FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2015年02月07日(土) 湯河原クライミング

仕掛中のスパイダーマン。ついにアローンとなってしまった私orz
どーしたものかと思案していたところ、ちょうどトライしてみたいっつー方が現れてパートナーを獲得。
木曜日に雪が降ってしまい、コンディションが心配だったが突撃せずにはいられない。

そう。突撃せずにはいられないんだ!

●同行メンバー
スズメちゃん

岩場近くのセブンイレブンで行動食&野菜を仕入れていると、
新しいクルマを駆るハマちゃん&ごみちゃんペアに遭遇。
圧倒的燃費性能とカワイらしいルックスがいいですのぉ~。

ピンク軍団ともお会いしてお互いに激励。

コシヌマさん率いる?フィッシュハングアウト軍団にもご挨拶。
(失礼致しました。)

梅祭り初日だったけど、流石にこの天気では…第3駐車場、余裕でした。
道路がしっとりしていて、あんまり期待できないかなぁ~と思っていたけど、
正面壁に来てみると、そんなに濡れているようには見えない。
これならアップを済ませたころには結構回復するんジャマイカ?

いつもの2本でアップを済ませて、いざ。

「スパイダーマン 5.12a」 ××○
1便目:マスタースタイルでレッツゴー。カエルレストまでスムーズに進み、このまま押し切れるか…と思いきや。
左足が決まりきっていない状態で手を出してしまいフォール。そのままワンテンでトップアウト。
やっぱり状態は問題ないな。こりゃー言い訳できんぞw

2便目:核心?のカンテに出るところで、足が抜けてフォール×2。
トップアウトしてレストポイントに出るところのムーブを再確認。

3便目:RP。通算7便目。カンテに出るところの足上げと、レストポイントに出るところのムーブが特に難しかったな~
フットホールドが全体的にシビアな足課題。見栄えするロングルートを登れて素直に嬉しい。

スズメちゃんも宿題と言っていた10dを光の速さで完登。強いっす。
スパイダーマンもきっちりとトップアウトして着々とムーブ解析。強いっす。

スズメちゃんと目標ルートを設定したので、これを登るためにトレーニングするべ。
同じぐらいのグレードを登る人とパートナーを組むと、こーゆー楽しみ方も出来るのね。
もうアローンはイヤなので、ガンバって準備するぜw

◆本日の一枚◆ … ずっと使ってきたクライミングパンツのお尻部分にデカい穴が空いていると告げられた。
げげっ。一体いつから空いていたんだろうか…う~ん、考えるのはよそう。
DSC_0130.jpg

スポンサーサイト



2015年01月31日(土) 湯河原クライミング

江戸川橋軍団に混ぜていただき、湯河原へ。
クルマを出してくれたイノウエさんがわざわざ椎名町までピックアップに来てくれた。
只、ひたすらに感謝です!ありがとうございました!!

●同行メンバー
ピンク神と妻、イノウエさん

現地到着後、江戸川橋軍団と別れて正面壁へ。
ビッグロック軍団の皆様、混ぜて頂きありがとうございました。

正面壁についてみると、岩はビショビショ。ある程度は覚悟していたががが。
お天気ばかりは仕方なし。とりあえず「ポニーテール」でアップを済ます。
これも上部が完全に濡れてて怖かったな~折角おニューのシューズだってのに。とほほ。

アップの後は渇き待ちをしていたんだが、そのうち雨&雹が降り出す始末。
カッパをかぶり、岩の陰に隠れてやり過ごす。
う~ん、こりゃあ今日はトライできないかもなぁ・・・と思いきや、天気が回復してきたですよ。
そしてカンテ周辺は渇いているように見えるですよ。
こりゃトライしてみるっきゃないですよ。
(ヌン掛けしてくれたナカムラさん、ありがとうございます><)

「スパイダーマン 5.12a」 ××
1便目:やっぱり各駅停車。改めてホールドの位置を確認しつつの探り便。
薄いフットホールドだけど、足を置いてみると結構立てるものなんだな~
カンテ周辺は持ちやすいし、上部はフットホールドとしても使える箇所が幾つかあった。
なんとなく各パートのイメージを掴みつつトップアウト。

2便目:核心?のカンテに出るところで、左手を縦カチに寄せるところで目測を誤ってしまいフォール。
すぐにロープを引っ張りレストせずに登り直したら、どーにかそのままトップアウト。
結果ワンテンになったが、縦カチの寄せが出来ていれば登れたんじゃないか…キィィ~!
|memo|
下部の擂り鉢状パートはカンテ&フットホールドを忘れずに。
4ピン目からカンテに出るところは、右手カンテ→右足ハイステップ(左手縦カチよせ、忘れずに)
そのまま右手カンテを送り続けて右足で完全に立ち上がる。
カンテとフェースにホールドがちゃんとあるので、きっちりと使っていくこと。
ガチャガチャしたカンテは、そのすぐ下が持ちやすい。
上部フェース面の大レストポイントへ移る際のスタンスとガチャガチャホールドは頑張りどころ。

