FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2015年01月24日(土) 湯河原クライミング

AM6:30 荻窪駅にて八丁堀軍団の皆様をピックアップして、いざ湯河原。

●同行メンバー
ウエノさん、ヨーコ姉さん、ハマちゃん、ごみちゃん、おトミさん、バタ子

[桃源郷]
ナカムラさん、モリタさん、サイトウさんと「スパイダーマン」をご一緒させてもらう腹積もりだったが、
なんだか天気がよろしくない。しかも雨がぽつぽつぽつ・・・
同行メンバーの行き先である[桃源郷]エリアにホイホイついていくことに。

「ゼルダ 5.11a」 RP
左手カンテ→左手ガバへの飛ばしが核心ムーブで、それ以外は全部ガバ。
核心ムーブ手前で動きにくい姿勢&ちょっと意地悪なホールドとなるが、無問題。
(OSに失敗し、直後にRPしたってのは内緒だぜ)

「アブラカダブラ 5.10a」 FL
しっかりと足で立っていくスラブ。よ~くホールドを探すと、ちゃんとある。
「ホールド探し」も大切なスキル。好ルートだと。

「ダイヤモンドヘッド 5.11c」 RP
2ピン目までアプローチ。そっからフェースに出てスタートって具合のルート。
2便目で左手カチ→左手カチから左足ハイステップ→右足ヒールってムーブを組み立てて核心パート突破に成功。
このままリップに両手をかけて「よっしゃ~」と思っていたら、ヒールがすっぽ抜けてドカ落ち。
続く3便目はリップ取りに失敗してフォール。リップ手前もしっかりとムーブを固める。
4便目にてRP。これは2便目で登るべきルートだった。ツメが甘いなぁ・・・

「憧れのハワイ航路 5.11a」 ×
カンテ&フェースを使って登る。登るんだが・・・難しい。丸いカンテに外傾カチと厳しいホールドが連続。
1ピン目はガバでクリップ、2ピン目はカンテのガバでクリップできるが
3ピン目が丸いカンテ&薄いフットホールドでクリップすることになるので、要注意。
ヤケクソのマシンガントライを敢行するものの、あえなく撃沈。
これが5.11a・・・湯河原、おそるべし。
|memo|
右手フェースの縦ガバカチの次は、ナナメのフットホールドに立ち左手カンテを上に飛ばしてから
真上あたりにあるアンダーカチを、ふんわりデッドでとらえる。
2ピン目の真横あたりのカンテがガバなので、これを取ってから左足をカンテそばの縦ホールドにあげてクリップ。
ここからのムーブが不安定。2ピン目右上の甘いカチから足を上げ、丸いカンテを取る。
その後に2ピン目すぐそばにあるカチに足をあげて右足を上げたいが、ホールドが不明。
3ピン目のクリップは要注意。

やっぱり桃源郷は大混雑。そんな中でも結構トライできたと思う。
しかし・・・家に着くと、「スパイダーマン」にトライしなかったことを後悔していた。
せめてルートの状態を確認してから判断するべきだったな。反省。

スポンサーサイト



2015年01月17日(土) 湯河原クライミング

当初予定していた同行者との予定がポシャってしまい、さぁ大変。
どーにかこーにか江戸川橋軍団に混ぜて頂き、湯河原へ行くことが出来ました。
直前のお願いにもかかわらず、調整して頂きありがとうございました。

むさしカーで6:00荻窪駅集合して出発。ちょっぴりクルマが多かったけどストレスフリー。
湯河原駅~幕山公園を往復してクルマに乗り切れないメンバーをピストン輸送していざ。

●同行メンバー
ピンク神、ピンク妻、ガミケンさん、ミケさん、細井さん

[正面壁]
同行メンバーは皆ボルダリングだったのでスパイダーキッドはお預けかと思いきや、
ナカムラさん、モリタさん、サイトウさんのビッグロック軍団の方々に面倒を見てもらえるようお願いして、
同行メンバーのみんなとは別行動して正面壁に突撃。

「ポニーテール 5.9」
今日はこのルートでアップ。ヒールフックを多様するルートで意外にもパワフルなルート。
アップのつもりが終わってみると結構な充実感。いいルートだすな。

