FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2017年01月08日(日) 豊田ボルダリング

今朝からどんよりとした空模様だが、気持ち200%のメンバーはお構いナシ。
別便で豊田入りしているナカオ家御一行とジョインするべく梟城址へ。
色々とオススメ課題も紹介して頂いているので気になるところ。
しかし現実問題として、いつ雨が降り出すかもしれないこの状況…
何かに狙いを定めて一撃離脱といきたいが果たして。

●同行メンバー
フタカミさん、シモジマさん、ゆみにさん

「せつ子 e」 〇
フタカミさんがチョイスした岩にあったトラバース課題。
兎に角トライしてみると一手目のパワームーブが中々にハード。
2トライ目で一手目をこなし、事実上のゴールガバ手前まで迫るも右手寄せ成らず。

コレは出来そうな予感ビンビンよ。
ブランクパートをキッチリと確認しておき、いざ。
しかし一手目取りでまた躓く始末。失敗するとバリバリっと指皮を削られて痛い…

とにかく一手目に集中してトライすること7トライ目ぐらい。
ヒールフック外れつつも一手目をこなしてトラバースパートへ。
ガストン方向の悩ましいマッチを繰り返してトップアウトとなりました。

フタカミさん達も自由にラインを組み替えてエンジョイなされていた御様子。
その後は自分が岩jamイベントで初登させて頂いた課題を楽しんで頂き何やら気恥ずかしい気分。
あの時ボコられた隣のライン、改めてトライしておけばよかったなぁ…
シャーシャーと雨が降り始めたので撤収。二日間ありがとうございましたorz

◆本日の一枚◆フタカミ登攀塾、開講でございます。
20170108豊田

スポンサーサイト



2017年01月07日(土) 豊田ボルダリング

ここ最近、緩傾斜の課題と高さのある課題にトライして修行を積んできた。
それもこれも、豊田に鎮座する超有名課題にケリをつけるため。
いざ尋常に…勝負!

●同行メンバー
フタカミさん、シモジマさん、ゆみにさん

フタカミさんにピックアップして頂き、国分寺駅にてゆみにさんと合流。
気持ち200%のまま豊田へ向かって一直線なのであります。
大給城址に到着したのが10時前だったか…いそいそと岩場へ向かう足取りは軽い!

「ダイヤモンドスラブ d」 ×
ダメでしたw

前回到達したところまではワリと安定してきたんだが、
そこからのポケット?取りが意味わからん…

「右足を下のクラックまで下げる人もいる」との情報を得て早速試すと
体が安定してフワリとポケット取りに成功。しかしなんなんだこのポケットは。
二つ並んだようなポケットなのだが、両方ともポケットの中央に結晶が居座っているのだ。

コイツらのせいで非常に微妙なホールディングとなり、イマイチ保持感が得られない。
何度トライしても仲良くなれず、大フォールを連打。ついには脳みそにまで振動を感じる始末w
まだまだ修行不足という現実を突きつけられての敗退と相成りまして候。

「遠き道 d」 〇
日差しが当たる時間帯に移動して皆で遊ぶことに。
「かば」「影」を皆でエンジョイした後にトライ開始でございます。

せまっ苦しいアンダーをフルパワーで握りしめて強引に離陸。
すぐ上のガバアンダーを取りたいんだけど足がスコスコと抜ける始末。

苦悩すること数トライでアンダーを捉えることに成功。
そのまま中間部を気持ち良く抜けてマントルを~…
リップが全体的に甘くてほんのりと外傾している…下地もあんまりないぞ…
ゾワリと緊張感が走るものの、慎重にマントルをこなしてトップアウト。

「微妙 c」 ◎
カンテラインを挟み込んで登るような感じの課題。
これはリーチが有利に働き、気持ちよくトップアウトでした。

フタカミさんは「ティータイム」を登るという快挙。豊田グレード更新なのです。
初豊田となるシモジマさんは指が破ける勢いのアツいトライ連打。明日もあるのにw
ゆみにさんはフタカミさんからの手厚い指導を受けて着実に経験値をGET。
自分がワガママを言って大給城址に来てもらったというのに結果を出せないというコントラストきつめな初日でした。

