まったではありませんか。その後、身動き出来ずに落ちちゃいましたがw
いや~これは大きな前進だ。その後一度も止まらなかったけどw フレッシュなときに来よう。

「水の詩 3級」 ○
知り合いのクライマーが足首をヤラれた課題だってことで見てみると下地ががが。
ん~とりあえずやってみますかねぇ。八丁堀軍団のクライマーを誘ってトライ開始。
1便目は中間部のビミョーなホールドが持てずに降りる。いかん、ビビっているなw

2便目。例のビミョーはホールドはガチャピンチっぽくして対応。
リップに手をかけるとなんかシワをカチれる。このままペロンとマントル…怖くて思い切れない!
ちょっとずつ足を拾いながらジワジワっとマントル。めっちゃパンプしたw
いいハンドホールドなのにマントルが怖いってのは初めてだった。クライミングは底知れないぜ…

今日はよく晴れて暖かく過ごせたし、知り合いのクライマーにもたくさん会えたし、成果も出たし、
ナイスな一日だった。花崗岩シーズンにむけてトレーニング頑張るぜ~♪

◆本日の一枚◆河原でアウトドアを楽しむ若者グループ。もうそんな季節だっけ?
s_IMG_3522.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。