「スパイダーキッド 5.12a/b」
1便目:ヒールのポイントが外れてフォール。その後ワンテンでトップアウト。
    カンテマッチ後は左足でカチを踏み、右足をカンテガバに上げるムーブに変更。
    最後の右足上げの前に、2ピンそばに薄いフットホールドがあるので、
    これを踏んでから右足上げとするムーブに変更。
2便目:ヒールのポイントが外れてフォール。その後ワンテンでトップアウト。
3便目:ヒールのポイントが外れてフォール。その後ちょいと探ってロワーダウン。
4便目:RP
    トライ直前に雲がかかってくれたのが幸運だった。リップに立ち上がって思わずガッツポーズ。

ナカムラさん、モリタさん、サイトウさんがトライしていた「スパイダーマン」は今日も大人気。
14時頃から雨が降り出し、カンテが濡れてきたのでトライを断念。無念でござるぅ…

この後は江戸川橋軍団と合流してボルダリング。
先に貝殻岩についたら八丁堀軍団の方々&坂元さんがおりましたのでマットを使わせて頂きトライ開始。

「貴船 初段」
スタートホールドおよび限定内容を教えていただき、トライ開始。
離陸時に左足をキョンにすると左手の飛ばしがやりやすかった。
4便目くらいで完登。

「パイプライン 初段」
リップに飛びついてから、ピンポイントでヒールフックして
体を上手くバランスさせながらリップしたのポッケカチを取るところがテクニカル。
ヒールのままマントルを返そうとしたらスッポ抜け。
次はちゃんとトゥに直してマントルを返しきり、トップアウトの為に立ち上がりきろうとしたら右足がスッポ抜け。
周囲のクライマーは失笑&嘲笑で迎えてくれた。
その後グズグズトライが続いたが、レスト後のトライで完登。無様なクライミングをしてしまった。

「サブウェイ 二段」
パイプラインのリップ飛びつきまで一緒で、そこから右のリップ沿いに登っていくライン。
全体的にホールドがシビアで手数の多い手ごわいルートで核心にも至らず敗退。またトライしたいな。
|memo|
右足を見えない位置にあるリップ右のくぼみにヒール。(結構甘いイメージ)
岩の下部に左足ヒールしてダブルヒール状態で左手ラップ→右手ポッケ→左足ヒール→
左手をラップから横引きに持ち替え

終わってみればリード、ボルダーともにパートナーに恵まれて1日でリード&ボルダーを満喫出来た。
お付き合い頂いた皆様には超絶感謝っす。ありがとうございました。

狙っていた「スパイダーキッド」も無事RP出来た上にボルダーでも成果が出るという圧倒的大漁。
いや~…ニヤケが止まりませんなぁw

◆本日の一枚◆ … スパイダーキッドをRPしてガッツポーズのわたし
スパイダーキッド⑤

2015年01月12日(月) 湯河原クライミング

八丁堀軍団に混ぜて頂き、湯河原クライミング。
むさしカーで6:30荻窪駅集合して出発。渋滞など皆無で快適なアプローチでした。
コンビニでは久しぶりの方とお会い出来る嬉しいサプライズがあった。

●同行メンバー
ごみちゃん、ハマちゃん、せんべいさん

[正面壁]
朝イチは極寒だから…というハマちゃんの制止を振り切り、
「正面壁に行かせて下さい!!」とお願いしてごみちゃんにビレイをお付き合い頂く。
ワガママ聞いてくれて、ありがとう。

「スパイダーマン」
いつものルート2本でアップしていざ。
ところが。
4ピン目のカンテに出るところでつまづき、どーにも進めないじゃないか。
前回トップアウトしたときにはそんな苦労しなかったハズなのに…さんざん落ちまくって敗退。無様。
|memo|
4ピン目左のガバは、左足を薄いポッケにハイステップでねじ込んで右手は斜めのいいカチをプッシュ。
以降はもっと足を探さないとダメ。