◆本日の一枚◆フタカミさん「チョックなう」とのこと。
20170107豊田

2016年12月24日(土) 豊田ボルダリング

目が覚めるとビックリするぐらいの二日酔い。
皆様より「顔が白い」とのお言葉を賜るコンディション…
コイツは一体全体どーしたもんか…とりあえず岩場で考えようっと。

●同行メンバー
ヨコサン、sgoさん、タニエルさん、イーオさん、ゆみにさん、ナンボックー

9時頃には古美山へ到着してクライミングスタート。
流石にリーチロックはパリパリなご様子。
皆様が狙う「蛇の目」もコンディション良好な様子。

「リーチ・ダイノ d」 〇
イーオさん、ゆみにさんに混じってアップするものの、一向に回復してこない…
しかし何もしないのもアレってことで、YouTubeでラインを確認してトライしてみることに。
最初のダイノにハマリかけるものの、一緒にやって下さった方のフットホールドをパクることで解決w
手に足ヒールの乗り込みがとっても窮屈だったが、どーにかこーにか完登。

「文明開化 e」 ×
昼寝をしてみるものの、凍える寒さで目が覚める始末。
タニエルさんの「一難去って」に便乗する形でトライしてみることに。

ようやく前回の到達点までたどりつき、上部結晶を捉えるものの核心ムーブが起こせない。
そしてその1トライであっさりと指皮を切り裂いて試合終了。なんなんだこの課題は…
もう完全に足のみで立つイメージなんだろうか…き、厳しい…

帰りのクルマではすっかりグロッキー状態となってしまい、悪寒に凍える有様。
結局皆様に運転を頼り切る結果となり、大変申し訳なく…ありがとうございました!

◆本日の一枚◆「一難去って」をトライするヨコサン。お互い限界を攻めましょう!
20161224豊田

2016年12月23日(金) 豊田ボルダリング

大田区軍団より豊田シーズン開幕のお知らせを受ける。
こうしちゃおれんと臨戦態勢となるものの、直前まで天気予報に翻弄される。
そして導き出された結論は…突撃!

●同行メンバー
ヨコサン、sgoさん、タニエルさん、イーオさん、ゆみにさん、ナンボックー

国分寺駅5:30頃にゆみにさんをピックアップし、国立府中IC付近にて合流。
タニエルさんチームとして、イーオさん、ゆみにさん、私の4名で
先行するヨコサンチームを追跡する形と相成りまして候。

私の不案内でJCTをミスってしまい、少々タイムロスとなってしまい申し訳。
前日は相当に降ったとのことだが、一縷の望みにかけて古美山を偵察するもリップびしょ濡れ。
大人しくヨコサンチームが先着している大給城址へ向かうのでありました。

「ティータイム d」 〇
ヨコサンチームが総攻撃をかけているこの課題。
以前私も敗退しているので、この一年の成長を確認する意図も含めてトライ。
手の持て感がかなりあった為、ちょっと余裕を持ちつつ1トライでトップアウト…できたのはいいんだけど、
途中での足切れが記憶しているだけでも4回って…う~ん、相変わらずの足下手だ…

大田区軍団総攻撃の中、ヨコサンの冷静なトライが目にとまった。
トライして、ミスした部分を探りつつ微細な修正を重ねていく…
今後は高難度を積極的にトライしていくとのこと、是非とも応戦&セッションして頂きたく!

「生茶 c」 ×
sgoさんより2トライのみ許可を頂き、挑戦なのです。
左手のサイドを取るときにどうしても足が切れてしまう…
結局10トライ弱やったのに出来なかった…本当に成長しているのだろうか…

「ミテ f」 ×
皆様は裏大給へ移動するとのことだが、私一人居残り以前より気になっていた課題に取り組むことに。
オオニシさん率いる?Dogwood軍団に混ぜて頂きトライ開始。

スタートが非常に高いため、少々地ジャン気味に離陸。
離陸→一手目はガバで問題ないんだが、次の左手出しの核心ムーブ。
決して悪くないホールドなのだが非常に飛び出しにくく、
どうしてもカンテ側にカラダを持っていかれて左足、左手、右手と切れていき
最終的にはとんでもないフォールをしてしまう恐ろしい課題。

結局核心ムーブを成功させることは出来なかったが、注意するべきポイント等はわかった。
ん~…とても一人ではトライできませんねw

Dogwood軍団の鬼ツヨ女子がテクニカルなヒールで核心をスタ気味に攻略しており、
試しに真似しようとしたら指が千切れそうに痛かった…色んな力が違いすぎたorz
マットの移動やスポットに入って頂き、ありがとうございました!
|memo|
穴の右に飛び出している岩をマットで隠しておかないとぶつかる。
核心ムーブの左足はキツくても水平ホールドではなく、
その上のナナメホールドを掻き込むように飛び出さないと厳しいのでは?

