FC2ブログ

これだからクライマーは…

すいません、グータッチしてもらっていいですか?

2015年09月22日(火) ニニウボルダリング

北海道ボルダリングツアー4日目。泣いても笑っても本日が最終日。
朝からパスタを詰め込み、最終決戦の舞台:ニニウへ向かうのでありました。

●同行メンバー
sgoさん、ヨコさん、アオキックス、ナンボックー

7:00頃出発。9時前にはエリアに到着。帰りの飛行機都合もあり、15時撤収なので
早々にアップを済ませて、みんな狙いの課題を落とすべく目をギラつかせていた。

「中央フェイス 5級」 ○
足がシビアで典型的外岩課題。高さ&ランディングの悪さもあり、恐怖感がちょいと漂う課題。

「ダブルカンテ 6B」 ○
離陸→1手目取りにコツがある課題で、これに気づくまで数トライかかった。
その後は程よく傾斜を食らいながらグイグイと登っていく面白い課題。秀逸。

「赤と黒 6A+」 ○
これまた離陸にコツがあり、パワー&バランシーな好課題。
ムーブがこなせたときの気持ちよさが印象的。秀逸。

「イマジンブレーカー 6C/C+」 ○
昨日辛酸をペロペロ舐めさせられた課題。このままじゃ帰れない・・・
不退転の決意で臨むと、現地クライマーの方が3名おられた。混ぜて頂きトライ開始。
1手目は非常に確率が悪いが止まることは止まる。
むむむ、とうなっていると見かねた現地クライマーの方がフットホールドを教えてくれた。
すると幾分確率がマシになり、その後数トライ後に1手目を止め、
次のデッドもヒールフックで勢いを殺してこなすことに成功、そのままトップアウトとなった。
今回のクライミングで一番印象に残った課題かも知れない。ハードプロブレムっ!

「三度目のカーニバル 6C+/7A」 ○
まだ少し時間があったので、トライしてみる。
「ガバアンダーがなかなか取れない」とあるが、私の身長では届くのでは・・・?
やってみるとサクリと届いてそのままトップアウト。・・・いぇ~い♪

sgoさんの「神の激運」、アオキックスの「ガバハンド」を見守る体制へ。
アオキックスは本日一便目で完登。ナイスクライミングですぜ!
sgoさんは2手目のガバカチ取りのデッドをかすめるナイストライを繰り返すものの、
流石にヨレてしまい、無念のタイムアップとなってしまった。チキチー!

スムーズにレンタカー返却→新千歳空港へ移動して搭乗手続きを済ませて最後の晩餐は「豚丼」。
最後になってしまいましたが、今回の北海道ボルダリングツアーをご一緒してくださった皆様、
特に計画&手配などを取り纏めて下さったsgoさん、タニエルさん、本当にありがとうございました!

◆本日の一枚◆特別ゲストのキタキツネ先輩が顔を出してくれた。ほっこり。
20150922ニニウ

スポンサーサイト



2015年09月21日(月) ニニウボルダリング

北海道ボルダリングツアー3日目。昨日の泥酔ぶりを考えると二日酔いがなくて一安心。
朝からパスタを詰め込み、実質初日となるニニウへ向かうのでありました。

●同行メンバー
sgoさん、ヨコさん、アオキックス、ナンボックー

8:00頃出発。10時前にはエリアに到着。
他のクライマーはいなかった(性格には関東クライマーの方と出会いましたがw)が、
どの岩もほとんど渇いていて問題なしっ。

「ブギーマン 6A+」 ○
下部がちょいとテクニカルで、結構高さのある課題。ランディングも悪いので、
トップアウト体勢に入ったら落ちれないプレッシャーにかられそうだ。
皆のトライを見守っていると、上部で苦戦して降りてくるケースが多い・・・

一抹の不安を抱えながらトライ開始。確かに上部のホールドはイマイチ。
これで突っ込むのはちょっと躊躇われるような。何度も持ち直して、
いける確信を持ってから手を出していき何とかトップアウト。ひぃ~恐ろしい。

「シピリカ 7B」 ×
どっかぶり面のカチホールドからカチホールドへ行き、カンテに出るライン。
どうにか初段クラスの課題を持って帰りたくて気合全開でトライするも、
結局1手目が取れずにあっさり敗退。1級と初段の差がスゴい…チキチー!!

「イマジンブレーカー 6C/C+」 ×
前傾したボルダーのカンテ部分を登る面白そうなライン。
トライしてみると、かなり傾斜を食らいながら逆方向にカラダを持っていかれるデッドの連発。
結局1手目が取れずにあっさり敗退。…チキチー!!!!