「スパイダーキッド」
「スパイダーマン」が混雑してきてしまったので、空いていたこちらのルートに浮気。
核心部のムーブが全然出来ず、トライ中の方のムーブ、ハマちゃんのアドバイスを参考にしつつ
執拗なトライで練習を繰り返すことで、どーにかこーにか核心部のムーブを作ることは出来たかと。
ボルダームーブというよりも、テクニカルなムーブに感じた。(いや、パワフルなんですけどね)
|memo|
1ピン目クリップ後はカンテ右側面のガバを右手で繋いでいって、
左手でカンテガバを取り右手に持ち替えてフラッキング体勢で2ピン目にクリップ。
左ちょい下にあるモワっとしたカチを握って右手のカンテガバ下の小さいガバに右足ヒール。
なるべく手前にヒールするのがポイント(立ちこんだときにいい体勢を作るため)
右手カンテをはたきながら、ある程度上がったところで左足を右足下のテキトーなところに当てる。
左手カチを逆手に持ち替えて、親指で押し込んで距離を稼いで右手カンテのカチを親指でかぶせるように持つ。
左手を縦カチ寄せ→左足カンテガバ→右手カンテ上のいいカチ(さらに上にガバサイドがある)
左手を縦ガバカチで体勢を安定させて3ピン目クリップ。
最後の頑張りどころ。左足をスメアで体を引き上げ、右足をカンテのガバ足に乗せる。

今日はハマちゃんが「伊豆の踊り子」、せんべいさんが「かずえちゃんとしおちゃん」をRP。オメデタイ!
「スパイダーマン」「スパイダーキッド」「伊豆の踊り子」…やりたいルートが盛り沢山の湯河原幕岩。
来週も行けたらいいな~

2015年01月10日(土) 御岳ボルダリング

三連休を利用して豊田行きを調整していたが、同行者都合により断念。
午前中に内科の受診を済ませて午後から御岳入り。(先週の風邪が治らないんス)
デッドエンド岩に直行したんだぜ。

●同行メンバー
なし

[デッドエンド岩]
お決まりの7級のラインでアップを済ませて…と仕度していると、なんとごみちゃんがおった。
相変わらず、やる気に満ち溢れているな~。燃えているクライマーはカッコイイんだぜ。
他にも八丁堀軍団メンバーが来ており、スズキさん、ヤナギモトさんとお知り合いに。

「デッドエンド」「勅使河原美加の半生」が盛況の中、今日のお題「デッドエンド左」にトライ。
一手目ポッケはタワラで思い切りカチ持ち。左のつぶカチを持って、
右足を球状ガバスタンスの右下あたりに当てて飛び出すものの、
リップを撫でるので精一杯。左右の足の高低差があるせいか、どーにも飛び出しにくい。

トライを繰り返すうちに少しずつ高度は上がっていったものの、リップを止めることはついになかった。
粘ってトライするものの、右手の俵カチ持ちの消耗が激しくあっさりヨレ&高度低下。
あっさり敗退となってしまったが、ちょこっとコツを掴んだ気がする。こりゃ~来週もデッドエンドかなw
|memo|
スタートのスタンスは、右足はアンダー下の棚。左足は棚ガバ足の下にあるガチャガチャ。
アンダーのいいところを持ってスタートして初手ポッケを決めたら、アンダー持ち替え(デッドになっちゃうところ)
初手ポッケは「勅使河原美加の半生」同様、俵カチ持ちがしっくりくる。痛いけど。
左下のいいカチ→左のつぶカチと中継し、右足は球状ガバスタンスの右下あたり。
(棚ガバに足を揃えて思い切り飛び出すのも試してみたい)
飛び出し先は左上に薄いクラックが少し走っているあたりに狙いをつける。
(もっと右のもっこりしたところがかかるって情報も有)

今日も居合わせたクライマーの方々と楽しくセッションさせてもらえた。恐悦至極。
上裸で登りだすクライマーもおり気合の入ったトライを見せてもらえた。
来週もまた、デッドエンドでお会いした際にはお互い完登して一緒にニヤたらしたいものですな。

2015年01月03日(土) 豊田ボルダリング

朝6:30頃に目が覚めると・・・風邪の具合は更に悪化していた。
昨日一日ボルダリングしていたのだから、当然と言えば当然なのだが・・・
のろのろと朝食を済ませてパブロンを飲み、今日も岩場へ向かうのだった。