悪いコンディションの中、サイトウさんがスパイダーマンをRP!おめでとうございます!!
すべてのパートを完全に解決しており、スムーズなムーブでの完登。流石の強さですね。

梅祭りが始まってしまったけど、ワンテンまできたら登ってしまいたいところ。
もうちょっとガンバりまっせ。

2015年01月24日(土) 湯河原クライミング

AM6:30 荻窪駅にて八丁堀軍団の皆様をピックアップして、いざ湯河原。

●同行メンバー
ウエノさん、ヨーコ姉さん、ハマちゃん、ごみちゃん、おトミさん、バタ子

[桃源郷]
ナカムラさん、モリタさん、サイトウさんと「スパイダーマン」をご一緒させてもらう腹積もりだったが、
なんだか天気がよろしくない。しかも雨がぽつぽつぽつ・・・
同行メンバーの行き先である[桃源郷]エリアにホイホイついていくことに。

「ゼルダ 5.11a」 RP
左手カンテ→左手ガバへの飛ばしが核心ムーブで、それ以外は全部ガバ。
核心ムーブ手前で動きにくい姿勢&ちょっと意地悪なホールドとなるが、無問題。
(OSに失敗し、直後にRPしたってのは内緒だぜ)

「アブラカダブラ 5.10a」 FL
しっかりと足で立っていくスラブ。よ~くホールドを探すと、ちゃんとある。
「ホールド探し」も大切なスキル。好ルートだと。

「ダイヤモンドヘッド 5.11c」 RP
2ピン目までアプローチ。そっからフェースに出てスタートって具合のルート。
2便目で左手カチ→左手カチから左足ハイステップ→右足ヒールってムーブを組み立てて核心パート突破に成功。
このままリップに両手をかけて「よっしゃ~」と思っていたら、ヒールがすっぽ抜けてドカ落ち。
続く3便目はリップ取りに失敗してフォール。リップ手前もしっかりとムーブを固める。
4便目にてRP。これは2便目で登るべきルートだった。ツメが甘いなぁ・・・

「憧れのハワイ航路 5.11a」 ×
カンテ&フェースを使って登る。登るんだが・・・難しい。丸いカンテに外傾カチと厳しいホールドが連続。
1ピン目はガバでクリップ、2ピン目はカンテのガバでクリップできるが
3ピン目が丸いカンテ&薄いフットホールドでクリップすることになるので、要注意。
ヤケクソのマシンガントライを敢行するものの、あえなく撃沈。
これが5.11a・・・湯河原、おそるべし。
|memo|
右手フェースの縦ガバカチの次は、ナナメのフットホールドに立ち左手カンテを上に飛ばしてから
真上あたりにあるアンダーカチを、ふんわりデッドでとらえる。
2ピン目の真横あたりのカンテがガバなので、これを取ってから左足をカンテそばの縦ホールドにあげてクリップ。
ここからのムーブが不安定。2ピン目右上の甘いカチから足を上げ、丸いカンテを取る。
その後に2ピン目すぐそばにあるカチに足をあげて右足を上げたいが、ホールドが不明。
3ピン目のクリップは要注意。

やっぱり桃源郷は大混雑。そんな中でも結構トライできたと思う。
しかし・・・家に着くと、「スパイダーマン」にトライしなかったことを後悔していた。
せめてルートの状態を確認してから判断するべきだったな。反省。

2015年01月17日(土) 湯河原クライミング

当初予定していた同行者との予定がポシャってしまい、さぁ大変。
どーにかこーにか江戸川橋軍団に混ぜて頂き、湯河原へ行くことが出来ました。
直前のお願いにもかかわらず、調整して頂きありがとうございました。

むさしカーで6:00荻窪駅集合して出発。ちょっぴりクルマが多かったけどストレスフリー。
湯河原駅~幕山公園を往復してクルマに乗り切れないメンバーをピストン輸送していざ。

●同行メンバー
ピンク神、ピンク妻、ガミケンさん、ミケさん、細井さん

[正面壁]
同行メンバーは皆ボルダリングだったのでスパイダーキッドはお預けかと思いきや、
ナカムラさん、モリタさん、サイトウさんのビッグロック軍団の方々に面倒を見てもらえるようお願いして、
同行メンバーのみんなとは別行動して正面壁に突撃。

「ポニーテール 5.9」
今日はこのルートでアップ。ヒールフックを多様するルートで意外にもパワフルなルート。
アップのつもりが終わってみると結構な充実感。いいルートだすな。

「スパイダーキッド 5.12a/b」
1便目:ヒールのポイントが外れてフォール。その後ワンテンでトップアウト。
    カンテマッチ後は左足でカチを踏み、右足をカンテガバに上げるムーブに変更。
    最後の右足上げの前に、2ピンそばに薄いフットホールドがあるので、
    これを踏んでから右足上げとするムーブに変更。
2便目:ヒールのポイントが外れてフォール。その後ワンテンでトップアウト。
3便目:ヒールのポイントが外れてフォール。その後ちょいと探ってロワーダウン。
4便目:RP
    トライ直前に雲がかかってくれたのが幸運だった。リップに立ち上がって思わずガッツポーズ。