「ココボロ 6B/B+」 ○
両手カチで立ち上がり、ガバカチを取りに行く1手目をこなせば後はウイニングランっつー課題。
メンバーの皆がトライしているところに混ぜていただき、自棄気味にトライ開始。
右足のつっぱりが重要で、これに気づいてからはスムーズに離陸できるようになり完登。よしよし。

「クンカラ店長 7A」 ○
ガストンからガストンでカラダをあげてギザギザのカチホールドを狙い、
向きの悪いガバを取る課題。やってみると意外といいところまで行くので、これはもしや。
カチ取りに結構苦戦。やるたびに指皮をバリバリと削られていき、モチの維持が厳しい。
比較的痛くない箇所もあるが、こちらではそもそも止まらない。
意を決してギザギザカチにデッドして、思い切り握りこむ。その勢いでガバも思いきり握りこむ。
どーにか止まってその勢いで完登。いやぁ…搾り出した。

「クンカラサン 6C」 ○
かかりの良いカチからキョン気味に足を利かせつつ足切れデッド一発。何度目かで完登。

ここいらへんでタイムアップ。手早く入浴を済ませて、再びの回転寿司。魚肉旨し!
お宿で今までの成果を確認しつつ、しばし談笑して就寝。

◆本日の一枚◆「ココボロ」を見事完登したナンボックー。ナイスクライミング!
20150921ニニウ

2015年09月19日(土) ニニウボルダリング

待ちに待った連休。無理をお願いして、サンマ軍団の北海道ボルダリングツアーにさせて頂くことに。
まさか北海道でボルダリングが出来るとは…何とか成果を出したいところだが果たして。

●同行メンバー
sgoさん、ヨコさん、アオキックス、ナンボックー

3:00頃にヨコさん邸付近にて仮眠。5:00頃に駐車させて頂き、羽田へ。確か5:40頃到着?
sgoさんの名采配によりスムーズに搭乗手続きを済ませて、いざ北の大地へ。
(諸事情によりアオキックスの荷物&マットを担ぐというパワープレーをこなすsgoさんパネェ)

新千歳空港から日本レンタカーのバスに乗って営業所へ向かいクルマ(ハイエース)をレンタル。
さすが圧倒的積載量でマット5枚&5人分の荷物を余裕で格納。
フロントガラスをたたきつける雨を無視しつつ由仁PAにてトウモロコシをさくっと頂戴してニニウへ。

しっかし流石の雨量にクライミングは厳しいのでは・・・ってことで、とりあえず岩の偵察へ。
せっかくなので赤岩青巌峡も見学。圧倒的ルーフに我々のテンションは急上昇。
雨が落ち着いていたことも手伝い、ニニウボルダリングを強行することに。

「石川フェイス 6B」 ○
当然のように岩はビショビショ。そりゃ~今まさに雨が降っているから当然なんですが。
しかしそんな中「神の魚岩」の傾斜面は濡れてない。リップは濡れているが、ガバガバの様子。
これなら登れそうだってことでトライ開始。
1手目から中間部の棚取りまでがちょいと難しいが、
ハンドホールドのホールディングが分かってしまえばこちらのものよ。
リップはガバガバなので、濡れていることを意識して慎重にこなせば大丈夫。
sgoさんのトライには最高にシビれましたぜ。

「神の激運 7A」 ○
スタートの棚ホールドからデッド2連発のシンプルな課題。こーゆーのイイネ。
何回かトライしているうちに持ち所やコツがわかってきて、不意に完登。
デッドポイントでホールドをパシっと捉えられると気分良し。ムフフ。

「神の魚 6C+/7A」 ○
カンテ付近の棚からトラバースして「石川フェイス」に合流するライン。
他に出来そうな課題もなく、移動するのもアレなのでとりあえずやってみることに。
一手目で使うカチが小さくて指に痛い。しかしフットホールドは良いので、なんとかならんもんか。
結局リーチにものを言わせて2手目を飛ばしで取ろうかと思うたが、ヨセがキツすぎてとまら~ん。

「飛ばしの前に左手を少しだけヨセればいいんじゃね?」と思い立って再度トライ。
カラダを剥がされながらも強引に保持って耐える。キャンパの要領ですねw
そのまま「石川フェイス」のラインを登って完登。ほっ。

「(無題) 6A/A+」 ×
小さい岩の下に潜り込むような格好でスタート。ハンドホールドは良いのだが、
いかんせん足がイマイチで結局出来ず仕舞い。ありゃりゃ。

流石に雨が強くなってきたので撤収。約1時間半という時間だったが、
充実したボルダリングが出来たんじゃないかな~と思ふ。
帰り道に味噌ラーメンを流し込んで本日のお宿:苫小牧へレッツゴー。
寒かったせいもあり、暖かい味噌ラーメンの美味しいことよ。
お宿にて小休止後、回転寿司を無言で食べ続けアヨロ温泉に突撃。
ぷりぷりのサンマがたまらんかったのぅ。
ナンボックーに部屋を提供していただき、軽く飲んで就寝。

◆本日の一枚◆由仁PAにてトウモロコシを攻めるメンバー。明日から本気出す。
20150919ニニウ

このカテゴリーに該当する記事はありません。