●同行メンバー
フタカミさん、店長、ナカオさん一家、細ピー、ホンダさん、モトキチ、なべきち、じっちゃん

[城山城跡 思い出エリア:カサブタ岩]
トイレでもたついてしまいアップする時間がなくなってしまい、みんがトライしている「クレーター c」に混ざる。
とにかくカチが痛い。荒い結晶を指に突き刺して登るので指に穴が空いてしまいそう。
フリクションは犠牲になってしまうが、穴が空く前にテーピングを巻いてトライ再開。
中間部のくぼみからの左手飛ばす為に細かい足に立たないといけず、なかなかシビア。
高さもあってとても充実した課題だった。

[城山城跡 思い出エリア:思い出岩]
「サイエンスⅡ b」をトライ。アンダーで体を引き上げリップ上のガバを取ってマントル。シンプル。
「アンチョビ b」をトライ。「サイエンスⅡ」にそっくり。ちょっぴり悪いかな?
「思い出 c」をトライ。ダイクのマッチに苦戦。右足にがっつり乗り込むのがポイントだった。
「サイエンス d」をトライ。アンダーでリップのしわをカチ持ち→左足に立ちこみ左上のスローパーから
さらに左のフレークに飛ばす。数トライで登れた。「思い出」のほうが難しかった。
「マトリックス d?」をトライ。スタートのアンダーが欠けたらしく、キャンパ課題となっていた。
トライしているうちに肘を痛めそうだったので早々に敗退。

[城山城跡 思い出エリア:気晴らしロック]
「気晴らしⅡ a」をトライ。かなり寝ており、ホールドが多彩なスラブなのだが、とにかく高い!
7メートルくらいあるんだろうか・・・中間部過ぎから緊張感が出てきてしまう。あぁ恐ろしい。
今回の豊田ボルダリングで外岩デビューだったじっちゃんも果敢にトライするも中間部あたりからフォール・・・
ズルズル~とフォールできたため、大怪我には至らず、指皮が派手に剥ける程度で済んでよかった。

[城山城跡 俊トラエリア:俊トラ岩]
指皮ズルズル、ヨレヨレ、風邪ゲホゲホだけど折角なので「俊トラ e」にトライ。
斜めのダイクをトラバースしてリップ取りにつなげるラインなのだが、テクニカルで面白い!
核心と聞いた中間部のヒール解除の振られ耐えまでも行けなかったのが残念でならないが、
これはまたフレッシュなときにチャレンジしたい。

すっかり日も暮れてしまい帰路に着く。帰りはフタガミさんチョイスのスーパー銭湯で入浴→晩御飯。
帰りは中央自動車道で帰ることに。約350キロで4時間30分のロングドライブを休憩なしのノンストップで
こなしてくれたモトキチ先輩には、只ひたすらに感謝です。

豊田の岩場は楽しすぎるってコトがよ~くわかりました。
どーにかして通えないものか・・・とりあえず、風邪を治さないと。

2015年01月02日(金) 豊田ボルダリング

明けましておめでとうございます。

東村山ボルダラー軍団を組織して豊田ボルダリングへ向かったのだが・・・
約350キロのロングドライブを経て到着した豊田は白銀の世界だったorz
(昨年同様、新年早々風邪を引いてしまったが、後には引けんのです)

●同行メンバー
フタカミさん、店長、ナカオさん一家、細ピー、ホンダさん、モトキチ、なべきち、じっちゃん

[大給城址エリア:Q岩]
駐車エリアには薄っすらと雪が積もっており「これはダメかなぁ・・・」と思いつつ偵察に行くと、
ちょっと湿気っぽいが登れそうだったので、とりあえず登ってみることに。
みんながアップに利用するという「スタンプA a」「スタンプB b」「スタンプC a」を登り、
「ジャンプ c」を数トライして登った。「ジャンプ」はリーチ有利な課題だったので
登りやすかったが、なべきちは渾身の猫パンで派手に流血してしまったが、根性で完登。怖い。

