FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2020年02月22日(土) 河又クライミング

氷川通いもひと段落?したところで久しぶりの河又へ。
昨シーズンはボッコボコに返された懸案のルートにトライなのです。

●同行メンバー
オケイさん

「マンモスケイブ 5.13c」 ×
去年は完膚無きまで叩きのめされたせいか、少々ビビりながらのトライ。
しかし仲間達が授けてくれた、左手は更に奥のカチにして従来のカチを右手で握り、
そのまま大きな動きで右手を繰り出すムーブを試してみたい…!

なかなか成功せずにヤキモキしていたが、
左足の位置を調整すると少しずつ距離が伸びていき、
何回か右手出しに成功することが出来た。

ここからレストポイントのガバまでがパワフルになってしまうけど、
ひとまずこのムーブを練習していこうかと。てかコレじゃないと出来ないw

僅かな前進だったけど、去年の敗退っぷりから考えると嬉しいものがあります。
引き続き通いこんで精度を上げていかなければ!

◆本日の一枚◆いつもの休憩場所から。こんなにモジャモジャしてたかな。
20200222河又

スポンサーサイト



2019年06月02日(日) 河又クライミング

週末の予報を見ると、気温低めの曇り予報。
これは梅雨入り前のラストチャンスな予感。
パートナー様に我儘を聞いて頂き河又へ。

●同行メンバー
はるたろさん、スズキさん、ツダさん

「さっちゃん 5.12d」 〇
意外にも盛況な河又は結構ひんやりで良い感じ。
朝イチのヌン掛けでは結構シケシケで嫌な感じだったが、間もなく良い状態に。
勝負は涼しい午前中と思ってお昼までに3トライするも登れず。
各パートとも、以前よりも余裕も以てこなせる感じはあるのに…

焦ってトライするのをやめ、お昼休憩を挟んでちょっと再整理。
この午前中のトライで、以下2つのコツを再認識できた。
縦スロット取りのときは、左足を爪先立ちのようにして体を右に傾ける。
縦スロットからの左手飛ばしは、抜けそうなオープン持ちにすると引っ掛からない。
レスト体勢も左足をペラペラカチ、右足はカンテそばにするとしっかり休めた。

これでもう不安要素は払拭されたはず…少々の疲労感を感じつつも離陸。
最小限の消耗で抜けて、いざ縦スロット。
午前中に掴んだコツのおかげで突破し、レスト体勢も上手くつくれた。
あとはもうヨレる前に抜けるのみだが、続く細かいセクションはどうしても指を使う。
最後は遠めの良いホールドを繋ぐセクションだが、ギリギリセーフでRP。

最後のガバを掴んだときは、「あ~終わっちゃった」という不思議な気持ちだった。
特徴的なボルダームーブに細かいセクションと大きめムーブセクションを持つ、
短いながらも内容の濃い一本だと思う。やったね!(左手中指のテーピングは必須w)

「ビッグトゥモロウ 5.11c」 〇
ランナウトしているように見えるので、これまで敬遠していたルート。
ハタさんに聞いてみると、2ピン目までは棚状ってことなのでやってみることに。

確かに2ピン目まではガバなので問題なし。
明らかに核心と思う細かいセクションであっさりテンションこきましたorz
切り替えてムーブ作りですねコレは。

いきなり左足ハイステップだと窮屈なので、左手を細かいカチに出してから
ハイステップで左手をアンダーに戻し、右足を強引に上げて右手出しの手順で決めた。
続く2トライ目では決めたムーブが上手いことハマってそのままRPでした。
30メートルロープでほぼ目いっぱいだったので、見た目よりも高さのある印象。

年明けから通い詰めた河又も「さっちゃん」のRPで気持ち的にも区切りがついたような。
そろそろ花崗岩クライミングにシフトしていきたいな~。

◆本日の一枚◆ギザギザハートを楽しむスズキさん。楽しんでるよね?
20190602河又

2019年05月19日(日) 河又クライミング

本日も河又。そろそろシーズン的に厳しいのだろうか…
トライ中のルートを登って、気持ちよく締めたいが…
しかし岩場はひんやりとしており、半そででは寒く感じるくらい。
もうちょっと登っていられるのかな。

●同行メンバー
ハマノさん、オダさん

「さっちゃん 5.12d」 ×
アップの「泣かないで愛ちゃん」でフォールし、最低の立ち上がりだったが、
本命のルートではちゃんと体は動いてくれて安心w
いよいよワンテンになり、核心の左手取りも左手を上から入れる意識で
少しずつ安定してきた雰囲気。

だけどそこはやっぱり河又の高難度ルート。
最終の4便目では核心パートを抜けたものの、上部カチ取りのときには
既に出涸らし状態であえなくフォールでした…とほほ。

ハマノさんは愛ちゃんを登り、大五郎と格闘を繰り広げ、
オダさんは猛然と小作人を追い詰めていたね。
もう少し河又で遊びたいような…

◆本日の一枚◆本人曰く、疑惑の愛ちゃん。
20190519河又

2019年05月05日(日) 河又クライミング

GWも気が付けば終了間近…
今更遠出もなんだしな~ということで
飽きもせずにせっせと河又へ。

●同行メンバー
サトルさん

「さっちゃん 5.12d」 ×
前回のトライよりは各パートの保持感もよく、仕上がりつつある雰囲気。
これはひょっとすると…とか思ったら下部のボルダーパートで盛大に指皮を破いて流血敗退。
甘くないのう…しかし各パートの精度向上と、抜けのラインを整理できたのでまぁヨシ。

「畑 5.11b」 〇
出だしのトラバース?がフィンガリーで強度高めの課題。
だけなら良かったんだけど、出だしのテラスが結構近いのでグランドが怖い…
右上のガバっぽい棚も、そこまでのガバではなく緊張感たっぷりで2トライ目RPでした。

なかなかに暑くなりつつあるが、果たして梅雨入り前に登れるか…

◆本日の一枚◆新緑の眩しい河又でした。
20190505河又

2019年04月14日(日) 河又クライミング

本日はオイケンさん軍団に混ぜて頂き河又へ。
マンモスは全然歯が立たないけど、ここで挫ける訳には…

●同行メンバー
マスダさん、オイケンさん、サトルさん

「さっちゃん 5.12d」 ×
下部は顕著なコブと、その上もアンダーで持ちやすいホールドを使うと2ピン目クリップがスムーズに。
そこからの核心ムーブはイマイチなコブに左足を上げて左手でスロットを狙い、
めっちゃガマンして左足を棚に上げて左手飛ばしで突破することに成功。
上部もあんまり休めず、見た目よりも悪いカチを二つ捉えなければならない…

細かい足を丁寧に踏んで、右手カチアンダーから左ヒールで左手カチをスタで取れるように。
このムーブで4ピン目クリップ成功して、カンテ側にトラバースして終了点へ。
一応トップアウトではあるが、やっぱり真っ直ぐ登る可能性を探るべきか…

「マンモスケイブ 5.13c」 ×
いやもう、とにかく右手ブロックからのムーブが相変わらず進捗ゼロ。
全然引き付けていられないんだな…逃げ出したいところだが、来たら触ろう。

◆本日の一枚◆「なぐり愛」をRPしてファイトクラブ無事卒業のオイケンさん。GJ!
20190414河又

このカテゴリーに該当する記事はありません。