ナカムラさん、モリタさん、サイトウさんがトライしていた「スパイダーマン」は今日も大人気。
14時頃から雨が降り出し、カンテが濡れてきたのでトライを断念。無念でござるぅ…

この後は江戸川橋軍団と合流してボルダリング。
先に貝殻岩についたら八丁堀軍団の方々&坂元さんがおりましたのでマットを使わせて頂きトライ開始。

「貴船 初段」
スタートホールドおよび限定内容を教えていただき、トライ開始。
離陸時に左足をキョンにすると左手の飛ばしがやりやすかった。
4便目くらいで完登。

「パイプライン 初段」
リップに飛びついてから、ピンポイントでヒールフックして
体を上手くバランスさせながらリップしたのポッケカチを取るところがテクニカル。
ヒールのままマントルを返そうとしたらスッポ抜け。
次はちゃんとトゥに直してマントルを返しきり、トップアウトの為に立ち上がりきろうとしたら右足がスッポ抜け。
周囲のクライマーは失笑&嘲笑で迎えてくれた。
その後グズグズトライが続いたが、レスト後のトライで完登。無様なクライミングをしてしまった。

「サブウェイ 二段」
パイプラインのリップ飛びつきまで一緒で、そこから右のリップ沿いに登っていくライン。
全体的にホールドがシビアで手数の多い手ごわいルートで核心にも至らず敗退。またトライしたいな。
|memo|
右足を見えない位置にあるリップ右のくぼみにヒール。(結構甘いイメージ)
岩の下部に左足ヒールしてダブルヒール状態で左手ラップ→右手ポッケ→左足ヒール→
左手をラップから横引きに持ち替え

終わってみればリード、ボルダーともにパートナーに恵まれて1日でリード&ボルダーを満喫出来た。
お付き合い頂いた皆様には超絶感謝っす。ありがとうございました。

狙っていた「スパイダーキッド」も無事RP出来た上にボルダーでも成果が出るという圧倒的大漁。
いや~…ニヤケが止まりませんなぁw

◆本日の一枚◆ … スパイダーキッドをRPしてガッツポーズのわたし
スパイダーキッド⑤

2015年01月12日(月) 湯河原クライミング

八丁堀軍団に混ぜて頂き、湯河原クライミング。
むさしカーで6:30荻窪駅集合して出発。渋滞など皆無で快適なアプローチでした。
コンビニでは久しぶりの方とお会い出来る嬉しいサプライズがあった。

●同行メンバー
ごみちゃん、ハマちゃん、せんべいさん

[正面壁]
朝イチは極寒だから…というハマちゃんの制止を振り切り、
「正面壁に行かせて下さい!!」とお願いしてごみちゃんにビレイをお付き合い頂く。
ワガママ聞いてくれて、ありがとう。

「スパイダーマン」
いつものルート2本でアップしていざ。
ところが。
4ピン目のカンテに出るところでつまづき、どーにも進めないじゃないか。
前回トップアウトしたときにはそんな苦労しなかったハズなのに…さんざん落ちまくって敗退。無様。
|memo|
4ピン目左のガバは、左足を薄いポッケにハイステップでねじ込んで右手は斜めのいいカチをプッシュ。
以降はもっと足を探さないとダメ。

「スパイダーキッド」
「スパイダーマン」が混雑してきてしまったので、空いていたこちらのルートに浮気。
核心部のムーブが全然出来ず、トライ中の方のムーブ、ハマちゃんのアドバイスを参考にしつつ
執拗なトライで練習を繰り返すことで、どーにかこーにか核心部のムーブを作ることは出来たかと。
ボルダームーブというよりも、テクニカルなムーブに感じた。(いや、パワフルなんですけどね)
|memo|
1ピン目クリップ後はカンテ右側面のガバを右手で繋いでいって、
左手でカンテガバを取り右手に持ち替えてフラッキング体勢で2ピン目にクリップ。
左ちょい下にあるモワっとしたカチを握って右手のカンテガバ下の小さいガバに右足ヒール。
なるべく手前にヒールするのがポイント(立ちこんだときにいい体勢を作るため)
右手カンテをはたきながら、ある程度上がったところで左足を右足下のテキトーなところに当てる。
左手カチを逆手に持ち替えて、親指で押し込んで距離を稼いで右手カンテのカチを親指でかぶせるように持つ。
左手を縦カチ寄せ→左足カンテガバ→右手カンテ上のいいカチ(さらに上にガバサイドがある)
左手を縦ガバカチで体勢を安定させて3ピン目クリップ。
最後の頑張りどころ。左足をスメアで体を引き上げ、右足をカンテのガバ足に乗せる。

今日はハマちゃんが「伊豆の踊り子」、せんべいさんが「かずえちゃんとしおちゃん」をRP。オメデタイ!
「スパイダーマン」「スパイダーキッド」「伊豆の踊り子」…やりたいルートが盛り沢山の湯河原幕岩。
来週も行けたらいいな~

このカテゴリーに該当する記事はありません。