[大給城址エリア:J岩]
雪が降っていて、「ダイヤモンドスラブ」は流石にシケシケではってことで、木陰になっている
「ポールポジション d」にトライ。ほぼ垂壁のカンテラインを登るキレイな課題って印象だった。
豊田の名課題10選にも選ばれているという。細かいスタンスを拾いつつ左側のフェースの薄いカチを中継しつつ
カンテ沿いに高度を稼いでいく課題。中間部の縦カチを左手ガストン→右手ポッケ取りがポイントだった。
ガバマッチ後のポッケ立ちこみ→マントルまで気が抜けなかった。高さもあり登れて嬉しかった。

[大給城址エリア:K岩]
「吹流し b」にトライ。左手飛ばし後の角取りに苦戦してしまい、十数トライでやっと登れた。

SDスタートの「鯉のぼり e」にトライ。右上フェース面の顕著なフレークは下部のガバのみ使用可能で、
左手の薄っすらとした膨らみを押さえて右足ヒールフック→右手カチから「吹流し」につなげるライン。
下部は小川山の「犬小屋」に似ている。カチをガストンで押さえてフレーク下部のガバを取り、
その後は左足を左側に思い切り出して左手→右足ヒールフック→「吹流し」なのだが、
角取り手前までが最高到達点だった。無念orz

日も傾いてきたのでちょいと早めに撤収。雪のわりにはしっかり登れてよかった。
しかし岩場のスケールには圧倒される。どれもこれも岩がでかい上に、これでエリアのごく一部とは・・・
粒子の粗い花崗岩で指皮の消耗が激しい為、テーピングを上手く使って対応せねば。

宿泊は「ABホテル豊田元町」というビジネスホテル。晩御飯と朝食付きで6300円。部屋もキレイで文句無し。
スーパーマーケットでお酒類を買ってきてじっちゃんの部屋を犠牲にして宴会。
自分は風邪を引いていたのでお酒は自粛。楽しいトークで盛り上がって就寝。
お部屋を提供してくれたじっちゃんに感謝です。
|交通memo|
青梅ICから圏央道で海老名まで行き、東名高速。約350キロで4時間30分(渋滞無し)
中央自動車道からでも大差がないので、渋滞情報で判断すればOK

2014年クライミング振り返りと2015年クライミングの目標設定

先ずは昨年、一緒にクライミングをして頂いた皆様に感謝。
本当にありがとうございました。

昨年同様、2015年もボルダー、リードの二刀流でやっていく所存でございますので
引き続き、どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

●2014年の振り返り
[成果:ボルダー](新規完登のみ・・・のはず)
10級:4本
9級:2本
8級:2本
7級:3本
6級:7本
5級:5本
4級:5本
3級:8本
2級:7本
1級:9本
初段:8本

・所感
2014年のボルダー目標は「初段」を登る。としており、4/19に「忘却の果て」を登って達成。
その後も初段グレードの課題を打ち込みつつ、二段グレードの課題にも幾つか手をつけた。
目標よりも大きく躍進した結果となった。(目標設定が甘かっただけかも・・・)

特に嬉しかったのが「石の魂」初段。ランジでリップのガバを取ったときは最高の気分だった。

最近、岩場で偶然居合わせたクライマーの方々と和気藹々とセッションをすることが何より楽しい。
「クライミングはコミュニケーション」と某石の人が仰っていたが、ほんのちょっと分かった気がする。
2015年は楽しくセッションしつつ、その雰囲気の中でバシっと完登できるようなクライミングを目指したい。

[成果:リード](新規完登のみ・・・のはず)
5.9 :4本
5.10a:7本
5.10b:2本
5.10c:8本
5.10d:2本
5.11a:4本
5.11b:8本
5.11c:1本
5.11d:2本
5.12a:2本

・所感
2014年のリードの目標は「5.12a」を登る。としており、
2013年11月から2014年4月まで河又の岩場で集中的に鍛えていただいたおかげで
4/20「デザートソング」を完登して目標を達成することができた。グレード更新も勿論嬉しいが、
それよりも上記期間では「How TO リードクライミング」を教えていただいたことが何よりも有難かった。
今まではボルダーの世界しか知らなかった自分に新しい世界が拓けたようにも思えた。
お師匠になってくれたマッシーさん、そしてマラ岩おやじ三人衆には本当に感謝です。