「ダイヤモンドスラブ d」 ×
ミテの大フォールで自分はおろか、皆様のテンションを下げてしまう有り様。
このままではイカンと、その裏面に鎮座まします看板課題をトライ開始。

関西弁の方が非常に美しいムーブで上部まで迫っており、
何の躊躇もなくムーブを丸パクリして上部手前まで安定化w
トライを重ねるごとに洗練されていく感じはあるものの、上部の処理が難しい…
高度感も手伝ってか、精神的に疲労していくのを感じる。

白くなったホールドの上部までいき、リップが目前に迫る。
後はこの左足がスリット状の上部まで上がれば…というところでスリップ。
っつーのが本日の最高到達点。しかしこの課題もついにゴールが見えてきたのだろうか…
|memo|
台座→右→左クロス→右→右手縦スロット→左足手前→右足クロスで白い結晶→左足ハイステップ→
左手スロット→右手叩きつつの結晶まで。
ハンドホールドで体を引き上げて右足アウトサイド気味に小さい結晶を踏み、
その下に見える白く飛び出した結晶を左足インサイドで踏むとかなり立てて右手を上部ガス気味のカチに出せる。
左足を黒ずんだ膨らみにセットして左足で結晶の窪み→左手が見かけよりも持てる外傾窪み
左足をスロット上部にセット出来れば…

豊田シーズン開幕戦の初日終了。ナンボックーが手配してくれたお宿にチェックイン→入浴を済ませ、
近くの焼肉屋さんでささやかに忘年会。とっても酔っぱらいました。

◆本日の一枚◆ダイヤモンドスラブを登るsgoさん。寒かったですねw
20161223豊田

2016年03月26日(土) 豊田ボルダリング

今シーズン最後の豊田行きに同行させて頂くことに。
メトリウスのクラッグステーションに荷物をギューギュー詰め込んで出社し、
タニエルさん邸に前夜泊させて頂き出撃でございます。

●同行メンバー
ヨコサン、タニエルさん、ナンボックー

9時過ぎ頃に大楠林道へ到着。アップ後にはタニエルさんの「兄貴」トライを応援っ…
と思いきや繋げ2トライ目であっさり完登。TUEEEEEE。

「春三番 e」 ×
まずは核心を越えた想定で上部を再トライ。数トライのすえ、ようやく…とほほ。
とにかく肝心要の出だしを何とかせねば。つーことでトライ開始。
いや~…結局一手目を止めることは出来なかった…左手のロックが出来ていないので
右手を出し始めたころには体が落ちてきているのよね。また出直してきます。

「トナカイ c~d」 ○
ずいぶん彷徨い歩いているうちにナンボックーと合流。
彼が仕掛かっていたこのライン。何となく笠間のラブタッチに似ているような。
手がイマイチなので足で工夫すると、どーにか上部のガバに届いた。ほっ。
ついでに「お雪Ⅱ b」「お雪 c」も登っておいた。

「デッドクリフ d」 ×
ナンボックー推薦課題。ほぼ垂壁のコーナー部分を攻める面白そうな課題。
しっかし出だしのカチが悪く、次のホールドもかなり遠い。おまけに岩がボロボロ。
早々に敗退。とほほ。

「クリフハング d」 ○
こじんまりとしたハング。とりついてみると結構な傾斜ではございませんか。
二手目取りに苦戦しているところ、ナンボックーが使用している足が使えそうなことに気づく。
この足を使ってみると、二手目がスイと出たではないか。そのままトップアウトでした。

単独で登っていたヨコサンから受傷の連絡があり下山して病院へ直行。
診察の結果、どうやら大事には至らなかった模様。肝を冷やした一日でした。

◆本日の一枚◆「兄貴」をトライするタニエルさん。おめでとうございました!
20160326豊田

このカテゴリーに該当する記事はありません。