●2015年の目標設定
[ボルダー]
二段グレードの課題を登る。

[リード]
5.12bグレードの課題を登る。

2014年12月31日(水) 御岳ボルダリング

泣いても笑っても今日で2014年最後のクライミング。
結果を出して笑顔で締めくくる為、凍り付いているフロントガラスに熱湯をぶっかけ御岳へGO。

●同行メンバー
ハマちゃん、ごみちゃん

[デッドエンド岩]
9:30頃に到着。去年はガラガラだったのに、結構な数のクライマーが集まっていた。
カンテ周辺の7級でアップを済ませてさっそく狙いの「勅使河原美加の半生」にトライ。
先日頂いたアドバイスや、居合わせたクライマーからのアドバイスを参考にしたところ、
2トライ目くらいで初手のポッケ取りを解決し、4トライ目くらいで一度リップを叩くところまで到達。

これは・・・イケるかも・・・

しかしその後、2手目のポッケが止まることはなかったが、それでも気持ちは前向きだった。
何しろ初手のポッケ取りを解決できたのが大きかった。
お腹も空いたので、午前中のトライを終了してお昼ご飯&お散歩の大レストを入れる。

このレストが効いたのだろうか。

午後のトライ1回目で2手目のポッケ取りに成功。
落ち着いて足を上げているときに、「もう落ちるな!登れ!!」と声を掛けてもらう。
おかげでバリっと気合が入り、思い切り手を伸ばしてリップ取りにも成功。
何だか気持ち悪い体勢に耐えてマッチ→ヒールフック。
この時に少しもたついてしまい、リップ奥のガバを探る余裕がなくなってしまった。
フォールが脳裏をよぎったが、リップのままマントルに突入。
指の腹しかかかっていなかったが、どーにかこーにかマントルを返して完登。

ずっと意識していた課題だったので、登れて本当に嬉しかった。
いや~よかったよかった。次は「デッドエンド左」だなw
|memo|
初手のポッケはホールドの手前にある突起?を人差し指と薬指で当てて、
第一関節あたりに中指をかぶせるように俵持ちをつくり、
最後に親指で上から押し付けて変則的な俵カチ持ちを完成させる。
2手目のポッケはふんわりと3本の指で狙う。リップはかかりのいいスローパーって感じ。

ハマちゃんは「デッドエンド左」をさっくりと登っていた。いや~やっぱ強いなw
ごみちゃんは「デッドエンド」がかなり進んでイイ感じに。本人もかなり手応えを感じている様子。

[ロッキーボルダー]
ハマちゃんが「遼」をトライするとのことなので、自分は「エゴイスト」をトライ。
以前はスタートも出来なかったので何とかスタートだけでも・・・

以前の足位置の下にもホールドがあり、こちらにしたらスルリとスタートできた。
2手目のアンダーからのヨセもできたが、次のスローパーが届きもしないw
これはまた、フレッシュなときに来ましょう。そうしましょう。

ハマちゃんの「遼」はかなりいい感じ。近いうちに登っちゃうな~コレは。

これにて2014年のクライミングは終了。地元の駅でささやかに祝杯。
怪我なく無事に終われてよかったな。

クライミングシューズメモ:ソリューション

王道シューズの味をしめた愚か者の私が次に買ったのがソリューション。
ウフフフ・・・これでグレードがぎゅぅぅぅ~んと・・・

上がりませんでした。

うん、それどころか、痛い。履いていると痛いっす。小指の付け根の外側が当たって痛い。
数ヶ月程、痛いのをガマンしていたが全然慣れてきませんなぁ・・・

つま先の使用感は慣れてくればすごく使えるように思えましたが・・・
ヒールカップが合っていないのか、ヒールフックで脱げちゃいました。

足型が合わない!!と結論。
知人のクライマーの方にお願いして、ヤフオクへと放流していただきました。

お手数おかけ致しました。

※自分の使用感で書いておりますのであしからず・・・

該当の記事は見つかりませんでした。